スープジャーでメタボな夫に健康的なランチを! それなのに「これだけ?」だと? 私の気も知らないで!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ayuko
性別:女
年齢:43
プロフィール:私だって時間があると思われて悲しいです。

18.jpg

43歳の主婦です。

同い年の夫と2人の子供を育てています。

私は主に在宅で仕事をしているのですが、パソコンワークの合間に家事をこなし、子供が帰ってきたら習い事の送迎など毎日バタバタ!

一方、夫はメタボ気味。

検診でも痩せるように言われたそうで、お昼はお弁当を作って持たせています。

毎日、大きなお弁当箱におかずを詰めるのは正直大変...さらに、最近はコロナの関係で時差通勤をしており、6時過ぎには家を出ます。

起きたら一息つく間もなく、キッチンで手を動かさなければ間に合いません。

食べ盛りの子供達も「お腹すいた...」と起きてくるので「お弁当作り終わるまでちょっと待ってて!」とまるで戦場。

冷凍食品も活用しますし、お弁当の隙間を埋めるため、揚げ物を入れる日も多く、これは痩せられないのでは? と思っていたところ、スープジャーを使ったお弁当がいいと聞きました。

スープなら野菜もいっぱい摂れて、温かなものを食べられて、満足感も得られると思い早速購入!

具沢山の豚汁をスープジャーに入れ、ご飯と簡単なお惣菜を入れたお弁当箱も渡しました。

喜んでくれるかな、と期待して渡したところ、夫から出た言葉は「今日のお弁当これだけ?」

いつも以上にたくさん食材を使って、体のことを考えて作ったのに...。

どんなお弁当かも食べてもいないのに、悲しくなってしまいました。

思い返せば子供が赤ちゃんの頃、時間通りにことが進まず、食事の準備ができなかった日に「夕飯これだけなの?」と言われたことがありました。

聞けば、実家のお母さんは、ご飯に汁物、主菜に副菜2、3品が普通だったとのこと。

それは、夫が物心ついた以降の話ですよね。

義母だって育児で手が回らなかった時は、義父の食事の準備まで手が回らなかったことだってあったと思います。

何より義母は、私に「元気でいられれば、何事も『だいたい』でいいんだよ」と言ってくれるのに。

でも、夫が帰宅後、スープジャーのお弁当の感想を聞いたところ、「温かいものを食べるのはいいね。美味しかった」と言ってくれたので、心の中でガッツポーズ。

しかし、その直後に「でも、すぐお腹がすくんだよね」と余計な一言。

野菜中心の汁物で、消化が良かったのかもしれませんが、これでは私がいくら工夫してお弁当を作っても、夫のメタボは解消しないなと思いました。

子供も自分のことは自分でできるようになってきたし、近いうちに私はお休みをいただき、家事育児すべてを夫にお任せする日を作ろうと思っています。

はてさて、家事はおろか料理もろくにできない夫の「一日、お母さん体験」、どうなるでしょうか。

関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤
関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

結局何が言いたいんだろう? 実際お義母さんが幼い子供をどう世話してきたか見聞きしたわけではない想像というか期待だし、お弁当作りながら朝ごはんも一緒に作ればいいのにわざわざ別に作って待たせるの?自分で無駄に大変にしてるみたい。 いきなり今日は一日主婦してね、と丸投げしても大体できないですよね。ほら私こんなに大変なのよ、と言いたいなら口できちんと伝えればいい。代わりに一日旦那さんのお仕事できないでしょ?
余計な一言じゃないでしょ足らないのは事実なのだから。量でなく内容で健康的に減量させてあげないと仕事中に空腹で集中力もなくなるだろうし可哀想。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP