母の預金を奪うためならどこまでも! 必死すぎる父の行動にドン引き.../ワフウフ

みなさんこんにちは!

ワフウフです。

前回の記事:「母の通帳なら私が預かってるから」姉のひと言で「激怒した父」。その主張は...⁉/ワフウフ

認知症になった母・あーちゃんの預金を手に入れようと試行錯誤する父・たんたんと、それを防ごうとする姉・なーにゃんとワフウフの戦いはここから激化の一途を辿ります。

しかし、父が母の預金通帳とカードの再発行をC銀行以外で出来なかったのには理由がありました。

母の唯一の写真付き身分証明書である「マイナンバーカード」は娘達が預かっていたため、

母が公的な手続きをするためには写真のない身分証明書を2種類持参する必要がありました。

そして、父は母の「後期高齢者医療証」と、「N病院の診察カード」(分厚いプラスチックに凹凸に名前が印字されたもの)の2つを身分証明書としてC銀行で預金通帳とカード、区役所でマイナンバーカードの再発行手続きをしました。

(A銀行ではOさんが再発行手続きを阻止してくれました)

恐らく後日、父は母を連れてB銀行へも預金通帳とカードの再発行手続きに行こうとしたに違いありません。

しかし、偶然のタイミングだったのですが...

父がC銀行と区役所に行った翌日の母の糖尿病の診察の時に、年に一度の健康診断の結果が出て、母の肺に影が見つかりN病院で検査を受けることが決まりました。

そこで、母が失くさないようにその場でN病院の検査の予約票と診察カードを預かったのです。

Image (1).jpeg

父がその診察カードを身分証明書として使っていることなど知らずに。

結果、父は身分証明書を持たない母の預金通帳とカードを再発行することが出来なかったのです。

父が母の診察カード入れを開けながら

Image (2).jpeg

とこぼすのを見て初めて事情を察した姉・なーにゃんとワフウフはニヤニヤしてしまうのを隠すのに必死でした。

後から分かったことですが、父は母の診察カードの再発行をする為だけにわざわざN病院に行ったようです。

Image.jpeg

そしてその時に母の肺の検査の事を知った父は、検査の日にわざわざ病院に診察カードがあるのかどうかをチェックしに来ました。

Image (3).jpeg

それも、検査に付き添ったわけではなく検査が終わって会計をする頃を見計らって病院に来ました。

父はあわよくばN病院の診察券を自分で回収しようとしたのだと思います。

でももちろん、診察カードは娘たちで預かりましたけどね!

父が母の身分証明書を手に入れること、ひいては母の預金通帳を我が物にするために如何に必死なのかが分かり、ゾッとしました。

Image (4).jpeg

【次のエピソード】認知症の母の預金を狙う父。「後見人」と「施設の入所」...守るにはどうしたらいい?/ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に! ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメント一覧

母思いのしっかりした娘さん達で本当に良かった。私は姉妹仲が良くないので両親の介護の時に苦労しました。。幼少の頃、パワハラ、モラハラ、セクハラされた父親には本当は面倒なんて見たくもなかったけど、妹はあっさり拒否して本当に関わりませんでしたから。力を合わせて介護できているのが羨ましすぎます。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP