ハラスメント主張で職場をかき乱す高学歴モンスター社員。「常識」は勉強しなかった?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ふうのん
性別:女
年齢:42
プロフィール:高校生の子を持つ母です。大手企業の地方事業所で、契約社員として勤務しています。職場の後輩対応に苦労しています。

19.jpg

契約社員として働くアラフォーママです。

大手企業の地方事業所で勤務しているのですが、男社会の職場で主婦は私のみ。

女性は年上の社員1人と、契約社員の後輩である27歳の子の1人です。

この後輩から「ハラスメント・ハラスメント」を受けています。

「ハラハラ」とも言われますが、「ハラスメント」は嫌がらせやいじめを指しますよね。

「ハラスメント・ハラスメント」はいろんな解釈があるようですが、ざっくり言うと自分が嫌だと感じた他人の言動を、「ハラスメントだ!」と過剰に騒ぎ立てる嫌がらせ行為です。

私は扶養控除内勤務、その27歳の後輩は社保付きの週4日勤務です。

そのため彼女は、私は「パート」で自分は「社員」という認識を持っています。

私とほぼ同じ時期に入社したのですが、後輩は社会人経験がありません。

そんな後輩の自慢は「高学歴」。

県内有数の進学校卒で、名の知れた大学を卒業したとか(大学名は不明)。

ことあるごとに「進学校だったので」が口癖なんです。

また、本を自費出版する予定があるらしく、男性社員から作家ともてはやされては得意げにしています。

しかし、社会人経験のない後輩は電話応対や対人マナー、組織ルールなど基本的なことを何も知りません。

自慢する学歴をあまり発揮する機会のない仕事であり、そうした常識のなさが目立つ機会の方が多いのです。

厄介なことにプライドだけは高く、雑用も極力やりたくない様子。

頼んだ業務は後回しにして自分の仕事だけして、終わらなくても必ず定時退勤します。

結局、私が残業して後輩の仕事もこなしていました。

扶養控除内だと残業できる時間も上限がありますが、彼女はそれがありません。

ですが、徹底して定時退勤を貫きます。

当然、こなす仕事の量はどんどん差がついて、私の負担が重すぎました。

上司や総務に相談しても、結局「やれる人がやるしかない」と言われなあなあな状況でした。

そんな日々が1年以上続いた2020年春、緊急事態宣言が発出されました。

勤務体制について上司と相談していたある日、休暇中の私に彼女からLINEでまさかの提案が送られてきました。

「コロナで休んだら休業支援金がもらえるようなので、(私と)勤務が被る日は多めに休んでもいいですか」

え? それはつまり、お金をもらって休みたいってこと?

そもそも「休業支援金」の目的をはき違えている...。

彼女に対する日頃の不満も重なり、とうとう私の堪忍袋の緒が切れました。

職場に電話をし彼女と話しました。

しかし会話は平行線のままで、ついに抑えていた私の怒りが爆発。

楽ばかりしたがる態度に苦言を呈しました。

すると後日、後輩は上司をすっ飛ばし、本社のカウンセリング室に泣きついたのです。

「先輩にハラスメントされた。一緒に仕事をしたくない。勤務が被る日は欠勤してでも休みたい」

いやいやこの1年間泣きたいのをこらえて尻ぬぐいしてきたのは私のほうだよ...。

しかも直属の上司や担当を飛ばして本社に話を持っていくのは、組織として間違えてないかい?

カウンセリング室は双方の話を聞く必要があるとし、私の意見は上司や総務から伝えてもらいました。

結局、所内でうまく折り合いをつけてくださいで終わりました。

「こ、これがハラスメント・ハラスメントか!」と思った瞬間でした。

自称「社員」の彼女は、高学歴を理由に私を見下していたのでしょう。

そんな私に言い返されて腹が立ったのだろうと思いました。

結局、私の業務はリモートで出来るため、勤務が被る日は私が在宅ワークをすることで決着しました。

あれから約1年、彼女とは一度も顔を合わせていません。

私にとっては、電車通勤でのコロナ感染の恐怖からも解放され結果オーライとなりました。

職場では、上司が自分もハラスメントと言われることを恐れ、彼女に好き放題させている様子です。

先日、馴染みのお客様が「もう1人の事務員は電話応対がよく分かっていないみたいだねぇ」と私にこぼしました。

職場では、誰も彼女を育てる気はないようです。

私は家庭の事情でもうすぐ退職します。

何もしない上司と後輩のハラハラからやっと解放されると、退職日を指折り数えているところです。

ちなみに後任は私より10歳近く年上で、社会人経験豊富なベテランさんです。

その方が野放しにされ、好き放題に振る舞っている後輩を見たらなんというのか...こっそり楽しみにしているのはここだけの秘密です。

関連の体験記:気づいてしまった...中学校の給食室で働いていた私が目撃した、栄養士の「ある行為とその顛末」
関連の体験記:娘の学費のため...50代・シングルマザーの私がホームセンターで始めた「ハードな副業」奮闘記
関連の体験記:同居する義母が救急病院へ! 近くに住む義姉が付き添ってくれた翌日、私に届いた「驚きのメール」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

職場や上司では埒があかないと思って相談したのでしょう。そもそもそういう機関ですよね。 女の子も相当ですが会社や上司が悪いですね。契約社員なんだしもう知らんぷり決め込んだならそれでいいのかもしれませんね。
たしかに上をすっ飛ばして本社に泣きつくのは別にありかな。見て見ぬふりの上司が無能。後任のベテランさんがかわいそう。改善されるとよいですが。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP