就職氷河期世代だったアラフォーの自分が感じる理不尽。若い頃は雑に扱われてきたけど、今の若手は...!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まさかず
性別:男
年齢:42
プロフィール:部下の育成に悩むやっと課長になった40代サラリーマン。

15.jpg

私は某金融会社に勤める42歳のサラリーマンです。

入社して20年、最近やっと課長になれて部下をもつ立場になりました。

そこで受けた研修でこう言われました。

「部下の育成やマネジメントをする為に、定期的な面談で『コーチング』をしてコミュニケーションをとりましょう」

「課長は2週間に1度は部下と『1on1ミーティング』をして、そこで積極的に部下に質問をして、相手が課題を自分で解決できるように促していきましょう」

「そうすることで若手の『エンゲージメント』(会社への愛着)が上がり離職率を下げることができるのです」

部下が4人いる私は、月に約4時間この為の時間を確保しなくてはなりません。

面談の時には、ゆとり世代を相手に言葉を選びながら質問を投げかけ、手帳に記録をしながら進めていきます。

結構な負担です。

ある日、1年上の先輩に言われました

「俺たちの世代ってずっと理不尽じゃない? 10年早く生まれればよかったよね」

そう言われて思い返してみます。

まず就職活動。

「勉強をすれば、いい大学に行けて大企業に就職できる。将来楽ができるから」

小中学生の時から親からそう言って尻を叩かれ、夜遅くまで勉強して受験を乗り越えてきました。

しかし、就職活動の年は超氷河期の真っただ中。

知っている企業に端から応募しても、なかなか決まりません。

世間的には就職できた私はラッキーな部類で、フリーターやニートと定職に就けない方も多くいらっしゃいます。

そうして苦労して何とか採用された今の会社。

若手の時を思い出すと仕事も「これやっといて」を資料を渡されるだけ。

期限が近づき報告すると、これが違う、あれが違うと指摘。

資料に記載されていた内容とはずいぶん違うことも多かったです。

仕事が溜まって残業をしていると「おい。飲みにいくぞ」と仕事は打ち止め。

終電の間際まで飲んで帰宅。

翌朝出社すると「おい。あれどうなった?」。

いやいや、仕事の途中で誘ったのはそちらでしょう? なんて言い訳は通用するわけもなく、できていないので立たされて説教。

書類を投げつけられたり、蹴られたりしたこともありました。

課長との面談は年に1回。

その時も上司の「俺の若い時はこうだった」と武勇伝や体験談を一方的に聞かされ「さすがですね。すごいですね」と答える時間がほとんどでした。

そんな中でも何とか食らいついて仕事の段取りを身につけ、ここまで来たのです。

でも、私の苦労話を聞いてくれる後輩はいません。

というか話す機会さえ与えられません。

そして今後。

来年には会社の人事制度改定が予定されています。

これまでの年功序列は廃止。

若い社員にもチャンスを与え、実績重視で給料を決めていくそうです。

おいおい。

やっと課長になったんだから、部下に「これやっといて」と指示を出し、日中は取引先に挨拶と外に出たり、新聞を読んだりのんびり過ごして...。
そして、部下が出した利益から給料をもらって、これまでの実績の貯金を回収するはずじゃなかったのか。

でも、それはもうかないそうにありません。

逆に人事制度改定で給料が下がる可能性だってあります。

そんな中、長女(15)が高校生にあがります。

お小遣いを稼ぎの為に休日は副業を始めました。

妻も仕事に出始めたので、家事を手伝うようになり、食器洗いと洗濯物を畳むのが上手になりました。

「1on1ミーティング」ではそんな思いは、おくびにも出さず「何か仕事で悩み事はない?」「それであなたはどう考えるの?」と部下に問いかけています。

何歳まで働くのかな? 定年後は働かなくてすむのかな?

常に時代の転換期にさらされてきた我々の世代。

こんな思いで40代の階段を上がっています。

関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:あなた、母親の自覚はあるの? 長女が「17歳で出産した孫」を家族で育てている我が家だけど...
関連の体験記:「抱っこさせてくれるの?」名家に嫁ぎ、劣等感にまみれた私の前で、初孫を抱いて涙ぐんだ義母

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

やっと課長さんなんて随分上が詰まっているんですね。 部下に指示をだして、、、ゆっくり新聞、、、管理職が持ち場を離れて外に出る、、、何処まで本気か分かりませんが自分が大変な思いをしたから下も同じ思いをしろと言っているようなもの。まともな会社なら出世は望めませんね。
10年早く産まれてたら、バブル世代ですよ?ああならなくて良かった、と貴方と同年代の私は思います。悪い風習を断ち切るための、勇気ある世代に産まれついたと考えては?
そもそも老後も仕事をしたくないという考えがもう古いかと。どの時代でも理不尽はありますし、そういうものだと受け入れてほしいです。私も同じ氷河期出身、柔軟に考えるのが一番。
残念ながら、これが現実。そりゃ時代は変わるよ。そんな甘い考え通用しない。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.03.13
その通りですね。ほんと甘々。
まえにも、家庭のことで悩み相談していたが、仕事の前に家庭のことで悩みが解決出来ていないからか、会社での悩みまで出てきたのではないか?部下の教育=子育てと一緒にしているから悩み増加。独りの方がよかった、と今になって思っているのかだろう。
子供つくるだけ協力してその後は大して手を出さないのにたまに家庭に参加してドヤ顔して、職場ではもっと評価されるはずなのに部下の世話ばっかり面白くない、と不平不満だらけですね。 まずは足元をきちんとみて現実を知るところからだと思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP