無職の夫が「女からのプレゼント」を下げて帰宅!? ブチ切れそうな私を止めた「3歳の息子の一言」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:なずな
性別:女
年齢:57
プロフィール:子育ても終わり一息つきたいシングルマザーです。

41.jpg

28歳の長男が去年の5月に実家暮らしを卒業して、晴れて一人暮らしを始めました。

「一人暮らしは寂しいから」と言って渋っていたのですが、始めてみるとそうでもないらしく、こちらから声をかけない限り、実家に帰って来ることはありません。

連絡もほとんどありません。

ある日、様子見も兼ねて、友人からもらったお肉をおすそ分けしようと、取りに来るように電話しました。

すると、久しぶりに会う長男の顔に髭が...。

髭を生やした息子の顔は、20数年以上前に離婚した元夫の顔に似ていました。

その顔を見て、ふと元夫と離婚まで秒読み段階だった頃の事を思い出しました。

当時は私が33歳、元夫が34歳。

なかなか定職に就かない元夫に愛想が尽きて、離婚を決意し、お互い合意して、あとは離婚届を出すだけになっていました。

定職に付いていない元夫は出ていく先も決まらないので、仕方がなく同じ家で1カ月程一緒に暮らすことになってしまっていたのです。

3歳の長男と生まれて間もない次男を抱え、私が引っ越す選択肢はなかったのでしぶしぶそんな生活を受け入れました。

そんなある日、元夫が連絡もなしに外泊しました。

離婚も決まって、夫婦とは呼べない他人になった元夫に対し、連絡がないからと問いただす理由もありません。

どこにいたのかなど、一切聞かずに過ごそうと決めたのですが、やっぱり気になります。

そして、元夫が入浴中にこっそりお財布の中身を見てみると...カード入れの中に見知らぬ女性のクレジットカードが入っていました。

そういえば、帰宅した時に大きな紙袋を下げていたことがありました。

「友達にスーツを貰った、就活に必要だからって」

聞きもしないことをいつになくペラペラしゃべるな、と思ったのです。

ああ、なるほどなと呟いた瞬間、おなかの底から熱いマグマのような怒りが湧き上がるのが分かりました。

財布ごと捨ててやろうと、握りしめながらリビングに戻ったときです。

おもちゃで遊んでいた3歳の息子が私に気が付いて振り向きました。

そして、とっても心配そうに「どうしたの」と聞いてきたのです。

その顔と声にハッと我に返り、冷静になることが出来ました。

長男がそんな風に私に声をかけて来たことがなかったので、よっぽど怖い顔をしていたのでしょう。

「ごめん、ごめん、なんでもないよ」

そう言いつつ、深く反省!

子供に心配かけちゃ良くないなと思いながら、子供の成長を実感した出来事でした。

優しい子なんだなあと癒され、私どんな顔をしてたのか自分でも見てみたいなとも思いました。

そんな葛藤を繰り広げるリビングとは別に、元夫はのんきにお風呂に入りながら、買ってくれた女性の顔やスーツの事を思い浮かべていたのでしょう。

久々に会った28歳の長男の顔を見て、3歳だった頃の可愛らしい顔と、間抜け面で帰ってきた元夫の顔が重なり、なんだか複雑な気持ちになりました。

関連の体験記:夫の裏切りにショック...8歳と6歳の娘が「夫の名刺入れ」から抜いて遊んでいたカードの正体は...
関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...
関連の体験記:夫との出先でパート先から電話が...「なぜ出る!」と怒る夫。でも30年前のことを思い出してみて!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

離婚しようがしまいが人様のお財布を盗み見るなんて。そんなことが気になるなんてまだ気持ちがあったのですね。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.02.03
そらそうでしょうよ。 こういう生々しいというか、醜いところも晒していて人間らしくていいじゃないですか。 今は綺麗さっぱりさよならしていても、ふとした時に面影重ねて思い出してしまうのもまた人間臭さを感じますね。 思い出って美しいものだけじゃないから

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP