「あれ?地肌、透けてる⁉」の大ショック! 毛量には自信のあった52歳の私が始めた「自宅ヘアケア」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:向日葵
性別:女
年齢:52
プロフィール:脳梗塞の夫と二人の子供と暮らす、働くお母さんです。

20.jpg

私(52歳)は、若い頃から髪の毛のボリュームが多く、美容室でいつもボリュームダウンのカットをしてもらうくらいでした。

ところが、40代の後半、生理が不規則になってきたあたりから、なんとなく髪のボリュームが減ってきました。

ですが元がボリュームがありすぎたので、「ちょうどいい」くらいに軽く思っていました。

ところが1年ほど前のある日、仕事上がりに鏡を見ると、地肌が透けて見えるではありませんか。

ボリュームダウンどころか、かなりの薄毛になっていることに気づき、大ショック!

白髪が多く、市販の白髪染めを使用して自分で白髪を染めているので、時間が経つと毛の根元から白くなってきます。

そのせいで毛が薄く見えるのかと思い、とりあえず白髪染めをしてみました。

しかし、染めあがって髪を乾かしてみても、やはり地肌が透けて見えます。

「ああ、これは、確実に薄くなってる...」とガッカリ。

ドキドキしながらインターネットで「女性・薄毛・ケア」で検索をしてみて、美容形成クリニックなどで治療ができると知りました。

しかし、料金表を見るとけっこうな金額がかかりそうです。

8年前に夫が脳梗塞を患ってから私がパートで家計を支えている我が家。

夫の毎月の医療費もかかるのに、これ以上家計に負担はかけられません。

とにかく、自分で安価にできるヘアケア方法がないか、美容師をしている知人に相談してみました。

すると、育毛に大切な3つのポイントを教えてくれました。

それが第1に睡眠、第2に栄養、第3に頭皮マッサージです。

寝ている間に育毛に大切なホルモンが出ているそうですが、夜勤の仕事で睡眠時間が細切れで4、5時間くらいしかとれない私は、明らかに睡眠不足です。

睡眠時間を増やすのは物理的に無理なので、なるべく質の良い睡眠が取れるように、寝る前に軽くストレッチをすることにしました。

また入浴も、シャワーでサッとすませていたのをやめて、なるべく湯船にゆっくりつかるようにしました。

次に食事ですが、髪の毛にはタンパク質が必要ということで、魚料理や豆腐料理を積極的に取り入れました。

また亜鉛も良いというので、普段あまり食べないレバーも食べるように心がけました。

最後に頭皮マッサージです。

友人に教えてもらったのは、入浴時、シャンプーをした後、リンスやトリートメントをする時に1分くらい両手の指でマッサージをするもの。

まず、側頭部をこめかみから上に向かって5秒間5本の指先でグッと押し上げます。

次に少し上を同じように指圧。これを頭頂部まで続けます。

側頭部の次は、前頭部を髪の毛の生え際から頭頂部まで、最後は後頭部をうなじから頭頂部まで同じように行います。

次に指圧した箇所を今度は、五本の指先で円をかくように動かします。

そして最後にほぐれた頭皮を、下から上に持ち上げるようにマッサージして終了。

時間にして1分くらい。短時間でお手軽にできるので、毎日継続出来ました。

肝心の薄毛改善効果についてですが、1年経過した現在、残念ながら髪がふさふさになったというような劇的な変化はありません。

でも、マッサージのおかげか毛艶がよくなり、うれしいおまけで肌の状態も良くなりました。

幸い薄毛は進行していないので、このままこのヘアケアを続けて行こうと思っています。

関連の体験記:確かに公園に近いし、自転車も置けるけど...。我が家がママ友たちの「たまり場」化してしまい...
関連の体験記:「冷静に、冷静に」公園で孫とシャボン玉で遊び始めたら、年配の男性が「鬼の形相」で向かってきて...
関連の体験記:「お金はあげないわよ!」施設で暮らす90代の義母が、ひ孫に声を荒げた意外な原因は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

薄毛はホルモンですよ!生理が上がったら男性ホルモンが勝ちます!それと凄く太っている人はだいたいハゲてる人が多いです!それも肥満からきている女性ホルモンの減少からです。薄毛は本当に見た目気持ち悪いですよね!私は生理も定期的にきっちりあり女性ホルモンの値が54才で20代後半だと血液検査でわかり薄毛も白髪も未だありません。薄くなった友達は乗せる形のカツラが便利で白髪隠しにもなるといって使っていますよ!天然成分以外の白髪染めは1番地肌に悪いので薄毛の方にはお勧めしません。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP