コロナ禍でパートも辞めて、完全な専業主婦に。家族以外の誰とも話さない、孤独な日々...

この体験記を書いた人>

ペンネーム:ayuko
性別:女
年齢:42
プロフィール:夫と二人の子供を育てる専業主婦です。コロナ禍で元の生活に戻れず最近孤独を感じています。

pixta_65773741_S.jpg

小学校4年生の娘と幼稚園年長の息子、夫と4人暮しで、現在は専業主婦をやっています。

新型コロナが流行する前までは、子供が小学校、幼稚園に通っている間に単発や短期のパートをし、隙間時間を利用してヨガ教室へ行っていました。

しかし、3月に新型コロナの影響で突然休校、休園になり、そのまま春休みに入るという事態になったので、子供達の面倒を見るためヨガ教室は泣く泣く退会。

パートもできず完全な専業主婦になったという次第です。

子供を新型コロナから守るのは「ステイホーム」が大事とわかっていましたが、一日中、子供と過ごすのは大変なストレスでした。

そんな中、ストレス発散になっていたのは、好きな時間に体を動かせる、ネットのエクササイズ動画や、先生とコミュニケーションを取りながらできるオンラインレッスン! 

およそ1時間弱、その間だけ子供たちは、お菓子を食べたり動画、ゲームをしてもらい「ママの時間」に協力してくれたので助かりました。

緊急事態宣言中は、時間が過ぎるのが本当に長く、そして楽しみもなく「家族と一緒にいられて幸せ」と思うような余裕は、私にはありませんでした。

今では自粛が解除され、徐々にもとの生活が戻りつつありますが、いつ第二波がくるか分からないので、ヨガ教室の再入会は見送りました。

幸い子供の学校、幼稚園は再開したので、1人時間にオンラインレッスンを続けています。

オンラインレッスンは教室まで出向く時間も省けるし、レッスン後すぐにシャワーを浴びることができて、時短になってとても便利ということをコロナ禍で発見しました。

しかしふとした瞬間に、やっぱり教室に行って直接指導を受けたいなと思うように...。

オンラインレッスンも楽しいのですが、体の使い方はこれであっているのかなと不安になるのです。

間違った動きのままレッスンをしても自己満足で終わってないか? とも。

体に負担がかかってどこか痛めてしまったら、元も子もありません。

専業主婦になった今、「外に出る」ことが、気分転換になるのだと改めて実感しました。

教室に行って、先生や、生徒さんと会話をすることもリフレッシュになります。

現在は、家族以外の人と誰とも話してないという日も少なくありません。

子供が赤ちゃんの時もなかなかお出かけができず、社会との繋がりが減り、とても孤独を感じていたんです。

なんだかその頃の感覚に似ています。

夫は会社、子供たちは学校や、幼稚園で友達と交流があるのに、私は誰とも交流していません。

一旦は落ち着いたコロナの感染者数ですが、またじわじわと増えている気がします。
この状況で、パートを探したり、ジム通いを再開したりするのは気が引けます。

早く薬やワクチンができて、元の生活に戻り、社会との繋がりも再開したいと願うばかりです。

関連の体験記:あなた、母親の自覚はあるの? 長女が「17歳で出産した孫」を家族で育てている我が家だけど...
関連の体験記:「あぶねーな!周りよく見ろよ!」公園で遊ぶ小学生に怒鳴った「若いお父さん」。それ、どうなの...⁉
関連の体験記:「あの名前、良くないんだよー」クラス全員の「姓名判断」をして得意気に批判するママ友...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP