「寝たきりはイヤだからね」高齢の母の「どや顔」の理由は...⁉/あぽり

こんにちは! 4人家族のあぽりです。

要介護1で一人暮らしをしている母を通いで介護しています。

前回、坐骨神経痛と診断された 母の事を書きました。

前回の記事:歩けなくなったら...私が困る! 「母の足の痛み」が悪化した原因は...⁉/あぽり

母の所へ訪問した日。

2011ahakken08.png

キッチンに掴まって、何やら足を曲げたりのばしたりしている母。

何をしているのかと思ったら、

スクワット!

2011ahakken09.png

次はかかと上げもやって見せてくれた。

2011ahakken10.png

どや顔で、自分が努力している事を語る母。

いや、確かにすごいよ!

一人の時は何もしてないと思っていたよ!

2011ahakken11.png

母も、寝たきりにはなりたくないようだ。

足を動かさないと寝たきりの危険度が上がるので、それなりに頑張っている様子。

手を付きながらだけど、スクワット20回、かかとあげ20回を毎日おこなっているそうだ。

あと、テレビでやっている体操も時々。

2011ahakken12.png

やる気を感じられた私は散歩の提案をしてみた。

やっぱり家の中の運動より、「歩く」方が足を鍛えられると思ったから。

それに骨粗しょう症の心配もあるので、太陽の光も浴びて欲しいしね!

全然外に出ない母なので週に一回だけでも散歩に連れ出そうと思ったら...。

間髪入れずに断られてしまった。

2011ahakken13.png

散歩が嫌いな母でした。

なんでこんなに散歩が嫌いなんだろう。

実は、若い時から出不精でした。

仕事以外は家にこもり切りの母だったのです。

誰かと会う時もいつも自分の家に人を呼ぶ人。

年を取ると、余計に出不精になりました。

まぁそれでも家の中で少しは運動してくれているから、 何もしないよりはいいか!

【次のエピソード】兄からプレゼントされた高級服を「いらない」という母。間に立たされた私は...?/あぽり

【最初から読む】いつまでも母は元気と錯覚していた。「プチ介護」の突然の始まり/あぽり

【まとめ読み】母の介護に...夫との大ゲンカも!? あぽりさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

50代の日常を楽しい絵日記で綴っているブログ「絵日記でございます。」を運営。ライブドア公式ブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

コメント一覧

インスタからずっと読ませていただいています。おもしろいです! 10年ひと昔に同じような体験をしたせいか、頷いたり懐かしかったり。♫人生ィ~いろいろ♬ですがね!似てるんです。 特に10年間介護して2年ほど前に亡くなった母との関係には共感することだらけ、笑いながら泣けてきます。認知症も様々ですが、何度も同じ事を話しながら笑いに変えながらでした。話し始めるとキリが無いくらい話題あります! 最初の頃、(認知症の権威という)先生に「母は時々2階のベランダから下を見て、ココから落ちたら死ねるかしら…と言うのですが⁉︎」と訊きましたら、「僕の患者さんで、そう言って死んだ方は居ないよ!」と明るく返ってきました。幻覚が出た時は、「それは過去形?現在形?」と、「兎が走った、男がいた、過去形です!」と話すと、過去形なら大丈夫だよとの事。この介護人の気持ちを楽にしてくれる楽天的で的確な答えに何度救われたかしれません。 そして、もう体験済みでしょうが、同じようにケアマネさんも私たちのケアも心得ているプロです。 今は、コロナ禍で皆々様本当にたいへんだろうとお察しします!心から、早い終息を願っております。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP