良かった! 高齢の母が「私は幸せだ...」と喜んでくれた誕生日プレゼント/あぽり

こんにちは!4人家族のあぽりです。

要介護1で一人暮らしをしている母を通いで介護しています。

前回、定期的に死にたいと言う母の話を書きました。

前回の記事:本当にその日が来たら、きっと...。「早く死にたいよ」という母に伝えた「正直な気持ち」/あぽり

2010aahakken10.png

2010aahakken11.png

毎年、どうやってお祝いしようか悩むんです。

ご馳走も食べられないし、ケーキも嫌いで

2010aahakken12.png

以前、洋服をプレゼントしたら突き返されました(笑)。

ひどくて笑える!

2010aahakken13.png

何も思いつかなかったのでお花をあげることにしました。

母の日にも花なので、花ばっかりあげるのも芸が無いか?と思ったのですが...。

出来るだけ華やかなものをアレンジしてもらいました。

2010aahakken14.png

2010aahakken15.png

この時には、表情があまり変わらなかったので喜んでいるのかどうかいまいち分かりにくくて、やっぱりお花だけじゃ気に入らなかったかな?なんて思いました。

2010aahakken16.png

すると、夜遅くに電話が来ました。

夜遅い電話はろくなことがないので、何かあったんだと思って焦って出ました!

2010aahakken17.png

お花、私が思っていたよりもずっと喜んでくれていて、何度も「ありがとう」と言われました。

今まで何かをプレゼントをしてこんなに喜んでくれたことはなかった。

「私は幸せだ...♪」としみじみ思ってくれたみたいで、お花作戦、大成功でした!

こんなに喜んでくれるなら、毎年お花にしよう!

昔からお花にしておけば良かったと思いました。

会った時にもっとリアクションしてくれてもいいのにね。

夜になってから御礼を言うなんて。

クールなばーさんです!

来年も元気でありますように。

【次のエピソード】歩けなくなったら...私が困る! 「母の足の痛み」が悪化した原因は...⁉/あぽり

【最初から読む】いつまでも母は元気と錯覚していた。「プチ介護」の突然の始まり/あぽり

【まとめ読み】母の介護に...夫との大ゲンカも!? あぽりさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

50代の日常を楽しい絵日記で綴っているブログ「絵日記でございます。」を運営。ライブドア公式ブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

コメント一覧

あぽりさん、お母様お誕生日おめでとうございます⸜(*ˊᗜˋ*)⸝ 私も近所に足の不自由な母がいますが、週1程度で様子見がてらお花とおやつなど持っていきます。 そしてやっぱりLINEで泣きそうなお礼があとから来ます(^-^; 私を見ていると元気がでる、とか来客がお花に感動してくれるとホントに嬉しい、とか。 高価なものを贈るより、元気な顔を見せるのが一番親孝行ですね。 ダブルワークの私なので、実家に寄ることがおっくうだな、またでいいか。となる時も正直ありますが、高齢になった母との時間も限りあること。他愛のないお茶飲み時間ですが、私にとってもやっぱり大切な時間だと思っています。 顔出すだけで元気になるなら安いもんだꉂꉂ(ˊᗜˋ*)ʬʬ
前回の記事でお母さんと仲がよくなかったとありましたが、いつ頃から仲良しになりましたか?私は30代ですがなかなか母と仲良くできません。私が受け入れられなくて。何でも相談したり話せる親子が羨ましいです。
昨年私も義母にお花をプレゼントしたらすごくうれしいお顔してくれたのを思い出しました。もうすぐお誕生日なので私もお花にします 。
私もお花にすれば良かったのかな。プレゼントを突き返す親ってウチだけじゃないんだな。少し救われた。
本当に毎年、お誕生日プレゼント困りますよね。 あぽりさんのお母さんと同じで、入れ歯なのでご馳走は食べられないし、洋服も生地や大きさ、首回りなど注文が多くて、気に入る物を買うのがすごく難しくて… うちの母もお花は大好きで喜んでくれていたのですが、飼猫が花をかじるようになり、花も贈れなくて、本当に困ってしまいます。 もう仕方ないので、最近は、色気もありませんが、現金をプレゼントしてます。 買い物には行けないけど、通販やテレビショッピングで欲しい物を買ってるようです。 私は、反面教師で、何をもらってもその気持ちを心から喜べるよえな年寄りになりたいと思いますが、自分が年を取った時にこの経験を生かせるかどうか心配です。 反面教師で学びが多い日々です。
夜になって 電話してくるなんて 可愛いお母様ですよ (今まで ブログを深く(笑)読んでいるので ちょっとびっくり) 私は家族には 素直じゃないので 貰っても あっさり もっと 素直に 嬉しさを表現したいわ
お花喜んでもらえてよかったですね
親孝行、大成功!ですね。 私の母は何点かプレゼントした洋服にはタグが付いたままでした。 偶然にも私の母も今月が誕生日だったので、墓前に月命日の仏花と誕生日用のバラとポッキー(甘いもの好きだった)いう妙な組み合わせでお供えしてきたので、あぽりさんのお話を読んで素直によかったと思いました。 今度は直木賞作家桜木紫乃さん推薦の「ポケット詩集」を墓前で読んでみようと思っています。文学少女だった母が喜んでくれると嬉しいな。 若い頃の親子関係が悪く、母の良さや想い亡くなってから気付くことばかりです。馬鹿よね。
初めて?ではありませんが(メーンの絵日記で~は何度かcommentをしています) あぽりさんのお母さまより10歳若いですが、娘家族(関東)と私(関西)と離れて生活しています。未だ~健康寿命を辛うじて保っているのですが、なるべく負担を掛けたくない私は[誕生日・母の日]祝を断っています。唯一、娘・孫娘二人とのlineとline
はじめまして!! インスタ フォローさせてもらってます(^^) 絵も好きでいつもみてます♪ 私のお母さんもばーちゃんにするのすごく悩んでました! 自分の親ではなく、お父さんの親です
最初から読みました。涙出ました。 お母さん、長生きしてほしいです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP