同居して10年、これって...。「うっかり」では済まない「もの忘れ」が増えてきた70歳の義母

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ブラッミュー
性別:女
年齢:45
プロフィール:3人の子育て真っ最中のワーママです。

14.jpg

義母(70歳)と同居して10年ちょっと。

長く一緒にいるので、義母の性格や生活リズムなどもわかり、義母と言えば「忘れっぽいよね~」というのが、家族の中での共通認識。

主人(41歳)いわく、それは主人が子どもの頃からのようで、何度も「うっかり」をしてきたそうです。

これまでは笑っていられる程度だったのですが、最近は「うっかり」ではなさそうな気がして、認知症なのか...と心配しています。

気になり始めたのは夏の初めの頃。

エアコンが必要な季節になったので、義母に「窓の開けっぱなしにはしないように、気を付けて」と話していました。

しかし、私が仕事から帰ると窓が開いていました。

しかも扇風機は付けてあり、エアコンも入っている状態で。

付けていることをすっかり忘れたいたようです。

エアコンをつけているから窓を閉めてほしいともう一度説明をし、分かってくれていたようですが、1週間後にはまた窓が全開。

結局、1週間置きに同じことを3回したのです。

また、物忘れではないですが、「恥ずかしいこと」が気にならなくなってきたのかなぁ、と思うことがあります。

義母が携帯電話で親戚の人と話をしてる時のこと。

なんと電話をしながらトイレに行ったのです。

そこでトイレのドアを閉めず、大きな声で長いこと話し続けていました。

義母は私が近くにいることは知っていましたし、どうしたのかと心配になりました。

さらに、お金の管理のことでも心配なことがあるんです。

義母のクレジットカードが更新の時期になり、新しいものが家に届いたので、私が受け取って義母に渡しました。

そして2週間ほど経った頃、そのクレジットカードが必要になったので探していたのですが見つかりません。
私が渡したことも覚えていなかったですし、クレジットカードの行方もわからなくなっていました。
義母が言うには、クレジットカードが財布に入っていたことは覚えている。

しかし最近、新しい財布に変えてそれからどうしたかわからないし、古い財布は捨ててしまったとのこと。

きっとその中にクレジットカードも入れたまま捨てたのだろう...と。

あるときには、まとまったお金を銀行からおろしてきたのだけど、何のために使うお金をおろしてきたかが分からない、ということもありました。

これまでにはなかった心配ごとが、ここ1年で続いているのです。

私も主人も昼間は働いているので家を開けてしまうので、何かあってからでは危険です。

一度しかるべきところに相談しにいこうと思います。

関連の体験記:「俺がいなくても平気?」8年間孫育てに夢中だった私が夫のさみしさに気づいた時
関連の体験記:腫瘍が見つかった40歳の妻が書いていたエンディングノート。最後の一行に...涙があふれた私
関連の体験記:「水着が恥ずかしい」「今日も温泉入るの?」義母の意地悪で、温泉大好きな私の旅行が台無しです...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

まだ行ってなかったの。子供の面倒だの見てもらってお世話になっているのにお世話は後回しなんですね。酷くなればなるほど自分が大変になるのに。面倒はみない予定かな。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP