孫たちが一生懸命選んでくれた手袋。頑固なあの子、甘え上手なあの子...優しさと成長がうれしくて涙

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:大家ぽん子
性別:女
年齢:64
プロフィール:64歳主婦です。7歳を筆頭に6、5、4歳の孫がいます。

46.jpg

64歳の主婦です。

先日の敬老の日に、孫たちが4人でプレゼントをしてくれました。

暖か素材の手袋で、色も形も私好みのシンプルなものでした。

「ありがとう! 色も素敵でとっても気に入ったわ、誰が選んでくれたの?」

もしかして娘たちが「これにしたら?」と誘導したのかな? などと思っていたら、なんと本当に孫達だけで選んでくれたとのこと。

「ばーば、自転車に乗るとき手が冷たいって言ってた」

「Aがこれがいいって言った!」

「Bちゃんもこれがかわいいよって言ったよ!」

顛末を聞いてみると、7歳の孫がリーダーシップを取り、4人でああでもないこうでもないと相談しながら選んでくれたそうです。

孫たちがいっぺんに教えてくれるのを聞いて、感激してウルウルしてしまいました。

私のことを考えながら選んでくれたことももちろんうれしかったのですが、孫の成長をこんなところで感じると思いませんでした。

7歳の孫は頑固で折れないタイプなので、お友達とうまくやっているのかしらとハラハラすることもあったのですが、それがリーダーシップをとるという、良い形で出ていたこと。

6歳の孫は穏やかで、ケンカをしても言い返せず涙をこらえているようなタイプなのですが、きちんと自分の意見を言えるようになってきたこと。

5歳の孫は、甘え上手で「自分が一番!」なところがあるのですが、人のことをよく見て思いやれる優しさが育っていたこと。

4歳の孫は少しマイペースで、フラッと子供達の群れから離れて1人で遊ぶようなことも多かったのですが、一緒にプレゼント選びに参加していたこと。

どの子も体は大きくなっても、よちよち歩きだった頃の印象が残っていましたが、ああ、心もしっかり成長していたんだなあと胸がいっぱいになりました。

私には子育ての後悔があります。

それはきちんと育てなくてはと気負いすぎて、娘たちに厳しくしすぎてしまったこと。

義父母との関係を悪くしたくなくて、上の娘が一番遊んでほしかっただろう時期に我慢をさせたこと。

もっとこうしたらよかったんじゃないか、ああしたらよかったんじゃないかとふと思ってしまうことがあります。

ですが、孫育てにも関わって孫たちの成長を近くで見守っているうちに、そんな自分の子育ての後悔も少し癒されているように感じています。

もちろん、子育ては親が主役! 私達祖父母がすることはバックアップ! の気持ちは忘れませんよ。

冬はこの暖かい手袋をつけて、心も指先もポカポカで過ごせそうです。

関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...
関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...
関連の体験記:昔からの友人に初孫が! 友人宅にお祝いに行ったら「お嫁さん」が来ていて、予想外の展開に...⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

散々娘夫婦を甘やかして手出ししてきてえらい思いをして、子育ては親が主役祖父母はバックアップ、に至るのは大変そうですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP