お洒落したから浮気? はあ? 浮気してたのはそっちでしょ? 夫の「妄言」にブチ切れた!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:濃姫
性別:女
年齢:43
プロフィール:夫と2人の子どもとの4人家族。義父母のお店を手伝いながら、義父母と半同居生活をしている主婦。

2.jpg

私は、若い頃はお洒落が大好きで、流行に敏感でした。

ですが、結婚し子どもができてからはお洒落に関して興味がなくなり、清潔感を損なわないよう気をつける程度で、いつもシンプルな服装をしています。

スカートやワンピースなどたまに着ることはありますが、特にお洒落をして出かけるような外出もなくなったため、常に動きやすいパンツスタイルです。

しかし、17歳の娘が地下アイドルの活動を始め、事務所との契約や撮影など、未成年のため親が付いて行かなくてはならないことも多く、外出の機会が増えました。

最初は普段の服装で付いて行っていましたが、多感な年頃の娘からクレームが入ったのです。

「ママ、他の子たちの親みたいにお洒落してよ! そんな普段の格好で来ている人はいないでしょ」

と、こてんぱんにダメ出しをされ、私も少しお洒落な服を着るようにしました。

しかし、そうすると夫(47歳)が嫌味を言いだしたのです。

「また、新しい服を買ったの? ただの付き添いなのに張り切って、お洒落なんかしちゃって笑えるね」

頭にきたのでもちろん言い返しました。

「だって〇〇(娘)から、他の親みたいにお洒落してって言われたし、他の人はもっとお洒落してるよ」

「じゃ、今度は俺が付いて行って確認してこよう」

そんなことを言い出し、本当に付いて行きました。

そして、帰ってくるなり「おまえがお洒落していく理由がわかったよ」と言うのです。

娘のグループは、所属事務所の男性がマネージメントをしています。

夫は、その男性(50歳)のことを私が意識していて、お洒落をしていくと勝手に思い込んだようです。

確かにその男性は、年齢より若々しく、同年代の男性より格好良いとは思いますが、私は「娘がお世話になっている関係者」以外の感情は抱いていません。

相手にするのも馬鹿らしいので無視をしていると、夫は自分の馬鹿げた妄想を延々と話し続けました。

それを聞いているうちに、以前夫が他の女性宛のラブラブな内容のLINEを私に誤送信してきたことを思い出し、だんだん腹が立ち始めました。

そして、つい過去のことを持ち出してしまったのです。

「バカみたい。自分が浮気してるのか、浮気願望があるのか知らないけど、あなたと一緒にしないでよ! あなたなんて他の女宛のラブラブなLINEを間違って私に送ってきたくせに」

「あれは飲み屋の女性店員にふざけて送ったものだと言ったのに、俺を信じてないわけ?」

「そんな言い訳信じられるわけないでしょ。私の浮気の心配より、ラブラブな女のことでも考えていればいいじゃない!」

つい言ってしまいました。

この一言で夫は黙りましたが、それから夫婦間がギクシャクしてしまい、会話も必要最低限しかしなくなりました。

気まずい雰囲気が続いています。

関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:「不倫相手と結婚したい」元夫との離婚も乗り越えた私なのに...51歳になり「前向きな性格」に異変が...
関連の体験記:娘の私のため、頼まれた友人のため...マスクを求め開店前のドラッグストアに並ぶ母に複雑な思い...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

旦那さんは余程自分に自信がないんですね。 投稿者さんもいい歳なんだからいちいちイライラしたり噛み付いてないでもっと大人の対応すれば落ち着いた家庭になりますよ。 余所の男に求めたり期待するなんて以ての外。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP