料理を素手で食べさせ、暖房中に窓全開! 同居してびっくり...自ら「姫」と名乗る義母の行動

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:りんご
性別:女
年齢:43
プロフィール:東北の田舎で夫と子供2人、夫の母と完全同居しています。

42.jpg

同い年の夫(43歳)と6年前に結婚した当初から、夫の母親(70歳)と完全同居しています。

義母は私の実母より2歳年下で、5人兄弟の末っ子。

一番上の兄弟とは20歳近く離れているらしく、いわゆる「末っ子姫様タイプ」です。

そんな義母との感覚・習慣の違いに戸惑う毎日...。

今回はその一例をご紹介したいと思います。

【その1】お客様に料理を指で食べさせる
義弟夫婦が遊びに来た時のこと。
義母が、弟嫁が好きな料理を作って振る舞いました。
そこまでは良かったのですが、皿と箸が用意されていないことに気づき、私が「お皿と箸持ってくるね」と用意しようとしたところ、義母が驚きの行動に出ました。
「そんなのいらね~。5本指で充分! 5本指で!」
そして料理をスプーンですくって自分の手に乗せ、そのまま食べ始めました。
いやいや、それはないでしょう...と、結局私が皿と箸を用意しましたが、お客様に対してあまりにも失礼だし、普通に行儀悪いです。

【その2】 果物の皮の剥き方について
東北の田舎に住んでいるため、季節の果物をご近所からいただいたりして、普段から果物を食べる機会は多いです。
そこで驚愕した義母の果物の食べ方...。
義母は、皿やボウルを一切使わず、食卓のテーブルの上で直接リンゴなどの皮を剥き、後から皮を手でかき集め、そのままゴミ箱に捨てます。
汚れたテーブルは乾いたハンドタオルでサッと申し訳程度に拭くだけ。
そのため、果物の糖分がテーブルにこびりつき、ペタペタして気持ち悪いです。

【その3】 食器を洗う時に洗剤を使わない
昔の人だとこういう方は結構いると思うのですが、うちの義母もその1人。
当然汚れが落ちていないので、食器を使おうとしたら汚れがこびりついていた、なんてことは日常茶飯事です。
包丁も「一回使ったくらいじゃ使ったうちに入らない」と洗いません。
義母が洗った食器は、できるだけ2度洗いするようにしています。

【その4】 暖房中の部屋の扉を開けっ放しにする
冬は朝起きると部屋の温度が2~3度くらいになっているため、夜寝る前に必ず石油ファンヒーターのタイマーをかけて寝るようにしています。
しかし、朝起きると部屋の扉が全開になっているのです。
30分前から暖房がついているのに、部屋の気温は6度。
寝る前は確かに扉を閉めたはずなのに、夜中、義母がわざわざ開けたようなのです。
義母曰く「こうしておくと、家の中全体がふわっと暖かくなるから」とのこと。
正直、私は「ふわっと暖かい」と感じたことは全くありません。
高機能な断熱材を使用した家ならまだしも、築40年超の木造の家で、たかだか8畳用のヒーター1台で家全体が暖かくなる訳がないのに。
何度も「暖かくないから開けないで」とお願いしましたが、良かれと思ってやっているためか、一向に止めてくれません。
ここまでくると、ただの善意の押し付けで、迷惑以外の何ものでもありません。

【その5】「我は姫様になったのじゃ」
私が嫁いだばかりの頃に義母に言われた言葉です。
それまでは、義母に対して良いイメージだったのが、この言葉を言われてからは見る目が変わりました。
嫁を家政婦のようにしか見ていないのだな、と悟りました。
姫というなら、威張るだけでなく品性も身につけてほしい...。

今回ご紹介したのは一例に過ぎませんが、大した事でなくとも、塵も積もれば山となるで、段々と不満は溜まっていくものです。

お互いに言い合い、尊重できる関係なら良いかもしれませんが、そういう関係を築くのはなかなか難しい事です。

結局、生まれた時代も育った環境も違う他人ですので、感覚が違うと言ってしまえばそれまでですが、夫以外の感覚の合わない他人と暮らすのは、簡単な事ではありません。

どんなご家庭にも言えると思いますが、「程よい距離感」がとても重要ですよ!

関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:100歳で亡くなった義母。結婚して36年、義母の仕打ちが本当にしんどかった...
関連の体験記:入院した義母の着替えを取りに、初めて入った義母の寝室。そこで見た「白い箱の山」の中身は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

世の中色々な方がいるのですね。奇天烈、破天荒と言えば字面で良さげな感じでしょうが、実際一緒に居ると筆舌に尽くし難い大変さがある事でしょうね。 一つ言えるのは、投稿者様がただただ強い…鋼の精神力、尊敬いたします。 お身体ご自愛ください。
凄いですね。洗剤を使わないのは私の曾祖母もそうでした。曾祖父は洗剤使ったのに曾祖母は頑なに使わず。曾祖母歯磨きも全くしない人だったので、70の頃から総入れ歯でした。行儀も悪かったです。指で食べることはしませんでしたが、お箸を爪楊枝代わりに使う時に口元を手で隠すなどしない人でした。お茶碗も持たず犬食い。投稿者の義母と同じく5人兄弟の末っ子で、同じくお姫様気質。私の曾祖母は本当にお嬢様(いいとこの家だったので戦時中にもかかわらずかなりいい生活してました。写真残ってます。)で育てられて掃除ひとつできませんので、部屋めちゃくちゃ汚かったです。末っ子ってなんでこうも行儀悪いんでしょうね。従姉妹の末っ子女の子なのですが、こちらも行儀悪いです。身なりに気を遣わないから髪の毛ボサボサ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP