自分はあの時、仕事を選んだ...娘に勧められた漫画で思い浮かべた「別の男性と結ばれた世界」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:45
プロフィール:寒さに弱い私。気温が下がってきたので、手足の冷えがツラいです。夜は毎日、湯たんぽが欠かせません。

pixta_41089523_S.jpg

一つ年下の夫と10代の娘と3人暮らしをしています。

最近娘に勧められて読んだ漫画は、同時並行世界を描いた作品。

自分の選択で、未来を変えるという内容です。

友人の死を止められなかった主人公が、悲劇を防ぐために過去の自分に手紙を出します。

受け取った過去の自分は、未来の自分の手紙をもとに、未来を変えようと奔走します。

娘が感動したというこの漫画は、私が昔のことを思い出すきっかけになりました。

20代の頃に私が職場で知り合ったある人は、部署は違うものの、一緒に仕事をする機会が多かった相手でした。

仕事で何度か話したりするうちに、だんだんと惹かれていく自分に気付きました。

そして彼も、私に対して好意を持ってくれていたようです。

これまで出会ったことのないタイプの人で、戸惑うこともありましたが、紆余曲折の結果、付き合うことになりました。

彼の一人暮らしのマンションは会社から近く、私が泊まった翌日には、手をつないで出勤したのを今でも覚えています。

2人で過ごすうちに季節が移ろい、街道沿いの街路樹は鮮やかな黄色に色づいていきました。

一時は、結婚も考えた相手でした。

しかし、ささいな価値観の違いが、数カ月かけて2人の間に積み重なり、壁ができていきました。

また、仕事が楽しい時期だった私は、約1年の長期出張で、彼と全く会えなくなる仕事を優先させました。

彼は反対しましたが、私は仕事を選んだのです。

それをきっかけに、私たちは別れました。

私たちがお互い相手をもっと大切にしていれば、ふたりの間には、別の未来がやってきたのかもしれません。

あの時、出張を断って彼と一緒に過ごすことを優先していれば、私の結婚相手は彼だったのかもしれません。

彼を選んでいれば、今ここにいる私とは、別の私になっているのでしょう。

しかしその場合、私は現在の夫と結婚することはないことになります。

そうすると、私にお勧めの漫画を教えてくれた娘は、存在しないことになります。

そう考えると、私がこれまで選択して歩んできた道は間違っていないのだと感じました。

誰しも人生の分岐点での自分の選択には、自信を持てないことがあるでしょう。

何が正解なのかはわかりませんし、選択が正解か間違いだったかがいつ分かるのかも、人によって異なるのかもしれません。

もしかしたら一生分からない場合もあるでしょう。

でも一つだけ確かなのは、今ここにいる私自身は、自分の人生で正解を選んだと感じていることです。

娘の横で幸せを感じた瞬間でした。

関連の体験記:気づいてしまった...中学校の給食室で働いていた私が目撃した、栄養士の「ある行為とその顛末」
関連の体験記:夫が倒れて働きづめの私。進学を諦め、助けてくれた長女。並んで座った電車での何気ない会話に涙が...
関連の体験記:「大学出て一流企業で働く長男には言えんなぁ」田舎町の雑貨店、跡継ぎ話でカチンと来た次男坊の私

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

その方とはご縁がなかったのですね。小学生のお嬢さんと仲良く漫画の話などできて良かったですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP