パートで座りっぱなしで「むくみが酷い」49歳の私。一念発起して始めた「ウォーキング」での失敗談

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:梅の実
性別:女
年齢:49
プロフィール:来年50歳になることもあり、体のあちこちにガタが出始めたので健康によさそうな物事を色々試す日々です。

50.jpg

健康には気を遣っているほうだと思っている私の最近の悩みは、ふくらはぎを中心とした膝下のむくみ。

むくみの原因を調べてみると、血液やリンパの流れが悪くなると老廃物がうまく排出できなくなり、これが一因になるとのこと。

運動不足とか立ち仕事、あるいは座りっぱなしだと起こりやすいそうです。

私の場合はパート先でほぼ座りっぱなし。

動かない時間が長い時にはまめに足首を動かすようにしたり、足湯や自分でマッサージをしたり、整体にも通うようにしました。

ケアをすると少しは改善されるのですが、しばらくすると元通り。

なかなかすっきり良くならずにいました。

「足先の血液を心臓が押し戻すのですが、その力が弱いとむくみますよ」

整体の先生にそう言われ、つまりふくらはぎの筋力が大切なのね! ということに気づき、ウォーキングも始めることにしました。

まずはスニーカーを買わねばと、以前から気になっていたウォーキング用の某有名メーカーをチェック。

値段を調べると店よりネットの方が安かったので、ネットで購入しました。

私の足は甲高で幅もやや広めなのですが、足囲のサイズもぴったりでデザインも好みのスニーカーを見つけました。

ネット購入なので試し履きはなしです。

数日後スニーカーが届きました。

スニーカーには衝撃を和らげるための中敷も入っていて、いい感じ。

ついにウォーキング開始です。

本当は朝歩きたかったんですが、家のことを済ませてパートへ行くまでに時間が作れず、帰宅後晩ごはんを食べて胃が落ち着いた頃に歩くことにしました。

軽くストレッチをした後、遅すぎず早すぎず自分なりにペースを決めて毎日1時間。

ところが、10日ぐらい経った後もまだすっきりしないのです。

なんでだろうと、整体の先生に相談してみたところ、なんと良かれと思って履いていたウォーキング用のスニーカーが原因だったことが分かりました。

まず、私が歩いていたのは夜、つまり1日を終えて足がむくみ、足のサイズが少し大きくなっている時間なのだそうです。

それを考慮せず普段の靴のサイズで購入していたため、サイズが合っていませんでした。

自分では、きゅっと足が締まった感じでむしろ足にいいんじゃないかと思っていたのですが、逆効果だったようです。

悪いことに、スニーカーについていた中敷は衝撃を和らげるどころか、足を余計に圧迫していたようです。
具体的にいえば、むくんだ足を靴でぎゅうぎゅうに押し包んだ状態だったため、足の指がまったく自由に動かせない状態で歩いていたのです。
「これじゃあむしろ歩かない方が足のためにはいいね」

整体の先生に苦笑されてしまいました...。
でも、はくタイミングが悪かっただけで、スニーカーに罪はありません。

私が朝歩く時間を確保できるまでしばらくお休みしてもらうことに。
後日、夕方足がむくんでいる状態の時に店で試し履きをして、足の指が動かせることと圧迫感がないかをきちんと確認。

夜の足は普段より0.5㎝大きくなっていることを確認し、はき心地を確認した後で改めて購入しました。
自分の足を知り、足にあった靴をはいて正しく歩行することで、ようやくふくらはぎのむくみは改善されました。

もし、夜ウォーキングをされていて、思ったほど効果がない場合、履いているその靴をチェックしてみると改善されるかもしれません。

関連の体験記:え!毎月8万円の援助を「20万円にして」って...年金暮らし・85歳の義両親に湧き上がる疑問
関連の体験記:同居する義母が救急病院へ! 近くに住む義姉が付き添ってくれた翌日、私に届いた「驚きのメール」
関連の体験記:5歳と8歳の孫を私に預け「記念日ディナー」の娘夫婦。共働きで子供と触れ合う時間が少ないのに...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP