同僚よ、苦手なのに「食べたーい」だと...? 余りかけた店長自慢の「大量のモツ煮」に救世主現る!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:masako
性別:女
年齢:53
プロフィール:53歳の主婦です。アルバイト先で起きた、モツ煮にまつわる小さな事件をお話します。

10.jpg

先日、グルメ番組でモツ煮が取り上げられているのを観て、モツ煮にまつわる、ある出来事を思い出しました。

それは2007年、私が書店でアルバイトをしていた時のことです。

その書店は朝の9時から23時まで営業しており、昼勤務と、夜勤務で回していて、私は昼勤務でした。

書店は郊外の店で、歩いていける範囲にはコンビニすらありません。

そのためスタッフは2階の書庫の隣にある休憩室で、手作りのお弁当か出勤前に買ってきたものを、交代で食べるのが常でした。

休憩室の設備は充実していて、電子レンジ、ポット、冷蔵庫はもちろんのこと、ミニキッチンまで完備。

モツ煮事件は、その休憩室で起こったのです。

その日、書店の店長(当時40代の既婚男性)と同僚の女性Aさん(当時30歳)と私の3人で、休憩室でお昼を食べていました。

私とAさんは出勤前に買ったコンビニのサンドイッチだったのですが、店長は唐揚げや卵焼き、プチトマトなどが彩りよく並ぶ手作りのお弁当でした。

てっきり奥様が作ったのかと思ったのですが、なんと店長のお手製。

店長は料理が趣味だったのです。

得意料理を尋ねると、店長は「モツ煮」と得意げに答えました。

その時、私達に振る舞いたそうに見えたのですが、私はモツ煮があまり好きではなかったので、何も言いませんでした。

ですが、調子の良いAさんはすかさず「えー、店長のモツ煮なら、美味しそう。食べたーい」と大袈裟に言い出しました。

店長は「じゃあ、そのうち」と嬉しそうに答え、3日後、大鍋いっぱいのモツ煮を自家用車に積み込んで、出社してきたのです。

モツ煮は、お昼休みにみんなで頂きました。

味はとてもよかったです。

でも、そんなに大量に食べるものではないし、言い出しっぺのAさんは、実は「モツ煮が苦手」とのことで、まったく手をつけようとしません。

ちょうど出勤者が少ない日でもあり、4時の二度目の休憩の時点では、四分の一も減っていませんでした。

店長も「口に合わなかったかな」と寂しそうです。

Aさんは知らん顔ですが、Aさんが店長におねだりをした場にいた私は妙に責任を感じました。

その時、困り果てた私の脳裏に、夜勤務の学生アルバイトの男性B君(当時20歳)の顔がよぎります。

ラグビー部のB君は食べ盛り。

きっとモツ煮も大量に食べてくれるに違いありません。

その日はB君は休みだったうえ、それほど親しくはなかったのですが、勇気を出してメールを送り、事情を説明しました。

B君からはすぐに「任せてください」との返事がきました。

その後、トイレに行くふりをして様子を見に行くと、休憩室にはB君の姿が。

B君は公休日なのに、モツ煮のために出社してくれたのです。

鍋の中身は、残り半分ほどに減っていました。

しかも、B君は他の夜勤務のスタッフに「店長のモツ煮があるので、腹を空かせてくるように」とメールをしてくれたそうです。

「余裕で完食ですから、安心してください」とB君は厚い胸を叩きました。

惚れてしまいそうなくらい、頼もしかったです。

結局モツ煮は夜勤務の人たちが「美味しい」と完食して、店長の面目も立ったようです。

その1カ月後に私は退職してしまったのですが、聞くところによると、これ以後、店長はどんなにAさんがおだてても、自作の料理を振る舞うことはなかったそうです。

きっとモツ煮で懲りたのでしょう。

それを聞き、安易に人をおだてないようにしようと思いました。

関連の体験記:「食べられるものがないの...」90代の義母が待ち望んだ食事会...ど、どうする!?
関連の体験記:夫が倒れて働きづめの私。進学を諦め、助けてくれた長女。並んで座った電車での何気ない会話に涙が...
関連の体験記:娘の学費のため...50代・シングルマザーの私がホームセンターで始めた「ハードな副業」奮闘記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

懲りたのでしょう、ってまるで店長さんが悪いみたい。改める必要があるのはあなたたちでしょ。
もつ煮大好きな私。 もつ煮を愛する本屋店長とスタッフの会話、様子、思いが伝わって来ました。
わざわざ呼び出さなくても次の日でも食べられるのに。なにに懲りたのかもよくわからないけど店長さんは悪いこともしてないし懲りるような目にも会ってないと思う。 適当な人に迷惑かけられた周囲の皆さんが被害者ですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP