理不尽過ぎるよ...。お金を貸した私たちが苦しむのを尻目に、幸せそうに暮らす「叔母一族」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:冬華
性別:女
年齢:52
プロフィール:59歳の旦那と15歳の娘と3人暮らし。夏バテと肩凝りが毎年悪化中の主婦です。

24.jpg

81歳の母には3人の妹がいて、よくお金を借りに来る人達でした。

中でも、母より2つ下の妹は、20年以上前に貸した300万円のうちの230万円を未だに返してくれません。

彼女の長男で私より一歳年下の従弟の結婚資金にと貸し、叔父が定年になる60歳までに返すという約束だったそうですが、結局返されずに叔父は今81歳です。

そのせいもあって私が結婚する時は母から自分で出せと言われ、1円も出してもらませんでした。

叔母はその他にもしょっちゅう母にお金を借りに来ていました。

我が家は私が12歳の時に父が亡くなりました。

母は女手一つで私と姉を育てていたので、経済的には困っていなくても精神的にはかなり不安定な状態でした。

私や3つ上の姉もよく理不尽な八つ当たりの対象になり、嫌な思いをしてきました。

こんなに大変な思いをしてお金を用立てて貸しているのに、叔母は母のいないところで私に「このうちはお金が余っていていいね」と嫌味を言ってきたことも何度かありました。

しかもその従弟は結局離婚し、なんのために私たち親子が苦しんだのか、馬鹿馬鹿しくなってきます。

借金のことは叔母家族に内緒にしてくれと言われていて、叔父もいとこたちも知りません。

母はもう返してもらうのは諦めているようで、私もどうせ返ってこないだろうと忘れようとしていました。

ですが、去年亡くなった別の親戚のお葬式で、叔父が現役時代の年収が最高で1000万円あったと自慢しているのを聞いてしまいました。

考えてみれば正社員として働いている夫がいて、さらに2人の子供も大学に行っていません。

また、営業職だった叔父は会社の車に乗っていたので車にお金もかかっていません。

ちゃんとやりくりしていれば、ある程度の貯金くらいできたんじゃないのかという疑念が膨らんできました。

私が出した結論は、パチンコが趣味だった叔母のパチンコ代の尻ぬぐいのために用立てられたのでは?

そんな疑いを持ち始めています。

私も、叔母から母に内緒でお金の無心をされたことがありました。

ローンの繰り上げ返済をするつもりで一生懸命節約したお金を貸し、その直後に「いつも同じ服ばっかり着ているね」と叔母と私より3つ年上のその娘から一緒に嘲笑され、悔しくて泣いたことがありました。

また、私が産後で家に帰った時には、母から「おばちゃんに50万円貸さなきゃならないから、20万円出せ」と言われました。

子供が生まれたばかりの上に主人の会社が不景気になり、給料が10万円近く下がって貯金を切り崩しながら子育てが始まる不安な状態の中で、叔母に貸すために大金を要求されたことを思い出し、悔しさが倍増しました。

お金のことだけならまだしも、私たち親子はそのことで喧嘩になることもしばしばでした。

でも、借りているほうの叔母の家族は何も知らず、金婚式を迎えて仲良く暮らし、その娘は連休にいろんなところへ旅行に行ったりしています。

本来なら微笑ましいはずの叔母夫婦の様子を見るたびに、うちは父も死んでいないのにという嫉妬にかられました。

そして、高価な旅行のお土産をもらう度に、うちは旅行に行く余裕もないのにと怒りが湧いてきて、そんな余裕があるならお金返してくれればいいのにと何度も思いました。

借りている家の人たちは何も知らず楽しく暮らし、貸している家の人達が本当なら揉める必要のないことで揉めているという今の理不尽な状況。

これが世の常と諦めるべきなのか、叔母や叔母の家族にこの思いをぶつけるべきなのか。

とにかく、私は今後一切人にお金を貸すことはすまいと自分自身に固く誓いをたてました。

関連の体験記:結婚に反対した長女が泣いている...。次女の彼氏との顔合わせで見えた「父子家庭で育った姉妹の絆」

関連の体験記:我が家への「お泊り」をせがむ娘の同級生。面識のない母親に「連絡先の交換」をお願いしたら...⁉
関連の体験記:5歳と8歳の孫を私に預け「記念日ディナー」の娘夫婦。共働きで子供と触れ合う時間が少ないのに...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP