フフンッ。「主婦は大変」というニュースを鼻で笑った夫に「家事リベンジ」した結果は...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ピットブル
性別:女
年齢:53
プロフィール:「今の主婦は過労死レベル」それを聞いた夫が鼻さきでフフンと。カチンと来た私はリベンジしました!

36.jpg

事の始まりはニュース番組。

「今の主婦の労働は過労死レベル」と、そんなワードが耳に飛び込んできました。

そこでは、家庭を持って子どももいて、家事もしている主婦がいかに多いか。

そしてどんなに危険な状態に置かれているのか、それでもママ達は頑張っている。

だから積極的にサポートしようという、そんな内容だったと思いまます。

しかし次の瞬間、このニュースを見ながら「フフ」と夫が鼻で笑ったのです。

そこで夫に質問。「何か面白かったの?」と聞いてみると「過労死って、大げさだよー」と、そんな返事が返ってきました。

きっとこの人、家事労働を軽く見ているのでしょう。

間違いない!

そう考えると猛烈にムカついてきました。

なにせこの人、普段からたまにやる家事すら我流。

どんなに注意しても我が道を貫きます。

ですがこれ、私に言わせれば「手抜き」もいいとこなのです。

洗ったはずのお皿は油でベタベタ。

たまに作る夕食だってそのほとんどがレトルト食品。

洗濯なんてこれまで一度たりともやったことがありません。

それどころか、洋服は平気で裏返しのままで洗濯に出します。

しかし多分、自分ではキチンとできているつもりなのでしょう。

そんな夫ですから、「ホントの意味での家事の大変さ」が分かっていないのだと思えるのです。

...となると、教える必要がありますよね。

早速、行動開始。

これが私流のリベンジなのです。

まず最初に仕掛けたのが「お皿洗い」。

お願いしたらいつもの通り二つ返事でOKして、我流で皿を洗い始めました。

ガチャガチャと大きな音を立てながら洗剤はジャバジャバ、水はジャージャー流し続けて洗います。

あっさりお皿洗い終了。

この間5分程度ですので到底キレイになっているわけがないのです。

そこで夫がみている前で洗い上がりのチェックをしました。

すると案の定、あれだけ洗剤も水もじゃんじゃん盛大に使ったのにもかかわらず、あまり綺麗にはなっていません。

油がベタベタ残っていること、すみっこには食べ物のあとが残っていること。

つまりは洗ったとは思えない汚れっぷりなのだということを伝えます。

そしてそれは食中毒などの衛生問題につながるということも。

それを示しながら告げた途端、「え、なんで?」とつぶやく夫。

すかさず「何度やり方を教えても我流を貫くでしょ。それが原因」。

そんな風にハッキリと伝えてみたら、夫は憮然としつつも現実を前に何も言えません。

そして次はお買い物。

その大変さを体験してもらうために孫2人を一緒に連れ、一週間分の食材を買いに出かけました。

この時買った食材はスーパーの袋にして3袋。

それ以外にお米の袋なんかもあって相当の重さになっていました。

しかし、重さだけが問題ではありません。

買い忘れ防止に注意を払う、割れ物や繊細な食材はつぶさないで運ぶ、一緒にいる孫の安全と悪戯に目を配る。

さらにお金の計算などなど、お買い物は重労働なのです。

この日お買い物の現実を経験した夫はぐったり。

少々反省の色も見せていました。

そこで追い打ちに、私の説教を開始。

「あのね、世間のお母さん達こんなの当たり前だよ。どう思う?」

これには夫はシュンとして「うん」とうなずくだけ。

「帰ったら帰ったで大騒ぎする子供の相手をしながら、買い物の片付け、ご飯、お風呂、お片付け、洗濯だって待っている。だから『鼻で笑うようなこと』はなにもないんだよ」

夫はこの一言で私の怒りを悟ったみたい。

「ほんとに尊敬する。きっと俺にはできないから、ゴメン」

そんな風に反省してくれました。

これ以来、夫は家事のやり方を聞いてくるように。

その実まだまだダメダメなのですが、「キチンとやろう」と、そんな意思だけは感じています。

関連の体験記:どんな予定にも「お袋も誘うか」という夫。決して嫌いではないけど...モヤモヤが止まらない!
関連の体験記:え?これって職業病だったの!? 居間のティッシュがなくなると、他の部屋から持ってくる夫

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

主婦って、本当に休みなしですね。様々な職種の仕事を日々無償でこなしていくんです。 無償です。無償。 こちらの旦那様のように、素直に潔く受け入れてくださる方が増えれば良いのに。 これからの時代の男子達に期待します。
この旦那様のように皿洗いも積極的にやり不具合を指摘しても逆切れもせず最終的に反省してくれると言うより下さるなんてむしろ尊敬です。我が家はいわゆるわんおぺ育児にワンオペ家事。無給無休です。平日は7時過ぎに家を出て帰りは早くて18時の私。二人の子供は社会人と大学生になったので手はかりませんが何をしません。仕事の休日は朝起きてから食事の時以外私は座れる事もありません。何が欲しい?ときかれたら速答で何もしないこと‼️
すんなり受け入れてくれる男性の方が珍しいと思いますよ。 たいがい、我流のまま、説明しても嫌な顔をする男性が多いでしょう。 こちらの記事の方は、とても良い成功例です。 たまにする、お手伝いを 「やってあげてる」感満載で対応してくる男性の方が遥かに多いと思います。 少しでもこれを見て、主婦のお仕事と呼ばれないお仕事を、主婦の先輩である妻から、素直になって聞き入れてくれる旦那様が増えることを願います。
本当にに自分が悪かった事をキチンと反省出来るこの旦那さんは羨ましいです。 我が家庭は自分は何一つ間違って無いと逆ギレされますから
みんな別れりゃいいのに。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP