「友達よりお金が大事なの?」って借りたあなたが言う⁉ 私が縁を切った「3万円貸したパート仲間」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:向日葵
性別:女
年齢:52
プロフィール:脳梗塞の夫と二人の子供と暮らす、働くお母さんです。

21.jpg

夫(57歳)が病に倒れたのをきっかけに、フルタイムのパートにでるようになって早9年の私(52歳)。

仕事で親しくなり、プライベートでも懇意にしていた友人A子さん(50歳)は、気さくでとてもいい人です。

そんな彼女から半年ほど前に、「少しお金を貸して貰えないかな?」と相談を受けました。

理由を聞くと、車をぶつけてしまって、修理費用がたりないから少しお金を融通して欲しいとのこと。

金額は3万円。

夫が働き始めたとはいえ、家計はまだまだ赤字状態の我が家で3万円は大金です。

「次の給料が出たら必ず返すから、お願い!」

少し返事をためらっていると、彼女は言い募ってきました。

給料日までは後一週間ほど。

「それくらいなら良いか」と、彼女を信用してお金を貸すことにしました。

ところが、給料日が来た時A子さんはいきなり言い分を変えてきたのです。

「今月は車検があって厳しいから、来月のお給料日まで待って」

正直当てにしていたので少しショックでしたが、「待てないからすぐに返して」と言うほど切羽詰まった状態でもありません。

「じゃあ、来月お願いね」

「うん、分かった」

笑顔でAさんと言葉を交わしました。

ところが、次の給料日がきたら、また話が違うのです。

「ごめんねー。今月冠婚葬祭が重なってピンチなの、来月まで待って!」

Aさんは悪びれた様子もなく笑顔で言ってきて、思わず返答に困ってしまいました。

車検でお金がかかるのも、冠婚葬祭が重なって臨時の出費がかさむのも良くあること。

彼女の言い分はよく分かります。

でも私なら貯金を崩しても借りたお金は返します。

言葉にしようのないA子さんに対するモヤモヤを抱いたまま、更に次の給料日がやってきました。

さすがに今度は返してくれるだろうと期待していました。

しかし、なんと今度は言いわけすらすることなく、スルーされてしまいました。

うっかり忘れているのかもしれないと思い、2、3日待ってみましたが、彼女から話題に出す素振りはみじんもなく...。

これは、はっきり言わないと行けないと思い、意を決して私から言うことにしました。

「貸したお金なんだけど、今月はうちも車検があって厳しいから返して貰えるかな?」

仕事終わりの更衣室でそう声を掛けました。

なるべく剣呑にならない口調でいったのですが、A子さんの表情が、サッと険しいものに変わりました。

「お金お金って、友達よりお金が大事なの?」

開口一番、逆切れして怒りだしたA子さん。

お金のことをこっちから言ったのは今回初めてなのに...と、私もムッとしました。

でも、ここで彼女に合わせて怒ってしまえばA子さんと同レベルになってしまいます。

周囲に数人、同僚もいたのでそんな真似はできません。

なけなしの理性で怒りを抑え込み「悪いけど、明日、お願いね」と、笑顔で言いました。

「分かったわよ。たかが3万円くらいでしつこいったら!」

A子さんはグチグチ文句をいいながら帰って行き、私は呆然とその後ろ姿を見送りました。

翌日、お金は返してもらいましたが、それ以降、A子さんとは疎遠になりました。

「金の切れ目が縁の切れ目」とは、よく言ったものです。

お金にルーズな人とは付き合えない。そう実感した出来事でした。

関連の体験記:「60歳までに老後資金を!」と必死だった49歳独身の私。ある日マネーセミナーに参加したら...

関連の体験記:「息子が稼いだ金、無駄遣いしすぎや」普段はマメで優しい義母が、少量のお酒で豹変し...
関連の体験記:41歳専業主婦の私。年3回の美容院すら「また行くの?」と言う、お金にシビア過ぎる夫が辛いです...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

借りて返さない人が悪いけど、ひとにお金を貸すときはあげてもいいと思って貸す。あげられないものは貸さない。
まさに「おまえが言うな」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP