お母さん、私のこと本当に愛していましたか? 子供の頃、褒めも叱りもせず無関心だった母への葛藤

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ゆり
性別:女
年齢:44
プロフィール:片づけが苦手な専業主婦。同い年の夫と2人の子どもの仲良し4人家族。実母との微妙な関係に悩む。

25.jpg

私(44歳)と実母(72歳)との関係は、一見とても良好です。

母も周りの人達からはよく娘(私)との関係を羨ましがられるそうで、そういう話をする時はどこか得意気にしています。

ですが、その都度違和感があります。

母に対しては長い間、色々と葛藤がありました。

私は実家での生活の中で、イライラしてはかんしゃくを起こしていました。

イライラの正体は分からないまま、結婚して家を出ました。

しばらく母に会いたいと思うことはありませんでしたが、子供が生まれてからは、孫を可愛がってお世話をしてくれる中で、自然と母へのわだかまりのような違和感も消えていきました。

しかし2人の子供を育てていく中で、また母に対する複雑な思いが沸き起こるようになりました。

母は私のことをどれだけ真剣に考えてくれていたのだろうかと。

小さい頃、母は私に習い事をいくつもさせていました。

私の将来のことを考えていろいろ経験させてくれたのだろうと思いますが、私の習い事について母が関わったことはありません。

よくできたね、という誉め言葉や、もう少し頑張りなさいという叱責などを受けた記憶がないのです。

唯一ピアノの発表会では終わった後に「上手だったね」とは言われましたが、どんなに練習不足の酷い演奏でも、「間違えたの? 分からなかったわ」と言われて終わりです。

母なりに励ましてくれたのかもしれませんが、普段から無関心な母が言う言葉をまともに受け取ることは出来ませんでした。

母は勉強をしろとはうるさく言いませんでしたが、明らかに子供達が高学歴であることを望んでいました。

その証拠に、成績が良くない私は「あなたは勉強の要領が悪いから、伸びないのね」などと言われていたのです。

今思えばもう少し勉強を頑張って欲しかったのでしょう。

その割に、普段は口出ししない母が私の進学先を勝手に決めました。

高校も大学もです。

この学校に行くとあなたが駄目になるから、とかこの大学に行っても就職など将来性がないからなどという母の持論を展開されました。

もう少し成長してからは、夜通し遊んで朝方に家に帰るようになった私に、朝方は目立つから昼に帰ってくるようにと言いました。

ファッションについては、母には理解できないものは露骨に嫌な顔をされました。

私は現在子育て中の身ですが、子供の健康や将来のことを考えると、とてもあのような放任には出来ません。

手をかけすぎるのは良くないですが、我慢と忍耐を繰り返しながら、ひと時も子どもから目を離すことは出来ません。

習い事や勉強は子どもがやる気を持って取り組めるように、できるだけ励ますようにしていますが、時には感情的に叱ってしまったりと失敗もします。

でも、真剣に考えるからこそ怒るのだし、それが普通ですよね?

だけど、母から感情的に叱られたという思い出はありません。

母にとって子育てとは、一体何だったのでしょう。

今は老後の生活を大満喫して幸せそうにしている母に、そんなことはもう聞けません。

私は今日もニコニコしながら、母が喜びそうな話をしては会話を楽しんでいます。

その気持ちに嘘はありませんが、心のどこかに引っかかりは抱えたままです。

関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤
関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...
関連の体験記:同居する義母が救急病院へ! 近くに住む義姉が付き添ってくれた翌日、私に届いた「驚きのメール」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

だいぶ前にもお母様の事書かれてましたよね。 いっそ酔った勢いでもなんでも洗いざらいぶちまけてみたらどうですか? 聞いてもらえるかどうかなんて関係ない。泣きわめきながらでも言うんですよ。聞かせるんです。聞けよ!と。 声に出して寂しかった辛かった、ああして欲しかったこうして欲しかったと伝えましょうよ。 あなたが過去の自分とお母様から解き放たれるには、そうするしかないのでは? 遠くない未来、あの世へ旅立たれては伝えようが無いですよ?あなた自身命尽きるその日まで母への怨嗟をこういう場所で呟き続けるのですか?それで気分は晴れますか? 全てぶつけてしまいなさいな。あなたの母親でしょう。 いつかあなた自身、子供にそうされないとも限らないんです。 親の心子知らず、その逆もまた然り。 自分が子育て上手く行っていると思うのであれば、尚更。堂々と言いたいこと伝えてください。 負けないで。
そんなに自分の中の理想の母親像がいい事だと思っているなら自分がそうすればいいのでは? あんなにやってあげたのに思う通りに育たなかったなんて文句はなしですよ。自分がやりたくて勝手にやった結果ですから。
自分がして欲しかったことを子供にしてあげることがいい事ばかりだとは限らないと思うけど。ああして欲しかったこうして欲しかっただから子供にあれこれしてあげたら喜ぶ、と思いこんでいたら危険だな。 ひと時も目を離せないって危険な目にあわないように気遣うのはいいだろうけど、なんでもかんでもはこれまた危険。選択や危機回避の機会を無くして何もできない子になりそう。
そんなに気になるなら、一度聞いてみたら?親はいつまでも生きてるわけじゃない。話したら意外と納得ができるかもよ。ものすごい毒親ではないでしょ?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP