デイ仲間の「愚痴の聞き役」である母。感情移入して「涙ながら」に私に語った話とは.../あぽり

こんにちは!

4人家族のあぽりです。

要介護1で一人暮らしをしている母を通いで介護しています。

母は軽度の認知症ですが、前回、私が駐車場で迷子になって「お前が認知症だ」と言われた話を書きました(笑)。

前回の記事:「私じゃなくて、 おまえが認知症だよ!」認知症の母に大笑いされた「私のしくじり」

そんな母ですが、デイサービスでは仲間の皆さんの愚痴の聞き役になっているみたいです。

その愚痴を私も聞かされるのですが...。

2007aahakken11.png

2007aahakken12.png

2007aahakken13.png

2007aahakken14.png

2007aahakken15.png

Aさんという方の話ですが、同居中のお嫁さんに卵スープを作ってくれないかと頼んだら「めんどくさいから自分で作れ」と言われてしまったらしく。

手が不自由でうまく動かせないので料理は出来ないのですが、どうしても卵スープが飲みたいAさんは、不自由ながらも頑張って作ってみようと思って、今度は作り方を聞いたんですね。

そしたら「自分で調べれば?」と言われたと。

うむむ...!

2007aahakken16.png

母は私に話しているうちに、感情移入し過ぎて今度は泣き出してしまって!

作り方を母が教えてあげたそうです。

母曰く、Aさんはとっても優しい人で普段良くしてもらっている分、そのお嫁さんに腹が立って仕方がなかったみたいです。

2007aahakken17.png

見えている部分と実際の生活は違うから。

2007aahakken18.png

聞いた事だけ鵜呑みにすればひどいお嫁さんと思うかもしれないけれど、(実際にもそうかもしれないけれど)そうなったいきさつがあると思う。

介護する側の苦悩というのもなんとなく分かってしまう私は、お嫁さんが何かひどいことを言ったとしても「ひどいことを言う冷たい人」という、単純な思いでは片付けられない複雑な心境がある。

私も母にひどいことを言ったことがあるし、他人がその部分だけ聞けば「なんてひどい娘!」と思われても仕方ないと思う。

介護する側も愚痴ばっかりなんだけど、介護される側も愚痴ばっかりなんだ。

そんな中で、楽しく生活できるように一生懸命頑張っているんだけどね。

次回も母が聞いた愚痴の話を。

自分の事を言われている気分になることもあります。

【次のエピソード】「私が邪魔だからデイサービスへ行けって言うんだろ」母の愚痴にマジレスした結果は...⁉/あぽり

【最初から読む】いつまでも母は元気と錯覚していた。「プチ介護」の突然の始まり/あぽり

【まとめ読み】母の介護に...夫との大ゲンカも!? あぽりさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

50代の日常を楽しい絵日記で綴っているブログ「絵日記でございます。」を運営。ライブドア公式ブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

コメント一覧

Instagram楽しく拝見しています。 私は51歳で社会人の娘2人います。 一人は離婚して孫を連れて帰り、夜のお仕事をしているので見える距離のアパートに住み、孫は我が家で暮らしています。近くに実の両親がおり、父はパーキンソン症候群でほぼ寝たきり。母が一人で介護していて私は孫が幼稚園に行っている間に介護の手伝いに(あと生存確認…笑)行っています。 お仕事をされているなんてすごすぎです! いつもInstagram経由でブログを拝見していましたが、楽しいお話ばかりで、今回お母様の記事を目にして最初から一気に読みました。 もしもご近所だったら、愚痴の言い合いしてみたいもんだなぁ~なんて(笑) 忙しさや大変さは、その人のキャパシティがそれぞれで、相手の忙しさや大変さを推し量ることはなかなか難しいですよね。 ん~ 何を言いたいのかわからないですが(笑) とにかく、介護にも育児にも手抜きというものがなく(私はもっぱら家事を手抜き)なかなか大変ですが、いつかのんびり大きな温泉で、手足を伸ばしてゆっくりできる日を夢見て頑張りましょう!頑張り過ぎないように頑張りましょう!!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP