「更年期のホルモン治療が大成功」したはずが...。50代の私が「オシャレ」をしてはしゃいだ結果...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:女
年齢:53
プロフィール:更年期のオシャレは要注意です!

10.jpg

今から約3年前、50歳を目前に始まった私の更年期。

2年を超える漢方治療を経ても、良好な状態が続くことははありませんでした。

そこでホルモン治療を開始したところ、驚くほど状態が好転。

イライラなどの情緒不安定も、辛かったホットフラッシュも、生命の危機を感じるほどの動悸もほとんど起こらなくなりました。

これには嬉しくて大喜びしました。

なにせ、あんなに辛かった更年期から解放されたわけですから。

となると、やりたい事が一気に頭の中に浮かびます。

その中から、すぐに行動したのが「オシャレ」にまつわること。

実は、更年期以前の私は自分なりのオシャレを楽しんでいたのです。

しかし更年期が始まるとそんな気持ちはどこへやら。

更年期の辛さから、おしゃれを楽しむ余裕すらなくなった私は、いつも決まった洋服ばかり着るようになっていったのです。

暑くなくて、ラクで、動きやすい、そんな洋服ばかりを。

内心では、この事を辛く思っていたのです。

更年期の好転とともに、オシャレ心がザワザワし始め、それまでのうっぷんを晴らすように、秋にふさわしいオシャレなお洋服を買い、さっそく身に着けて出かけたのです。

この行動が失敗を招くとも知らずに...。

その日は夫(58歳)と2人でドライブデート。

行き先は海岸に決まり、気分はウキウキです。

散策して、海でちょっとだけ遊んで、テントの中で休憩、それからアイスクリームを食べ、帰りにはお土産屋さんによってお買い物...そんな予定を組んでいました。

そしていざ外出! のタイミングで、「その洋服で暑くない? 大丈夫?」と、心配した夫が声を掛けてくれました。

しかし私は「大丈夫、大丈夫、更年期は治まったからね~」なんて軽くいなして、そのまま外出してしまったのです。

するとやっぱり暑い。

秋とはいえ、照りつける日差しが暑くて暑くて仕方ありません。

でもこれは気温からくる暑さですので、何とかなりそう...と、そんな風に考えていると、今度はホットフラッシュの暑さに襲われたのです。

体の中から熱が湧き出すような感覚、心臓はバクバク、滝のような汗が流れるあの独特の異常な暑さに。

こうなると、暑くて辛くて、散策なんてとても出来そうにありません。

「参った。どうにもならないかも...」

そんな風に考え込んでいたところ「辛そうだね」と夫に声をかけられ、結局この日のお出かけは大きく変更。

散策も、海での遊びも、テントでの休憩も、お土産屋さんも中止です。

結局、夫が買ってきてくれたアイスクリームを冷房の効いた車の中で食べただけ...。

そんな残念なお出かけとなってしまいました。

こうして、更年期を甘く見た私は、夫とのドライブデートを台無しにしてしまったのです。

この日以来、「あなたは更年期真っ只中なのよ」と自分に言い聞かせ、季節の先取りは絶対NGに。

ちょっと寒いカナ? くらいの服装で出かけるようにしています。

これが功を奏したのか、ホットフラッシュが再発することは今のところありません。

皆様も、更年期の「オシャレ」にはご注意くださいね。

関連の体験記:なぜ⁉ 孫を溺愛し、私とも仲が悪くないのに...一歩たりとも「我が家に上がらない」義母
関連の体験記:昼食15時、夕食21時、洗濯は14時から......。ちょっとめんどくさいマイペースなお義母さん
関連の体験記:ああ、見てしまった...私が介護する86歳の義母が、介護を手伝ってくれない義姉に「こっそりお金を渡す姿」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

更年期の症状など人それぞれですからね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP