あたし最低だ。義母からの「長生きしてごめんね」に涙/なとみみわ

前回のエピソード:私だって逃げたい。つないでいた義母の手を離してしまった

hakken13-3a.jpg

「父ちゃんと母ちゃんは、姉ちゃんに面倒見てもらうさかい、お前は、なとみのお母さんの面倒を、ちゃんとみるんやぞ〜〜」
なぜか、亡き父の言葉が浮かびました。
こんなことを言わせるために、同居したわけじゃありません。
みんなで幸せになるための同居だったはずなのに・・・
私はなんてことを言わせてしまったんだ・・・
私はなんてひどい人間なんだ・・・
一瞬にして自分を責め、後悔し、後悔のあまり、
「親の老いに背を向け続けているダンナが悪い!!」
「なとみがばあさんにこんなこと言ったのは、全部ダンナのせいなんだ!!」
怒りの矛先は全てダンナに・・・ダンナに向かってしまいます。

次の記事はこちら:「自分の親の面倒人に押し付けてんじゃないよ!」ついに夫に怒り爆発

こちらの記事もおすすめ:AIロボットは"感情を持たない"からこそ介護の分野で活躍できる/人工知能の第一人者に聞

◇◇◇

なとみみわ

雑誌編集社の勤務後、テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに加齢(?)なる転身を遂げる。livedoor公式ブロガー。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP