凍った道路でブレーキがきかない! とっさの判断で命拾いした「冬の恐怖体験」/しまえもん

大学生の長女が一人暮らしを始めたので、マイペースなだんなと高校生の次女と暮らしているアラフィフしまえもんです。

前回の記事:コロナ禍で痛感した私のストレス発散法! 短くとも貴重な時間でスッキリ

67-1.png67-2.png67-3-01.png67-4.png67-5.png

67-6.png67-7.png
冬になると毎日のようにマイナスの気温になる地域に住んでいます。

雪は少ないのですが、マイナスになるので道路が濡れていると時々が凍ります。

毎朝車で20分ほどの場所に通勤しているのですが、前日雪が降って昼間溶けたりすると次の日の朝は凍ることも多いので車の運転は結構怖いです。

しかも通勤途中の道は山の北側で日陰になる場所が多く、アップダウンも多いし、カーブもあります。

当然スタッドレスタイヤにしていますが、一番怖いのは実は会社の前。

割と交通量の多い道路沿いにある会社で、目の前は山。

山の北側なので道路は日陰で凍りやすい。

以前、かなり冷え込んで道路が凍った時のこと。

その日はあちこちで道路が凍り、滑る車が多くて事故が多発。

何台か道路でぶつかっている車を見ました。

そのせいで、いつもの時間に家を出たのに道路が混んでいて焦っていました。

このまま会社に入れれば始業時間ギリギリの時間。

やっと会社が目の前になり、ホッとしてスピードを緩めようとブレーキを踏んだ時です。

ススっと滑る...

ブレーキがきかない!

私の実家は今住んでいる場所より北の方で雪道にはかなり慣れていると思っていたのですが、凍っている道路は別だと恐怖を感じました。

このまま会社に入ろうとブレーキを踏んで無理にハンドルを切れば、確実に滑ります。

どこかにぶつかるか、その先にある川に落ちると一瞬で判断し、遅刻になるけどハンドルを切らずにそのまままっすぐに進みました。

ブレーキをあまり踏まずに止まれて、さらに折り返しができる広い場所までゆっくり進み、そろそろとUターンをして、なんとか会社に入ることができました。

もう本当にホッとしました。

交通量の多い場所ですが、その時は誰も通っていなくてラッキーでした。

結果、数分遅刻しましたが、滑って何処かにぶつけたことを考えたら全然いいです。

67-8.png
後で聞いた話だと、以前会社にいた方で同じように車で滑って入り口にあるポールに当たって止まった人がいたそうです。

会社の人が、「そのまま進んでいたら、結構川も深くて落ちたら死んでたかも」と言っていたので、私もあの時はとっさに判断できてよかったなと思いました。

まだまだ寒い日は続くので常に気をつけたいと思います。

【次のエピソード】「にゃあさん、やめて!」猫がキッチンでゴミ箱あさり...我が家の対策は?/しまえもん

【最初から読む】甘え上手下手も愛おしい!我が家の癒し担当2匹/しまえもん

【まとめ読み】夫、娘、ねことのエピソード満載!しまえもんさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

しまえもん

ブログ「しまえもんの日々」を運営。のんびり変わり者のだんな、生真面目な高校生の長女、マイペースな中学生の次女、そして、今年12才になるくろさんと、6才になるにゃあさんの猫さん2匹と暮らしています。アラフィフ主婦の日々を書き綴ります。

しまえもんさんのブログ

「しまえもんの日々」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP