「今まであれほどイビられてきた私に...姑の面倒見ろやと⁉」感情が爆発した夜/かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。私の嫁時代の体験を思い出しながら書いています。

前回の記事:「姑のいいなり」で生きてきた夫と舅。認知症の姑を「世話する立場」が受け入れられず.../かづ

pixta_43034718_S.jpg

帰宅した夫が夕食をとった後、私は夫と舅に今後の姑の介護に関しての話し合いをした。

ところが夫はテレビを見ながらで、舅は新聞を読みながらだった。

当然テレビを消し、舅に新聞を置く様に言うも、夫も舅も「またその話か」と言う表情だった。

当時はまだ介護保険など無かったが、車で15分ほどのショッピングセンターに地域包括支援センターが出来たので、そこに相談に行って欲しいとお願いした。

実はあらかじめ私が一人で話を聞きに行った事があった。

姑を連れて行くと、そういう時に限ってまだら認知症のまともな部分が出て来ると何かとややこしいので一人で行って来たのだ。

すると最初から「娘さんですか?お嫁さんですかぁ...」と言う流れになり、こんな事で困っているや、こんなサービスを申請したいと言っても「その方(姑)のご主人や息子さんと今度一緒に来て頂けますか?」であったり、「申請するにしても...えっと...お嫁さんなんですよね?」と話が進まない。

今はそうではないのかも知れないが、当時は同居している配偶者がいたり実の子がいる場合は、【他人】である嫁の申請は受け付けて貰えなかった。

いや、受け付けて貰えたのかも知れないが、少なくとも私の住んでいる地域のセンター職員は受け付けてくれなかった。

「次にはご主人と息子さんを一緒に...」

その一点張りだった。

その事を夫と舅に説明すると、二人揃って真顔で「嫁に任せてますって委任状を書くから、それ持って行ったらええんちゃうか?」だった。

私はブチっと音がしたかと思うくらいに切れた。

「あのさぁ! 私はな! オジイやオバアが倒れようがどうしようが、またいで歩けるんやで! 今まであれほどイビられてきて! あれほど嫌がらせされてきて! 何しに私が面倒見るんや! (夫に)あんた言うたよな! お袋の面倒見んでええんやからイビられてくれって! それでこれか! 金も持ってるから人雇うし、いざとなったら有料の老人ホームに入るから、そやから嫁の世話になる事は無いから思い残す事無くイジメさせて貰うって、オバア本人が言うてたんを、あんたもオジイも聞いてたやろ! それでどの面下げて、嫁の私に面倒見て貰う気でいてんねん!」

すると舅と夫が立て続けにこう言った。

夫「お、おやじはなんも言うてへんやろ? イジメてたんはお袋やろ?」

舅「僕はかづになんも言うてへんで?」

恐らく私の顔は、夫と舅を冷たく見ていただろう。

「ええ、オジイはなんも言うてませんよ? なんに~も言うてませんよ? 私が目の前で怒鳴られようが嫌がらせをされようが、見て見ぬふりでなんにも言うてませんよ? 知ってますか? イジメってね、見て見ぬふりしていた周りの者も同罪なんですよ。父子揃って自分らさえ良かったら、私がどんな目に遭ってても平気やったんでしょ? 私の事をどうでもええと思ってた人らの事を、何しに私が考えたらなアカンのです?」

夫も舅も絶句した。

「で? 手続きせぇへんかったらアカンけど、どないするんです?」

舅は呟いた。

「後は死ぬしかないなぁ...。」

間髪入れずに私は怒鳴った。

「じゃあ今すぐ死んで! 死ぬしか方法が無いなら今すぐ死んで! そこから飛び降りたら死ねるから! 生きてりゃそれだけ金がかかる! 死んだら辛いやなんやは一時なんで! 死ぬ気も無いくせに死ぬしかないなんて言わんといてーや!」

嫁の私にここまで突っ込んで言われるとは思っていなかったようで、舅は下を向いたままだった。

続く

【次のエピソード】「人生をかけて嫁イビリしてきた義母」が認知症になった結果...⁉ 医師からの「驚きの説明」/かづ

【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

【まとめ読み】凄絶な嫁イビリに、夫との対立...。かづさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

いびられてた姑の面倒なんて絶対見たくないって思ってしまいます。 もっと前にキレても良かったくらいですけど… ここまで嫁に言わせてしまう夫と息子って…どこまで他人事なんだろ。
イヤー!イヤイヤイヤー!よくぞ申された!部外者のこちらも溜飲がおりました。今までよく我慢されたものです。しかし、そんな旦那と今も一緒におられるあなたはエライ! 今イビっておられるが嫌みがない。 恨みはなにも産み出さない これからも楽しみにしていますよ。
介護は実子がやるんですよね。嫁さんに姑の介護をやらせるのは間違いですよね。かづさん、遂に爆発しましたね。て、当たり前。旦那も舅も同罪。知らんぷりするのも嫁いびりに加担してるのと同じだよ。
やっとすっきりしました‼️ でも、人が良いかづさんの事だから、まだまだ苦労が続くんでしょうね
人は良くないでしょ この方のブログ見ればそんなこと言えないと思いますよ いびられてる嫁さんが離婚しようとしたら逃げだと晒し者にする人ですよー
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.20
晒し者?もしかしてそれって悩み相談の記事ですか?相談されて答えたら晒し者ですか?私はよくそんなくだらない悩みに真摯に対応してるなぁと思います。やっぱりアンチっているのね。
かずさん。いつも読ませていただいています。よく言われましたね。ご主人も味方になってくださなかったから、本当に辛い日々でしたね。うちの義母も酷いことをいう人です。 "あんたみたいなひどい嫁に面倒をみてもらうくらいなら死んだほうがましや。こんな人でなしの嫁に面倒をみてもらう。って考えただけで、へどが出ます。姑に意見するなんて考えることがおかしいんや。嫁は我慢をするのが当たり前。我慢して頭が痛くなるとかめまいがするとか、そんな弱い嫁やとわかってたら嫁にはもらわへんかったわ。最低な嫁をもらいましたわ。人生最大の汚点やわ。  言われたときは泣きました。心が壊れるかと思いました。それまで聞いてくれていなかった旦那がようやく少し理解してくれて、今は私はほぼ断絶状態です。 かずさんの息子さん夫婦、お嫁さんへの対応、素敵だな〜と思って見ています。
かづさんのブロク楽しみに拝見しております。私はデイサービスの介護士をしていますが、いろいろなご家族をみていて、かづさんよく頑張られるなぁ…と感心していました。今回スッキリしました。 今後も楽しみにしています。
最初から一気にここまで読んで。。 似た家柄同士で出会いがあって結婚してここまできてるんだよな。。って感じですね。 かづさんが頑張ってないとは思わないですけど。私も似たような立場なんですけど別に無理やり結婚させられたわけではないので。。天に唾吐くような気がするので、かづさんが今、どういう状況になってどういう心境になってこれを書いていられるのかが気になります。
夫や舅も、姑の被害者だと思うけど。 夫からすれば、姑は甘やかして骨抜きにさせた毒親。 舅については、性別逆転させたらわかるのでは? たとえ、扶養(家事)してくれたとしても、交友関係まで口を挟み、仕事(育児)させずに人形のように扱う夫と長年暮らし、無気力になって自分から動けなくなった妻だとしたら、皆さん、別れろ、とか、歳とって面倒見る必要がないとかおっしゃるのでは? 今の時代だったら、施設に入れて、もう家族は誰も面倒見ない。 誰も知らないところで暮らしたほうが、この姑も幸せでしょう。 それができない時代だから、誰かが貧乏くじ引くしかなかったのでしょう。 そもそも、この姑自体、元からどこか病んでいるようにも思いますが。
私は介護までは免れましたが、嫁を嫁とは認めてないとハッキリ言われたまま急死した姑と助けてくれなかった舅の仏壇、墓まで兄弟に押し付けられ祭祀財産だけ相続することになりました。 死んであの世でどんな気持ちでしょうね、成仏は出来るでしょうか?させませんよ、出来るものなら…地獄へどうぞ…です。 どこのお宅も姑に泣かされた女が沢山おりますが最後には幸せになりたいですね
よくぞ、ハッキリと申された! 羨ましい! 私を陰でイビリ、嫌味、意地悪、親戚の集まりの時間を遅めに伝えてくる。など結婚生活13年。鬱が悪化し自律神経失調症になり42で若年性更年期障害になりました。姑も癌で、3年前に亡くなりましたが、残された元気な、舅に毎日毎朝3食分食事を、車で運ぶ日々。ストレスで急性脱毛症です。旦那も舅も姑の嫌味には全く気づいて無かったと思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP