定年退職後に「仮想通貨の投資」にハマった義父が、アナログな私たち夫婦にも投資を勧めてきて...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ayuko
性別:女
年齢:43
プロフィール:二人の子供、夫と暮らす主婦。成長するにつれてお金がかかる子供たち。堅実に貯蓄をしていきたいものです。

16.jpg

定年退職後再就職はせず、現在はゆっくり自分の時間を楽しんでいる義父。

以前から多趣味な義父ですが、今は仮想通貨を用いた投資にハマっているようです。

昔から義父は自由人。

現役の頃、単身赴任生活が長かったということもあり、家事を含め、身の回りのことも全て自分でできます。

休みの日も自分の好きなように過ごしていて、お盆や、お正月に孫たちが集まっても「行きたいところがあるから」と出かけてしまうこともしょっちゅう。

かといって、家族が嫌いなわけではなく、お土産を買ってきてくれたり、出かけた先でのおもしろい話もたくさん聞かせてくれたりするので、身内一同「義父はそういう人」ということで済んでいたのですが...。

今は「簡単にお金を動かせるからおもしろい」と、会うたびに仮想通貨の話をします。

それだけならいいのですが、主人にも仮想通貨での為替取引を勧めるてくるのです。

我が家は、小学生と幼児の2人の子供を子育て中。

習い事や進学、これからたくさんお金が必要になります。

義父の言うように、簡単にお金を動かせて儲けが出る「確約」があれば別ですが、お金儲けにそんな甘い話はないことくらい分かります。

どちらかというと、アナログな私達夫婦。

電子マネーすらよくわかっていない私たちは、仮想通貨でうまくお金を動かせるわけがありません。

中には仮想通貨でもうけを出す人もいるかもしれませんが、きっとごく一部でしょう。

お金を増やすのは簡単なことではないので、私たちは堅実にお金を貯めて、必要な時に使いたいと思っています。

ちなみに、義父に資本金はどれくらいから初めて、どれくらい儲けが出たか聞きましたが、嬉しそうな笑みを浮かべながら「それは教えられないよ」とのこと。

表情を見る限り、多少なりとも儲けはでているようです。

そして、株のように大きな資本金がなくても気軽に始められるし、低コストでリターンも大きい、なんなら、資本金を貸してあげるから試しにやってみなさいとまでしつこく誘ってきます。

ですが、たとえ義父から借りたとしても、一歩間違えれば元金がなくなってしまうこともありますし、はいそうですかと始めるわけにはいきません。

そこで、私達なりに仮想通貨を調べてみました。

すると仮想通過は相場が動くスピードが早いため、儲けがでた! と思っても数日後には大暴落することもあるとのこと。

タイミングの見極めが非常に重要で、仕事や、家事の合間に手軽にやるものではないようでした。

そこで、このことを理由に、義父にお金を借りてまで、仮想通貨をやろうと思っていないとはっきり伝えました。

そして、義父も目先の利益に惑わされず、人を巻き込まずよく考えてもらいたい、万が一、義父が投資に失敗しても、私たちは何も協力できないとも言いました。

義父が楽しんでやっているようなので、あまり否定はしたくありません。

ですがが、お金のトラブルで親族がバラバラになることは避けたいと思うので、義父にはもう少し自重してもらいたいと思っています。

関連の体験記:お、お義父さん! 私の自作の「お気に入りの寄せ植え」を...ご近所さんに...あげた...ですと⁉
関連の体験記:なぜ? 二世帯住宅での食卓、毎回「義父にだけ」フルーツを出す義母に違和感が...
関連の体験記:一生許せない!陣痛がきた私に対して「心配させることは言うな」と言った夫

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

働いてもないし自分のお金がなければできないですよね。 目先の利益に惑わされず人を巻き込まず、って凄い言い方ですね。お義父さんの気持ちを考えたことありますか?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP