「来れたら来て」「お子さん元気ね」ってどう受け取る? 県を跨ぐと異国の常識がありました...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:大家ぽん子
性別:女
年齢:64
プロフィール:土地柄の違い、今になれば楽しい思い出です。

13.jpg

64歳の主婦です。

ある日、手紙を書きながらテレビを見ていたら、地方に注目したテレビ番組が放送されていました。

「行けたら行く」が関東と関西ではニュアンスが違うそうですね。

関東だと「行かない」と「本当に都合がついたら行く」が半々くらい、関西だと「行かない」がほとんどだそうです。

そして若い時の苦い経験を思い出しました...。

それは「社交辞令を真に受けてホイホイ集まりに参加していたら、実は歓迎されていなかった」ことです。

慣れない土地であれはつらかった!

あれは私が29歳くらいの頃のことです。

主人の出向で、短期間だけ西の歴史のある地区に住むことになりました。

社宅ではありましたが、それほど大きな規模でもなかったので、社宅以外の近所の人との付き合いもある、そんな場所でした。

引っ越したことが分かったとたん、近所の小学生が「おばちゃん、引っ越してきたの~?」と声をかけてくれました。

こっちの人はさすが社交的だなあ! と驚いたのが第一印象でした。

また、引っ越してしばらくした時、近所の方が声をかけてくれました。

「〇〇(主人の会社)の人なら△△から来たんでしょう?」

「お子さん何歳? 元気ねえ」

「心細いでしょうし、分からないことがあったら聞いてね」

ニコニコとそう声をかけてくれました。

ついでに公民館で地元の子供が集まる会があるので「来れるようなら来てみたら?」と呼んでくれたのです。

主人にどうしたものか相談すると、「せっかく誘ってもらったんだし、行ってみたら?」とのこと。

そこでいざ行ってみると「あなた誰!?」のような雰囲気で、明らかに遠巻きにされていました。

え? 私呼ばれていなかったの!? とモヤモヤしながらしばらく置物状態。

しばらくして子供がちょっとむずがったのをいいことに「お騒がせしそうなので帰ります」と退散しました。

その後も「来れたら来て」「お忙しい時は無理しないで」の罠で何度か気まずい思いをしました。

この地区では「一応声はかけるけど、来なくて良いよ」という遠回しなお断りだったそうです。

「お子さん元気ね」も「ちょっと静かにしてほしいわ」の遠回しな言い方だったそうで...。

鈍い私も何度目かでさすがに気づき、ホイホイ参加しないようになりました。

すっかり落ち込み「あのご近所さん、親切に見えたのに...」などと疑心暗鬼にもなってしまいました。

その後生活に慣れてくるにつれ、社宅の中で良い友人ができ、その友達から地元でのお付き合いの輪が広がって、この土地での生活はとても楽しいものになりました。

今も年賀状のやり取りのある人が何人もいるくらいです。

でも、その土地の雰囲気などがわかるまでは慎重に過ごした方がいいなということを身をもって体験し、「狭い日本とはいえど、県をまたげばそこは異国」だと肝に銘じた出来事でした。

関連の体験記:息子の同級生が連日我が家で夕食。自称モデルの母親はSNSで......!
関連の体験記:ああ、見てしまった...私が介護する86歳の義母が、介護を手伝ってくれない義姉に「こっそりお金を渡す姿」
関連の体験記:弟の妻が幼い子供2人を残して亡くなってしまい...80歳の両親が「子育て」に乗り出した結果は...⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

色々ありますね、地域やもっと小さなコミュニティでも。 関東住みのわたしでも、お子さん元気ねぇ、は察するものだと思っていました。
公民館云々は、ずいぶん意地悪だと思う。地元民限定でこんな楽しい集まりあるけど、あなたは来ないでね!って言ってるようなものじゃない?田舎者の底意地の悪さが凝縮したような話ですね。
なんだかとっても感じの悪い記事。まるで【西の歴史ある】土地の人が皆そのような、余所者にいじわるする人間のような書き方に憤りを覚えました。しかも投稿者が経験したのは35年も前の話。 私は西の歴史ある町出身で今もその地に暮らす小学生の子育て世代ですが、本音と建前を使い分ける排他的意地悪の人は同世代にはいません。これは一体何のための記事なのか本当に意味不明。特定の地区を陥れる偏見だらけの投稿はやめてください。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP