認知症の母の預金「半分は僕のだ!」!? 生きているのに遺産の話をする父に唖然.../ワフウフ

みなさんこんにちは!

ワフウフです。

前回の記事:父が認知症の母の保険証を奪った! 母の預金を守るため公衆の面前で涙涙の大芝居!?/ワフウフ

認知症になった母・あーちゃんのマイナンバーカードを、娘たちが預かっていることを知りながら再発行した父・たんたん。

おまけに母の医療保険症を今後は父が管理すると言い出しました。

おそらく、マイナンバーカードも自分が管理するつもりでいたと思います。

しかし、姉・なーにゃんに大勢の人の前で責められて渋々母に医療保険症を返し、再発行された母のマイナンバーカードもその場では母に渡しました。

恐らく家に戻ってから、母からマイナンバーカードを取り上げるつもりだったと思います。

マイナンバーカードと母本人さえ揃えば、母の預金口座を好きに動かせるのですから。

ですがもちろん、そんな事を許すわけにはいきません。

後でトイレに行った時、母からマイナンバーカードを預かりました。

これでひと安心です。

Image.jpeg

しかし、それで終わりませんでした。

マイナンバーカードの受け取りが終わってから、父が

Image (1).jpeg

と、紙を見せて来たのです。

それは、「介護認定を受けた方へ」という手紙で、いつ頃に認定結果が出るかなど、今後の予定が書かれたものでした。

実は、マイナンバーカードの受取りの数日前、母は自宅で介護認定を受けていました。

父が母の介護認定にどんな反応をするか分からなかったので、姉とワフウフは敢えて父に介護認定を受けるというスケジュールを伝えていませんでした。

介護認定当日に父も自宅にいましたし、別に積極的に隠したわけではありません。

しかし、耳が遠い父は2階に居たため、認定員さんが来た事に気が付かなかったようなのです。

そこで父に母が介護認定を受けた事、薬の管理などのサービスを利用したいこと、介護関係のことは娘たちでやるため、書類の送付先を変更したい旨を伝えました。

(書類の送付先変更には母の同居者である父の同意が必要でした)

しかし...

Image (2).jpeg

と、父は激怒。

Image (3).jpeg

「お前達があーちゃんの面倒を見ているのは通院の時の週に一度だけだ!週に六日は僕が面倒を見ているんだ!」

でも、以前に父と話し合いをして決裂をした日、父は預金を渡さないなら生活費はやらないし母の面倒は一切見ないと言ったのです。

Image (4).jpeg

姉が言い返すと、

「通帳を渡さないで面倒だけ見ろはないだろう!」

と言う父。

預金を渡さなければ認知症になった妻の面倒を見ないということです。

Image (5).jpeg

と、姉が言うと

Image (6).jpeg

それは、遺産分割の権利です。

Image (7).jpeg

まったく話になりません。

外面の良い父は周りの目を気にして、終始大きな声を出さないように、本性を出さないように気をつけていたようですが、言っていることは滅茶苦茶だし、姉に言い返せないことも度々あり、抑えきれない怒りで顔をピクピクさせていました。

そして、介護認定書を含め、介護関係の書類の送付先を娘宅に変更する事は断固として拒否。

更に、介護サービスの利用どころか介護認定を受けた事すら認めまいと、思いもよらぬ行動に出たのでした。

【次のエピソード】何も買っていないのに、認知症の母の財布からお金が消える!? これは、もしや...?/ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に! ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP