70歳目前の夫と本当に仲がよい妹。ふたりを見て「50代おひとりさま」の私が考えたこと/中道あん

20代で結婚して、2男1女を授かり、主婦として暮らしてきた中道あんさん。でも50代になると、夫との別居、女性としての身体の変化、母の介護...と、立て続けに「人生の転機」が訪れます。そんな激動の中で中道さんが見つけた「50代からの人生を前向きに過ごすためのヒント」をご紹介。妹さんご夫妻と旅をして、中道あんさんが思ったこととは。

前回の記事:「みんなホンマに優しいな」問題行動が多い母の主治医が、ポツリと漏らした言葉に目頭が...

pixta_41578923_S.jpg

久しぶりに妹夫婦に会い、数日間一緒に行動を共にしました。

この夫婦はずっと変わらず、本当に仲が良いのです。
妹は私と同じ50代で、夫である義弟は妹より一回り以上も年上。

かなりの年の差夫婦です。

喧嘩をネタに笑い話に変えたり、お互いを上げたり、落としたり、その姿はまるで夫婦漫才のよう。

この二人をみていると羨ましくて仕方がない。

そして、いまひとつ「自分にはどこかに欠陥があるのではないだろうか」と思うのです。

これまでに2回、3人で東北と北海道を旅行しましたが、いつも妹夫婦が行動を共にし、私はおひとりさま旅行のようなもの。

妹夫婦は休みの日はいつも一緒に過ごしているというのです。
「ずっと一緒にいて、飽きないのか?」「うっとおしいと思う瞬間はないのか?「毎日話すことなどないだろう?」など、中年夫婦が抱えているであろう「あるある」を問うてみましたが、答えは「NO!」。
「毎日話をすることはたくさんあるし、だって私は、パパを好きだからね。」とにっこり微笑むのです。

義弟はそろそろ70歳も目前です。妹は夜半に目覚めた時、横でスヤスヤと眠る夫の寝息を聞きながら、「あぁ、きっと先に逝くであろうな」という考えが頭をよぎるのだそう。

そして、それと共に深い悲しみがこみ上げてくるという。
一緒にその話を聞いていた義弟に、「1日でもいいので妹より長生きしてくださいね」とお願いしました。

恋愛中ならともかく、そんなにも夫に対し愛情を保てるのだろうか?
私は恋愛結婚でしたが、別れた夫に対して愛情がいつまであったのか定かではありません。

忘れてしまったのか、元々なかったのか、今となっては思い出せないのです。

最高の幸福感を味わったのは、初産だった長男の出産時。

陣痛は激しかったのですが、その痛みがぶっ飛ぶくらいにそれまで感じたことがない最高の幸福感を味わいました。

それまでは、女性が最高に幸せを感じる瞬間は純白のウエディングドレスに包まれた結婚式だと思っていたのに、それはめちゃくちゃ小さなものだったなと、あの時、思ったことをとても覚えています。

あれから30年、それを超える大きな幸せを感じたことがありません。

子どもは大人になりお互いに離れてはいますが、存在して当然の存在です。

いま全く喧嘩することがなく仲のよい関係を築けています。

ああ、飼っている犬になら、妹の気持ちもわかる。

今年の夏で3歳になる、我が家のガク。

犬の寿命は10~15歳といいます。

人間も50歳を過ぎたら明日のことは分からないけれど、私が70歳になる頃には天に召されているであろう、そのことを考えると無性に悲しくなるのです。

なんで飼っちゃったのかなぁ、出逢わなければよかったのかもと思うこともあります。

よく隣の芝生は青いとはいうけれど、妹を見ていると、人生の伴侶がいるということは羨ましい気持ちで一杯です。

この先、自分にとってなくてはならない存在となる男性と出会うことって本当にあるのだろうか。

そんなのは奇跡に近いのではないだろうか。
白馬に乗った王子様ならぬおじさんは幻想に過ぎない?

そんな人を無意識に求めているから出会いがないのか、いつかまた誰かと暮らすことはあるのだろうか。
...そんなことを思わせてくれる妹夫婦の姿でした。

アラフィフ、アラカンの皆さん、必読です! 中道あんさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中道あん

「女性の生き方ブログ!50代を丁寧に生きる、あんさん流」主宰。Ameba公式トップブロガー。結婚22年で夫と別居。自立した人生を送るため正社員として働いていたが、2019年2月「好きなことを仕事に」とフリーランスに転身。えいっと行動力を発揮して夢を叶える女性をつくるEitonessを提唱、ブログ講座やコミュニティの運営を 行っている。現在、社会人の長男、長女と同居。要介護2の実母は3年半同居生活の後有料老人ホームにて暮らしている。

中道あんさんのブログ:アラフィフの生き方ブログ|50代を丁寧に生きる、あんさん流

50life_cover-obi.jpg

『50代、もう一度「ひとり時間」』(KADOKAWA)

20代で結婚、2男1女を授かり、主婦として普通に生きてきた。でも50代になると人生の転機が頼まれもしないのに訪れる。夫との別居、母の介護、女性としての身体の変化、子どもたちの成長。そこから見つけた「ひとりの楽しみ」をあますところなく伝え続ける、「あんさん」流のアラフィフライフ。50代からの人生を前向きに過ごすためのヒントが満載。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP