「私の言うことは受け入れて当然!」実母の自己中発言&行動に振り回されるのは、もうコリゴリ...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:もぷみぷ
性別:女
年齢:48
プロフィール:実家をでてから27年経ってます。

40.jpg

実母(80歳)には家族を従わせたいという欲求があります。

それは些細なことまで。

物心つかない幼少の頃は、母の意見は絶対でした。

言いつけを守るのは当然、当たり前の感覚だったように思います。

小学校高学年の頃、学習塾ができ近所の友人はこぞって通いだしたのですが、いつの間にか私も通う羽目に。

母が勝手に決めたことでした。

その後、中学生になり彼氏ができれば「まだ早い」と大反対され別れることに。

「高校はここへ行け」

「あの友達とは今後付き合うな」

「門限は6時だから早く帰ってこい」

一緒に暮らしている以上、母の言いつけは守らないといけません。

しかし成長するにあたって母の考えに疑問を抱くようになりました。

高校生になる頃、父と母との折り合いが悪くなり、常に両親はケンカ腰な会話ばかり。

それに直面する家に居づらい状況の下、生活していました。

そこで自分の環境を何とかしたくて、21歳で結婚をしました。

けれども、過去の自分に会うことができるのなら「その結婚はやめておけ」と言いたい。

母ではないですが、できることならあの時の自分に注意したい結婚でした。

とりあえず結婚したことで、母と距離を保つことは成功。

一緒に暮らしていた頃のような干渉はありません。

しかし、子どもが出来なければ「早く孫を抱かせろ」会えば「子どもはまだか」と別のプレッシャーを受けるようになりました。

幸い26歳で子供に恵まれたのですが、「母乳で育てろ」だの「布オムツを買ってきたから使え」と、強引に勧めてきたりしました。

そうした圧力は子どもが成長するにつれて、酷くなっていきました。

そして様々なことがあり私が38歳の時、離婚することに。

その際も「なぜそうなる前に相談してくれなかった」という母。

もし仮に相談をし、私の不満や悩みに共感してくれ、的確なアドバイスが受けられるのなら母に相談したでしょう。

けれども母は自分の意見を従わせたいだけなので、共感することはあり得ませんし、アドバイスもしてくれません。

反対され、責め立てられ、苦しくなるだけです。

これまでの母との時間で培われた「不信」は「絶望」になり、私にとって母は最も苦手で付き合いづらい人になっていました。

離婚後もそれは変わることはなく、母とはしばらく疎遠になっていきました。

その3年後、私は41歳の時に再婚をしました。

もちろん、母には相談なしの事後報告です。

その頃の私は母にとっては「分からずやの自分勝手に決める娘」だったようです。

報告した時の母の言葉は「再婚が早すぎる」。

私に対し怒りをゴウゴウと燃やしているのが顔からも態度からも丸分かりでした。

しかし、時間の経過や母自身の老いもあり、7年ほど経った今ではそれなりに会話をする程度に関係も修復されました。

先日、母から突然梅干しが送られてきました。

もちろん頼んでいません。

母いわく「いい梅が手に入って、久しぶりに梅干しを作ってみたらうまくいったので送った」とのこと。

あれば(夫が)食べるので無駄にはなりませんが、送る前に連絡が欲しいものです。

相変わらず母は自分が「せっかく」用意したものを相手が「必要ない、食べない」可能性は考えないようです。

10年前、実父(当時73歳)が亡くなってから約10年経過し、母の一人暮らしも長くなりました。

気の強いワンマン母でしたが加齢によって気が弱くなったのでしょうか。

最近では「一人暮らしにも飽きた」と、同居を希望するような発言も増えました。

80歳とはいえ、足腰もまだ元気なうちはどんなに一人暮らしに飽きても、自分で生活を切り盛りしてほしいと思っています。

それに母との同居をまだ私は受け入れることはできません。

しかし人の気持ちを考えない、全て自分の言う通りにしたい母、納得してくれるのかどうか...対処に困っています。

関連の体験記:あなた、母親の自覚はあるの? 長女が「17歳で出産した孫」を家族で育てている我が家だけど...
関連の体験記:思い出すだけで涙が。私の高校受験の前夜に「自宅で宴会を始めた父」を未だ許せません...
関連の体験記:「月に一度は泊まりにおいで。楽しいわよ」70代の義母から突然の提案。夫は快諾したけど...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP