「あの子5分もおったな図々しい」家に遊びに来た友人を追い返した姑/かづ

pixta_29849820_S.jpg

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。結婚36年目。現在は夫婦二人と4ニャンとで暮らしています。30年以上前の、結婚当初のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私/かづ

ある日の事、看護学校時代の同級生が遊びに来てくれた。

結婚で学校を辞めた私に、遅ればせながらと同級生達からの結婚祝いと出産祝い。当直明けだったのでと電車で1時間半掛かる所を持って来てくれた。

10人ほどで出し合ったそうで、かなり豪華な子供服の数々だった。


当時はまだ携帯電話も無く、気軽にメールを送ってと言う事が出来なかった。

同級生達は当直があったり基本勤め先の病院の寮に住んでいて、電話を取り次いで貰わなければならないのでいつ電話をして良いのか分からず、長電話も出来なかった。


本当に久しぶりだったので、嬉しくて嬉しくて仕方が無く、これからの時間が楽しくて心からワクワクした。


「座って!座って!
 久しぶりやな〜
 ○○ちゃんや□□ちゃんはどないしてる?」

そんな事を話してお茶を入れようとした瞬間

ピンポ〜ン!ピンポン!ピンポン!ピンポン!
ドン!ドン!ドン!

「開けて〜〜〜!!」

姑だった。

戸を開けて

「お義母さん...今お客さんが...」

と言い終らぬ間に

「えっ?私ええから!(気にしないから)」

と言ってズカズカと姑は家に入って来た。

(いや、お前は気にせぇへんでもお客は気にするやろ!!)


姑は私と友人の間に座り、友人に立て続けに質問攻めにし出した。


姑「それで?あんたかづの同級生なん?
 あんたも看護婦さん?
 お勤めはどこ?
 お給料はなんぼ貰ってんの?
 最終学歴は何?
 地元?
 親御さんは何してる人?
 親御さんの役職は?
 ご実家は持ち家?借家?
 お付き合いしてる人いんの?
 わたしなぁ、デブが嫌いでなぁ!
 頭がバカに見えるやろ?(笑)」

5分もしない内に友人は立ち上がり

「そしたらかづちゃん、私帰るわ!」

と言ってスタスタと玄関に向かった。


慌てて追い、靴を履いて玄関を出る友人に

「ごめんね!ホンマにごめんね!」

と言うと、呆れかえった表情で顎をクイッと室内に向けて

「(姑)すごいな...」

と呟いて戸を閉めた。


戸が閉まった瞬間

「姑が来たって言うのに
 あの子5分もおったな!!
 図々しい!!!」

と姑が大声で叫んだ。


恐らく いいや絶対に友人に聞こえてる。

その日の夜、帰宅した夫がたくさんのベビー用品に気付き、どうしたのかと聞くので説明し、お祝い返しは何にしようかと聞いた。


夫「家にご飯食べに来てもろたらええやん」

私「えっ?でもみんな当直やらなんやらがあるから来られへんよ?」

夫「だから来れる時に来てもろたらええやん」

私「来てもろたらって...
 みんなバラバラの病院に勤めてるんやし
 遠い子はここから電車やバスを乗り継いで2時間くらい掛かる子もいるんやで?」

夫「来る来えへんはそれぞれの勝手やろ?」

私「えっ?」

夫「とりあえずお祝いしてもろたお返しがしたいからって誘ったんやから
 来る来えへんはそれぞれの判断やん」

私「じゃあ、ここまで来えへんかった子にはお返し無しって事なん?」

夫「だから!お返ししたいからご飯食べに来てって誘うんやろ?
 それを来えへんかったんやったらそれ以上はせんでええやん」

私「あんたの関係は全部百貨店からお祝い返したよな!
 たとえ千円づつ集めて何人かでして貰った物でも
 半額の500円のハンカチを返したよな!!
 だったらあんたの関係もみんなご飯食べに呼べば良かったやん!
 そんで来ん奴は無しって事にすれば良かったやん!」

夫「僕は会社のつながりがあるやろ!」

私「私だってつながりがあるよ!」

夫「かづは金稼いでへんやろ!?
 僕は会社の関係がアカン様になったら働かれへんやろ!」

私「そしたら何?
 お前の友達は金にならんから切れてもええって事なん?」

夫「そんな事言うてへんやろ!
 だからご飯に呼んだりって言うてるやん!」

私「そしたら今後あんたの関係で何か頂いた時は
 ご飯にお呼びするって事で返したらええね!!」

夫「なんでや!!なんでそうなるねん!」

私「なんでそうなるのか分からん方が分からんわ!!」

夫、突然立ち上がり電話を掛けだす。

夫「あ、お袋?悪いけど来てくれへん?
 いやもう...ちょっと話しにならんねん...」

電話を切った。

私「なんでお義母さん呼ぶん!?」

夫「第三者に入って貰わんと話しにならんやろ!」

私「なんであんたの母親が第三者やのよ!!」

夫「だってそうせぇへんかったら、かづは納得せぇへんやろ!」

私「あんたの親が来て何言おうと納得できる話しや無いわ!」


15分ほどして、姑はタクシーで来た。


姑「(夫に)あんたは明日も仕事やろ?
 この子の事は私に任せとき!
 あんたはもう寝たらええから♪」

夫「そしたらお袋頼むわな!
 僕明日も仕事やから寝るわ!」

夫は隣の部屋に寝に行き、姑は私の前に椅子を持って来て座りこう言った。


姑「ここに正座し!!!」

そこから4時間、5時間と正座のままで延々と姑から罵声を浴びせられた。


姑「あんたその友達らに借金でもあんの?
 無いんやろ?
 そしたら切れてもかまへんやん!
 商売人(の娘)には分からんやろうけど
 サラリーマンにはそう言う付き合いがあるの!
 そんなんも分からんで嫁で
 息子はホンマに気の毒やわ!」


結局、友達には恥だのどうのと見栄を張っても仕方が無いので、これこれしかじかと正直に話し、お返しは出来なかった。


姑を目の当たりにした友人が他の子達にも話してくれたので、そりゃ大変な所に嫁に行ったんだと理解してくれたのはありがたかった。

けれども、二度と友達を家に呼ぶ事は無くなった。

次の記事:「「この子、私のおっぱい吸ってるで♪」孫を独占したい姑の暴挙」はこちら

お姑さんからの「凄絶エピソード」の数々!他の記事はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

きっつー 本当に看護士だったのなら余裕でシングルマザーとして堂々生きられていけたのに
何で言い返さないんですか? 土下座とかマザコン夫とか有り得ん!!
何故 お祝い返しの相談する? 自分の判断で お返しを 送ればいいのに
ちょっとヤバイなその姑‼️ 私も4年一緒に住んでましたからよくわかります、、
毎回読んで本当の話?と思うくらい酷すぎますよね。 そんな辛い思いをさせられたご主人と子供が巣立った後の今も一緒に暮らしておられるんですか?
トメも夫も大概気狂いやけど、嫁も相当頭おかしい笑
今、姑になった身ですが酷すぎる!お嫁さんは昔の私と思って接してます!そう思うと可愛いです(笑)
ある程度読み進めてきたけど胸糞悪いからもうやめる。 同情はできるけど、何で言うこと聞くばかりなのか理解できない。クソな夫もいらないし、もっとやりようがあったのでは? あなたのお子さんが一番可哀想。胸が張り裂けそうだわ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP