花粉症とは無縁の私。重い花粉症の主人との「外干し or 部屋干し」バトルがもたらした「意外な結果」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ayuko
性別:女
年齢:42
プロフィール:今どき珍しい花粉症とは無縁のお母さん。このまま花粉症知らずで年を重ねたいです。

17.jpg

10歳、6歳の子供と私と同じ42歳の夫と暮らしている主婦です。

私は、今どき珍しいといわれますが、花粉症とは無縁に生きてきました。 

「今まで大丈夫でも、花粉症は突然発症するよ」

花粉症の人達からは毎年そう言われて覚悟はしていますが、42歳の今まで症状は出ていません。

今のところ子供達も花粉症ではないようなので、春の温かな日差しや、空気が大好き! 

晴れた日には室内だとなかなか乾かない洗濯物や布団は思いきり外に干す! と張り切ります。

一方、主人は重度の花粉症。

花粉が流行する前からマスクをつけ、鼻うがいもかかせません。

そのため、外にだけはどうしても洗濯物を干してほしくないそうです。

一応、私も気を使って取り込む前に、強めにはたいたり、空気清浄機の前で畳んだりはしているんです。

しっかり花粉を払えば済むことと思っているのですが、主人はどうしてもそれは許せないから、部屋干しにしてほしいと言ってきました。

空気清浄機も、花粉を感知したランプが消えるまで置いておくので、気になるほどの花粉は付いていないと思うのですが、こればかりは花粉症ではない私にはわかりません。

部屋干しだと乾くまで時間がかかるし、お部屋もジメジメ。

洗濯機に乾燥機はついていますがかなりの時間がかかります。

やっぱりお日様に当ててからっと、フカフカに干した布団が気持ちがいいのにと、私は納得できないのです...。

洗濯ものを分けるということも考えましたが、主人のみの少量の洗濯物のためにもう一度洗濯機を回すのは、時間も水道代ももったいない。

ですので、外干しを続けていたのですが...ある日、主人が反撃にでたのです! 

朝起きると浴室に洗濯物が干され、浴室乾燥機が付いていました。

そしてそこに干しきれなかったものは、日当たりの良い場所に室内用の物干しをセットして干してあったんです。

よほどのことがない限り家事をしない主人が、早起きしてまで、洗濯物を外に干してほしくなかったとは。

「これなら文句ないでしょ」と主人。

もちろん文句はありません。

なぜなら、ただ干してあるだけでなく、主人のものと私たちの外干しOKのものをそれぞれハンガーなりピンチなりにわけてあったからです。

外干ししたいものは、今まで通り外干しできるように考えてくれたのです。

これ以降、洗濯機を回して干すのは主人の仕事になりました。

「旦那さんがかわいそう。それくらいやってあげなよ」

そう周囲からは言われるんですが、私は外干ししたいというこだわりがあるし、主人が家事でこうしてほしいと要望するなら少しは協力してもらわないと。

私の負担も軽減されたし、主人の花粉症もよくなるといいなと思います。

関連の体験記:夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私/かづ

関連の体験記:お義母さん、この茶碗蒸し腐ってます! 義母が作る手料理が怖い
関連の体験記:娘には言えないけど...70歳手前、貯蓄はキープしたい私たち夫婦にとって「可愛い孫」への出費が痛い

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

旦那さん可哀想。アレルギー舐めてますね。年とると花粉症もあまり強く出ないと言われるのでもうならないかもしれませんね良かったですね。 別々に洗濯機を回さなくても干すときだけ別にしてあげればいいだけなのでは? 自分がわからないからとアレルギーを軽く考えるのは食物アレルギーのある子供さんにこれくらい良いでしょわたしは〇〇入が好きなんだから、と訳のわからない言い分で無理やり食べさせるようなものですよ。やらないでしょ?
家事に拘りがあるのは勝手だけど花粉が見えるわけでもないしはたいたり空気清浄機の前で畳んだからと洋服から花粉が無くなるわけないのだからコレはないわー。
花粉症程度で死にはしないし大げさ位に思っているのでしょうね。ご主人より自分のこだわりが大切。 ご主人が家事をしてくれるのはいいでしょうが、洗濯物の干し方で花粉症が良くなる訳もなくあなたが楽になっただけですよね。随分ご主人の存在は軽いんですね。
これは旦那さんが可哀想。 花粉症が辛いのに自分の外に干したいからって気持ちばっかり押しつけて。 アレルギーも「私はわからないから好き嫌いしないで食べなよ」って出してるのとなんもかわらん。
唖然。花粉症って歴としたアレルギーなんだけど。 家族のアレルギーに配慮せずにアレルゲン押しつけってそれDVだから。 洗濯物を強めにはたくとか空気清浄機の前で畳むとか気休め以下。空気清浄機のセンサーは衣類までチェックしてくれません。
花粉症は本当に辛いです。アレルギーですから我慢や適当では困るのです。直ちに命にかかわることはないかもしれませんが、投稿者さんは花粉症くらいで大袈裟だとご主人を見ているのでは? 空気清浄機は衣類についた花粉を全て吸い取ってくれるような便利器具ではありませんし、洗濯機を回す回数を増やさなくてもご主人のものだけ部屋干しすることもできますよね。 この投稿は投稿者さんがしめしめと思っただけの気がする。投稿者さんのこだわりに付き合わされてもそうでなくてもそんな簡単に花粉症が良くなることはないでしょう。
あなたが事故や病気で何かあっても、自分のことは自分でやるんですよね?これ、そういうことですよ。
自分が違うからといって軽く考えて、アレルギーが普通に死亡原因である事を忘れてはいかんね。  自分や子供が発症したら必死になるんかな。空気清浄機がどうとかじゃなくて当事者が嫌なら改善出来ることはしてあげればいいと思う。  辛いのがわからないからこそ余計に相手の事いたわってあげられるといいな
旦那さんの命と健康にまるで関心がないのですね。しかも、自己防衛を始めた旦那さんの行動を「反撃」とは、敬意も感謝もなく見下しているのが丸分かりです。そんな母親を見て育つお子さん、どんな大人になるのか心配です。せめて父親に似ればいいですね。
こだわりという我儘を押し付け、負担が軽減されたと喜ぶ鬼嫁ですね。 旦那さんは我儘勝手を言っているのではなく、健康にまともな生活をしたいと言っているだけなのでは? 旦那さんのためになにかすることがそんなに面倒くさいなら夫婦関係を解消したらいいですよ。家族に殺されるよりその方が旦那さんも良いでしょう。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP