な、な...認知症の母が「母の預金をつけ狙う父」と一緒に通帳を探した、だと...!/ワフウフ

みなさんこんにちは!

ワフウフです。

前回の記事:母の預金を横取りしようと企む父。認知症の母は「預金の存在」すら忘れていて...

年金保険を半額渡さない母・あーちゃんから年金保険を回収するために、母へ渡す月々の生活費を半分以下に減らした父・たんたん。

更に、母の預金額を知ろうと、母に娘たちから通帳を返してもらうよう迫っていました。

しかし、母は自分が娘たちに預けた預金の存在をすっかり忘れてしまっていました。

そして、たったひとつだけ自分で持っていた通帳とカードも(また)失くしてしまっていました。

ある日、母と電話をしていた時に

Image.jpeg

と言われました。

その話は既に何度も聞いていたし、その時はその通帳とカードを探すために実家に行く日を決めようとしていたため、

「うん、知ってるよ。今度探しに行くから大丈夫だよ。」

と答えました。

すると、

Image (1).jpeg

と、言う母。

Image (2).jpeg

驚いて聞くと、

Image (3).jpeg

不思議そうに答える母。

母は、もう何年も前に、

Image (5).jpeg

と気持ち悪がって自分の部屋にカギを付けてました。

そして、父を決して部屋には入れないように気をつけていました。

それくらい父はお金に汚い人なのです。

Image (4).jpeg

思わず声を荒げると母は困ったように

「だって一緒に探してあげるって言うから...」

と言います。

月々の生活費を半分以下に減らしてまで、母からお金をとろうとしている父。

関連記事:母の預金を狙ってたの⁉ 父が「認知症の母」を病院に連れて行かなかった理由は...

そんな父が善意から母の通帳を探してくれるわけがありません。

それなのに、母は自分からお金をとろうとしている人と一緒に通帳と実印を探してしまうのです。

それがどういう結果に繋がるのか、母にはまるで理解出来ないようでした。

Image (6).jpeg

とキツく母に言い聞かせました。

【次の記事】何を企んでるの⁉「認知症の母の預金を狙う父」が母と連れ立って区役所へ...!/ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に! ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP