47歳で始めた婚活でゴールイン! でも「アラフィフ新婚カップル」には努力が必要で...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:Nagisa
性別:女
年齢:48
プロフィール:25年間海外でバリキャリ。親に心配され渋々婚活してみたら即結婚が決まり、ただいま主婦二年生です!

33.jpg

仕事を優先してきた人生を送ってきましたが、高齢を自覚した親が、未婚の私をえらく心配するようになり、昨年の春、47歳の私は軽い気持ちで婚活を始めました。

婚活の3人目に会ったのが、3歳年上の今の夫です。

メッセージのやりとりから、真面目でいい人であると感じていました。

遠距離だったので、初顔合わせの約束をしていた前日には、2人とも待ち合わせの町に来ていました。

彼から誘われ、その日のうちに夜景が人気の港が見えるバーで会いました。

私は飲めない体質ですが、雰囲気を楽しむのは好きで、友達や知人と酒場に行くこともあります。

とはいえ、私が飲むのはジュースですが、この時もそうでした。

彼はお酒を頼み、最初はゆっくり飲んでいたのですが徐々にペースが早くなり、もしや大酒飲みなのかと少し不安になりました。

そしてバーを出た後、1人でハシゴすると言って、いささか千鳥足で夜の闇に消えて行きました。

翌日はもともと会う約束をしていた大事な日なのに、二日酔いになったら台無しです。

まるで私のことはどうでもよく、お酒の方が大事なのだと感じられ、この人はだめだと、心の中で「×印」をつけました。

結局飲まなかったようですが、翌日、特別に彼に感じるものはなく、前夜の態度が理由で心の中で「×印」のまま時が過ぎました。

別れ際に駅で、彼が「また会えますか」と頭を下げながら、手を差し伸べてきました。

これでこの人とはおしまいだと確信していたのに、「...会えると思いますよ」と返事をしてしまいました。

家から遠かったため、私はもう一泊してから帰ります。

ベッドに横たわりながら、前夜は同じ時間に彼と会っていたのだなと思い出すと、無性に寂しくなりました。

なんと、私は恋に落ちてしまったようです。

後で聞いたのですが、実は彼はその時既に結婚を決めていて、2週間後、結婚式の打ち合わせのために再度会いました。

そして6週間後。

夏の暑い日に式を済ませ、一緒に生活し始めました。

彼はタバコやお酒を予想以上に嗜む人でした。

職場で見慣れているのでそれほどの嫌悪感はなくても、自分の家族となる人が依存気味だと問題です。

飲むと陽気になり、ネットショッピングで不必要でくだらないものを注文したり、普段はキリッとして男らしいのに、赤ら顔でいい加減な話をして格好悪くなったりするのが嫌です。

何よりも、長年好きだった人が病死したばかりだった私は、不摂生な生活が原因で夫も死んでしまうのではないかと、怖くなりました。

問題は他にもありました。

夫は料理をしない人で台所用品が揃っておらず、最初の頃、行きつけのスナックや飲み屋に私を連れて行きました。

基本的に夫は1人で家で静かに飲むタイプで、店は久しぶりの様子です。

あるスナックの20代とみられる女性店員は、初対面の時は「化粧をしなくてもきれいなタイプで羨ましい」と私に笑顔で話しかけてくれましたが、二度目に行くと、あからさまに私を無視し、夫にばかり話しかけます。

今後、夫が1人で飲みに行くことがあって間違いが起こったら...と想像してしまいました。

幸い、私が夕飯を作るようになってからは家で飲むようになりましたが、今度は新婚なのにすぐに寝てしまうので悲しくなりました。

私は夫にストレスを感じさせないように、禁煙、禁酒させるために何度も策を練り実践しましたが、敵(夫)はなかなか手強く、何度も絶望を味わうことに...。

どのくらいショックかというと、つい離婚を考えるほどでした。

ある日、夫はついに自分で目標の日を掲げ禁煙を誓ったのですが、お酒を飲んでいて気が緩み、誓いを守れませんでした。

私は有言実行できずに落ち込んでいる夫に、まずお酒を止めようかと穏やかに提案しました。

すると、その日を境に夫は一滴もお酒を飲まなくなったのです。

結婚して5カ月後のことでした。

ですが、たまには飲みたいと言うので少し不安が残っています。

飲んでまた腑抜け人間になるのは勘弁してほしいです。

今度こそ、と禁煙に向けて頑張っている真っ最中なのですから...。

関連の体験記:「息子が稼いだ金、無駄遣いしすぎや」普段はマメで優しい義母が、少量のお酒で豹変し...
関連の体験記:腫瘍が見つかった40歳の妻が書いていたエンディングノート。最後の一行に...涙があふれた私
関連の体験記:41歳専業主婦の私。年3回の美容院すら「また行くの?」と言う、お金にシビア過ぎる夫が辛いです...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

何も知らずに結婚すれば後から後から色々でてくることは予想できますね。一人でも生きていける地盤ができているけどせっかく結婚したのだからという気持ちもあるのかな。 うまく矯正できて、安心して暮らせるようになるといいですね。 飲み屋のおねえさんはお仕事ですから心配いらないと思いますよ。たまの息抜きならいいのでは。
努力に年齢は関係ないですよ。相手を知らなさ過ぎで結婚したらこうなる、それだけです。
男性は年行く事に癖や不潔度が増してきます!それにそんな年まで喫煙していたのなら多分無理でしょう!喫煙で絶対癌になるとは言いにくいので娯楽として許してあげればいいじゃないでしょうか?でもお酒飲むと緩む男性は女性が相手になる飲み屋に行くのは極力避ける方がいいです!その様な店に出入りする男は絶対隙あらば若い女と、どうこうなるのを狙ってます。私は17才年下と再婚しましたが私が潔癖症なところがあるので男性って若くてもだらしないし嫌な所もありますよ!続けられるか離婚するかはお互いどれだけ許せるかの程度によりますね!
化粧をしなくても、の件ですけどひょっとして褒められたと思っているのでは?そういうお店に彼女を連れて行くなんてデリカシーのない男性ですね。 恋って脳の勘違いですよね。脳内物質でいえば4年で終わるらしい。それまでにきちんと人間関係家庭環境を整えられないとその先何十年も耐えられないですね。 旦那さんにあれしないでこれしないで要求なさっていますが、投稿者は旦那さんが嫌がることは何一つない?旦那さんの為に好きなことを断ったりやめたりの努力はしないの?此方の要求ばかりでは対等ではないね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP