47歳、日々のパートでぐったり...。「加速する老化」に抗うために、私が考え出したルールは...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ヒミコ
性別:女
年齢:47
プロフィール:パート主婦。小学生の子供2人と同い年の夫がいます。

9.jpg

40代後半を過ぎてから年々疲れやすくなり、老化のスピードが加速したように感じます。

夕方パートから帰宅するともうぐったりで、一旦ソファーに座ったらもう立つのも嫌です。

気が抜けて体がずっしり重くなります。

それにパートでは立ち仕事なので腰痛になりやすく、腰をかがめるたびに鈍痛が走ります。

家事をすることさえ辛い日々です。

そんな状態を克服するためにはなにか運動をして体力をつけなければ、と思うのですが、長続きしない性分でついダラダラと楽に過ごしてしまいます。

でも老化は加速する一方、年々もっと辛い状態になりそうで、このままではいけないと考えを改めました。

スポーツクラブに行く時間は取れなさそうですし、運動するにも三日坊主にならないようにはどうしたらよいか。

考えた結果、普段の生活を工夫することにしました。

日常生活の中に運動を取り入れてしまえば、ずっと続けられます。

調べてみたところ、正しい姿勢をキープして腰痛防止、そして足腰を丈夫にして体力向上するためにはお尻の筋肉を鍛えることが良いとのことでした。

でも筋トレは面倒...そこで日常生活で階段を上るときには一段飛ばしで! というルールを作りました。

家の階段、駅の階段、スーパー、パート先の階段。必ず実践するようにしています。

エスカレーターがあっても階段を選ぶのはもう当たり前になりました。

階段の一段飛ばしをするとお尻の筋肉が効率的に使われるそうです。

確かにその通りで、はじめはお尻が軽く筋肉痛になりましたが、体力もつくしヒップアップにもなり一石二鳥です。

血行が良くなるので汗もかきますし、簡単ですが意外にも良い運動になるだけでなく、生活の中に取り入れているので「運動をする」というプレッシャーもありません。

何より気を付けていたのは、無理はしないこと。

欲張って2段飛ばしをしたり、重い荷物を持ったままだと膝に負担がかかりすぎて痛めそうなので、それだけは避けています。

少しお尻の筋肉が鍛えられて体幹がしっかりしてきたのか、パートの立ち仕事も楽に感じるようになってきました。

正しい姿勢をキープする力がついて腰痛も改善されましたし、ヒップアップなど体型維持にもなっています。

残念ですが体重は変わりませんでしたが、仕方ないですね...。

無理なく実践した結果、自然と健康と美容に効果があったようで嬉しいです。
スポーツクラブに通うとか、筋トレをするとか色々な方法があるとおもいますが、パートと子供の世話で忙しい私には最適な方法でした。
年齢とともに体力、筋力の衰えは仕方のないものなので、今後も工夫して健康の為に筋力を付けなければなぁと実感しています。

関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤
関連の体験記:「抱っこさせてくれるの?」名家に嫁ぎ、劣等感にまみれた私の前で、初孫を抱いて涙ぐんだ義母
関連の体験記:離婚して出戻った姉。70歳の母に3人の子供の世話をさせ、自分は漫画を読みふけり...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP