「犯人はこの人だよ」「この先こうなる」自称"ドラマ通"の恋人の推理がうるさい上に鬱陶しい!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みけ
性別:女
年齢:51
プロフィール:両親と同じ敷地内に住む独身の自営業。

7.jpg

8年付き合っているパートナーの事です。

彼は『○○は見た!』など一般人が探偵役をする2時間ドラマが大好きです。

テレビ番組表を見ながら一週間分、めぼしい番組を録画をしています。

いままでは彼が一人で楽しんでいたのですが、外出を自粛するようになった2020年から一緒に見る機会が増えました。

私は洋画も含めて映画やドキュメンタリー番組の方が好きなので、あまり興味がありません。

そのため最初の頃はあれこれと抵抗を試みましたが、喧嘩になるのがオチでした。

最終的に「それなら帰って1人で洋画見てろよ!」とキレられて、そりゃそーだと納得。

郷に入れば郷に従う事にしました。

気分を切り替えて、楽しみを共有しようと前を向いたのも束の間、当の彼にぶち壊しにされてしまうのです。

というのも一緒に見るようになると、「この俳優さんはチョイ役ではないな」くらいの事は予想できるのですが、彼はそんなレベルではありません。

役者が次に言う台詞や犯人を予測してベラベラ喋るうえに、それがまた気持ち悪いくらい良く当たるのです。

とはいってもお約束の台詞の様な「『それじゃ、私、疑われてるんですか!?』って怒るぞぉ~ほら!」くらいならいいです。

初心者の私にも分かりますから。

でも、シリーズ化されている番組になるとパターンを理解している様で、先走って台詞をベラベラ喋ります。

ネタバレでなくても興ざめです。

しかし、最悪なのが犯人を指摘してしまう事。

「あっ、こいつ、こいつが犯人! 今、○○って言っただろ? この言葉が決めて。こいつAのこと、陥れようとしてるんだよ。だからあんな事言ったんだよ」

細かく説明してくれた上に、結末はドンピシャ。

その瞬間の顔ときたら、探偵役の俳優さんも霞んで見えるほどのドヤ顔です。

最初は素直に驚いたこともあって「すごいね!」なんておだてながら面白がっていられました。

でも、見るたびに繰り返されるとだんだん鬱陶しくなります。

私だって考えながら見ているのに。

せめて「最後に探偵役の独壇場の時間になるまでは我慢して」とお願いするのですが、彼は犯人を言い当てるのが楽しいらしく聞き入れてくれません。

「気にしなくていいよ。聞き流して」とケロっとしています。

2人で見ているのに聞き流せる訳ないだろう? それに、いかにも楽しそうに話す姿を見ていると、本当に聞き流したら、今度は「聞いて」と言われそうな気もします。

この頃は、当ててドヤ顔をされる度に「いい加減にしろ! 全然楽しくない!」と言いたくてモヤモヤしています。

関連の体験記:ついに訪れた近距離介護の限界...。和やかに過ごした最後の夜と、バスであふれ出た涙/石塚ワカメ
関連の体験記:誕生日も教えてくれず、助けてもくれなかった義母。私が義父母を慕う気持ちは、24年経った今も伝わりません
関連の体験記:うわっ! 実家のトイレでフリーズした私。きれい好きだったはずの母が心配になった「衝撃的な出来事」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

一緒に見なきゃいいじゃん。
いつも不満ばかりだけど(ここで惚気けることはしないかもしれないですが)一緒に居る意味なさそう。一緒にいて俺の趣味を一緒に楽しめないなら帰れ、ってめっちゃ自己中。相手がどんな関係でもお金はださせる自分に合わせさせる自己中のいい年越したおじさんと何がよくてパートナーだなんて言えるのか不思議。何のパートナーなんだろう?完全なだめんず・うぉ~か~。
もっとまともな大人のお付き合いをできないの?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP