コロナ禍、出番の減ったスーツケースが収納として大活躍! 出し入れ簡単で、春の衣替えが楽しみです

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:46
プロフィール:外出自粛の今だからこそ、ご無沙汰の友人にもメッセージアプリで連絡。落ち着いたら元気に再会するのが楽しみです。

43.jpg

私は46歳、一つ年下の夫と10代の娘との3人暮らしをしています。

旅行好きの我が家は、以前は休暇のたびに、家族旅行をしていました。

しかし2020年からは、新型コロナの影響で旅行はお預け。

行きたい気持ちはありますが、何よりも家族の健康と安全を優先したいと考えているためです。

そんな我が家には、旅行の際に使用していた大型のスーツケースが、実に6個もあります。

しかし、旅行を自粛しているため、スーツケースの出番は全くなくなってしまいました。

スーツケースはクローゼットなど、各所の収納に分散して置いていたため、生活の邪魔にはなりません。

しかし大きくて場所を取る分、収納スペースを占領していました。

もともと、旅行のたびに使用する際にすぐに荷造りに取り掛かれるよう、スーツケースの中身はほぼ空っぽで置いていたのですが...。

このご時世では、いつ次に出番が来るのかも分かりません。

また、収納がそれほど多くない我が家では、季節外の衣類の置き場に苦労していました。

そのため、年末の衣替え時に、ふと思い立ってスーツケースを衣料用の収納として活用することに。

収納してみると、大型のスーツケースには、ひとりぶんの季節外の衣類がすっぽりと収まることを発見! 

少しでも多くの衣類を収納するために、衣料用の圧縮袋を活用して省スペース化。

スーツケースの中で衣類がごちゃつかないよう、小さなものは種類別に洗濯ネットを活用してまとめると、なかなかいい具合です。

大切な衣類には、湿気対策として乾燥剤や防虫剤も入れました。

さらに、どのスーツケースに誰の衣類が入っているか分かりやすいよう、名前を書いたテプラを貼り付けました。

現在は冬物以外を収納しているのですが、春先に衣替えをするのが今から楽しみです。

衣装ケースや箱だと、衣替えの際に引っ張り出すのも一苦労。

しかし、スーツケースはキャスター付きなので移動が楽々できるのがメリットです。

また、家族の衣類をスーツケースごとに分けてあるので探しやすく、衣替えの負担が減りそうだと感じています。

置き場は、もともとの置き場と同じです。

リビングにある大型の扉付き収納や、各部屋のクローゼットに分散して置きました。

生活導線の邪魔になるところには置いていないので、不便はないはずです。

次に安心して旅行ができる世の中になるまで、スーツケースは自宅内でしっかり活躍してもらおうと思っています。

関連の体験記:夫の裏切りにショック...8歳と6歳の娘が「夫の名刺入れ」から抜いて遊んでいたカードの正体は...
関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:入院した義母の着替えを取りに、初めて入った義母の寝室。そこで見た「白い箱の山」の中身は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP