これまで「我流の介護」だったけど...。アクシデント続出の義母に「私が決断したこと」/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:ああ、デイサービスの皆さんありがとう...。骨折以来、便秘だった義母の「うれしい知らせ」

デイサービスの利用を始めると義母は食欲が次第に戻ってきました。

1.jpg

それと共に身体の動きも・・・。

2.jpg

歩行するときは手引きが必須になりましたが

3.jpg

転倒直後と比べたらかなり良くなってきました。

最初は恐る恐る再開したデイサービスでしたが、あのまま動かず家にいたらこうはならなかったかもしれません。

また、便通も

4.jpg

あれから実に順調です。

デイサービスのスタッフにトイレの介助の仕方について聞いてみたところ、デイでは二人がかりの対応でひとりが支え、ひとりが洗浄してくれているとのこと。

幸い10日もすると義母はつかまり立ちできる時間も長くなってきて、私一人での対処も何とか可能になり、寝たまま洗浄するという事態には至りませんでしたが、もし、家で対処するとなれば

5.jpg

当座は四苦八苦していたことでしょう。

心からデイサービスのありがたさを痛感しました。

けれど今後も同じようなことが再び訪れないとも限りません。

6.jpg

今回は不運な事故により事が大きく動いてしまいましたが、そうでなくとも認知症の進行や先が見通せない不安があります。

ブログ〈13番さんのあな〉のコメント欄にも今後の方針を立てなおした方が良いというアドバイスをたくさんいただいていました。

その中にあったのが『訪問看護』というフレーズでした。

もしかしたら 『訪問介護』は聞いたことがあるけど 『訪問看護』って何?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。

この2つ、よく似た名前ですが役割が異なります。

訪問看護は看護師など看護の資格を持っている専門職が、訪問介護はホームヘルパー(一定の研修を受けた介護職員)や介護福祉士が受け持ち、それぞれ出来ること出来ないことが細かく区切られています。

スクリーンショット 2020-09-07 14.52.27.png

※痰の吸引、経管栄養は医療行為ですが特定の研修を受けたヘルパーが行うことも出来ます。

今回の義母の件で一番困ったのは

7.jpg

次々現れるアクシデントに、どう判断し行動すれば良いのか分からなかったことです。

これまでは何とか自分で動けていた義母も、骨折により介護者である私の負担がグっと上がってはいましたが、「負担軽減」より「不安軽減」に重きをおくなら訪問看護をお願いする方が良いのかも知れない・・・。 と、考え

8.jpg

ケアマネ―ジャーのおーさんとも相談し、訪問看護の利用を始めてみることにしました。

手配はおーさんがやってくれます。

そして翌週には早速訪問看護ステーションの担当者と面談することになりました。

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP