もうお義母さんに文句は言わせない! 野菜嫌いの43歳メタボ夫に課した「食べる前に考える」習慣

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ayuko
性別:女
年齢:43
プロフィール:メタボ旦那の改造計画中の主婦。嫁の腕の見せ所です!

9.jpg

43歳の主婦です。夫と2人の子供を育児中です。

夫のメタボ改造計画のお話させてください。

夫は43歳で、2年連続「メタボ検診」に引っかかっています。

デブというほどではないんですが、昔から太りやすい体質です。

筋金入りの野菜嫌いで、ラーメンや揚げ物、菓子パンでお腹を満たしていたそうです。

「あなたの食生活、管理が甘いんじゃないの? ちゃんとしてあげて!」

ついに義母に怒られてしまいました。

「実家暮しの時も野菜を食べなかったの?」

そう聞くと、義母が野菜が分からないように調理をしたり、ビタミン入りのゼリーを作ってそれを食べていたから問題ないと言っています。

「あぁ、過保護に育てられたのね」と呆れました。

さすがに2年連続メタボ検診にひっかかるのはまずいと思い、メタボ改造計画としてお弁当を持たせることにしました。

しかし、なかなか効果が見えません。

理由を探るために夫を問い詰めると...。

「お弁当だけじゃたりないから、菓子パンも食べてる」

悪気もなくそう言われてもうがっかり。

確かに夕方まではお弁当だけじゃ足りないかもしれませんが、補食に食べるもの間違っていますから! 

早くに起きて、お弁当を作り補食のことまで考えなくちゃいけないなんて、これは本人が変わらないとどうしようもありません。

まずは、旦那の意識改革です。

「お弁当はカロリーを抑えているんだから、ちょっとくらい食べても大丈夫だろう」

「お腹がすいたということは、カロリーを消費してる」

そんな甘い考えをまずやめてもらいました。

そして、補食をするのであれば、二つ候補を絞って、どっちが太りにくいかを考えて食べること。

菓子パンや揚げ物を食べるならおにぎりにして欲しいと例えを出しつつ、実践してもらっています。

また、私がどんな思いでお弁当を作っているか力説しました。

お弁当も、スープや野菜をメインとしたものを頑張って作っているのです。

まだ大きな結果はでていませんが、私がすごい剣幕で訴えたのが効いたのか、意識改革はできてきていると思います。

毎朝、決まった時間に体重を測り始めたようなので、昨日よりも増えてしまった時は「どうしてかな?」と自分で振り返るようになったのも変化の一つだと思います。

コロナも基礎疾患があると重症化しやすいといいます。

このままでは生活習慣病の心配もありますし「元気でいてくれないと困るんだから」とはっぱをかけているところです。

結果が出るまで夫婦で頑張って、義母からチクっといわれるのはもう終わりにしたいです。

関連の体験記:「お嫁さんがかわいそうよ」頑なに同居を拒む母に、兄夫婦が思いついた「ほっこりする暮らし」
関連の体験記:離婚して出戻った姉。70歳の母に3人の子供の世話をさせ、自分は漫画を読みふけり...
関連の体験記:14歳男子の継母になった私。4年たって突然訪れた...「息子との嬉しい瞬間」/キッチン夫婦(妻)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

姑ってなんで、嫁の責任にしたがるんだろう。うちの旦那も数年に渡り仕事帰りにハイカロリーなもの食べてきてデブった。そう説明したのに、ちゃんと管理して!って五月蝿い。仕事中も通勤中も見張れって、本当にそう言われたよ。だったら買い食いしないような立派な息子に育てりゃ良かったじゃない?次に五月蠅く言われたらそう返そうかしら。と思ってたらコロナで帰省中止、せいせいしたわ。
投稿者さん過保護ですねぇ 子供をおもう母の努力を過保護だなんて失礼な言い草で今投稿者がしていることって何なんでしょう? でも旦那さんの体を気遣うでもなくお義母さんに対抗するために旦那さんを叱り飛ばしているのだから効果がでたところで怒られたくない旦那さんの努力ですね。
旦那さんもいい年した大人なのだから妻が義母に叱られるようなことでもないと思うけど。 お義母さんは43歳児の為に色々したのではなく投稿者さんの目の前にいるような子供時代の旦那さんに栄養をきちんと摂らせることを考えてあれこれしたのでしょうから、過保護だとは思えないけど。投稿者さんはお義母さんがお嫌いなのかな。 間食補食をあれこれ考えるよりお弁当でしっかり食べさせる方がいいと思う。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP