都心の郊外って節約生活にはいいかも⁉ 引越し先は美味しいお水が無料の素敵な土地! 

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:梅の実
性別:女
年齢:49
プロフィール:そろそろ老後が気になり始めたので、出来ることから節約をと思いつつ、がっちり節約はどうも苦手なアラフィフです。

45.jpg

都内の狭い賃貸マンションに夫と2人で住んでいたのですが、家賃を上げずにもう少し広いところに住みたいねと、2年前に郊外へ引っ越しました。

広くはないものの、以前より1部屋増える間取りで、家賃はさほど上がらないという良い住処に引っ越すことができ、物価も安いし引っ越してよかったね! と夫と話していました。

ただ、引っ越した家には狭いながらも念願の庭がついていたので、うれしくていろいろな植物を育て始めたことで、水やりのため水道代が以前より高くなってしまったのです。

せっかく生活費が抑えられる生活になったのに...思っていたところ、地元のアラフィフバイト仲間から、車で30~40分も走れば山で美味しいお水が汲めるとの情報をゲット! 

さっそく聞いた話を元にネットで調べてみると、なるほど山に行けば水汲み場が何か所もあるではありませんか。

全く知りませんでした。

そんなに大量に汲めませんが美味しい水が飲めて、ほんのわずかだけど家の水道から使う水の量が減るのはうれしいことです。

ここに住んだが何かの縁! 自宅からなるべく近くてかつ道がややこしくなさそうな場所を絞り込み、ホームセンターでポリタンクを購入して、いざ車で出発したのでした。

正確な場所が分からず、たぶんここにあるはずと少し不安になりつつも山の道を進んでいくと...ありました。

山にハイキングに来る方々のための水飲み場のようで、恐らく地元の方の手でキレイに整備されていました。

心の中で「ありがとうございます」と唱えてお水を汲ませていただきました。

一口飲んでみると、ひんやり冷たくて口あたりがまろやかな優しい美味しいお水!

その後も、そのまま飲んだりコーヒーを淹れるために、汲みに行かせてもらっています。

節水に関しては、庭の植木への水やりする量は減らすわけにはいかないため、底面貯水機能がある植木鉢を使うようにし始めました。

それに加え、飲料水を山で汲ませてもらった分も節水できています。

私たちが住んでいる場所は都心に出るにはちょっと遠いのですが、野菜などの新鮮な食材が安く買えるし、美味しい水を汲ませてもらえるいいところです。

山のふもとの田舎に住んで、土地に根付いた本格的な田舎暮らし...まではできない中途半端な私たち。

駅前にはそれなりにお店もあって、大体のものは買うことができるくらいがちょうどよく、今の場所はとても気に入っています。

もちろん、今ではネットでいろいろなものが安く買えたりしますが、ほどよい田舎暮らしで、ほどよく自然な形で節約ができています。

お財布にも心にも優しい生活ができて、ありがたいことです。

関連の体験記:思い出される元夫の優しさ...。40歳で離婚し、故郷を離れ転職した私を襲ったストレスの日々
関連の体験記:「もう二度と行かない!」母のおせち作りの手伝いに駆り出された妻が激怒して帰宅し...
関連の体験記:「お金はあげないわよ!」施設で暮らす90代の義母が、ひ孫に声を荒げた意外な原因は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP