デイサービス仲間が母に突然くれたXmasプレゼント。その理由に涙が止まらない.../あぽり

こんにちは!
夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族のあぽりです。
要介護1で一人暮らしをしている母のことを書いています。

前回、デイサービスでのモテ自慢の話を書きました。

前回の記事:すごい効果!母が嫌いだったデイサービスに行く「原動力」になったのは...

今回は、また男性の話なのですが...

ちょっぴり切ないお話です。

1912ahakken01.png

1912ahakken02.png

11月の下旬、母がT村さんからクリスマスプレゼントをもらいました。
こんな風にプレゼントをもらったのは初めてのことだったので、母はびっくり!

1912ahakken03.png

しばらく顔を見ないと思っていたけれど、デイサービスでは「なぜ来ないのか?」とか、たとえば亡くなったとしても、そのことが他の利用者に知らされることはありません。

T村さんは末期がんでずっと入院しており、もう余命も1か月くらいしかないとのことでした。

一時退院している時に、わざわざ顔を出して下さったのです。

1912ahakken04.png

「いやぁ...本当に楽しかった...♪」
と、しみじみ語るT村さん。

いい思い出になりました、と言ってくださいました。

1912ahakken05.png

このままだと御礼も何も出来ないまま、そしてもう顔を見ることも出来なくなるので、その前に一度会いたいと思っていたそうです。

買い物も、今日ここへ来たのも、娘さんに無理を言ってつきあってもらったそうです。

1912ahakken06.png

日常生活もままならない状態だったのに、母にプレゼントを渡すだけの為に来て下さったそうで...。

渡すと、また娘さんに連れられて帰っていきました。

最高の笑顔を残して。

きっとかなり無理して来て下さったのだと思います。

私のイラストは元気そうな顔で書きましたが、実際には支えてもらわないと歩けないほどだったそうで...。

1912ahakken07.png

母から聞いて、 泣ける泣ける...。

話ながら、母も泣く。

2人で、頂いたブランケットを見ながらT村さんを想い、泣いたのでした。

暖かそうで女性らしい色合いのブランケットを、T村さんはどんな気持ちで選んだのかな。

選んでいる時、きっと笑顔だったんだろうな。

1912ahakken08.png

母のところに、T村さんというサンタクロースがやってきたお話でした。

ご自分が辛い時に他人の事を想えるって、その人のお人柄が分かるような気がします。

80年以上生きてきた人の振る舞いは、それまでその人がどんな風に生きて来たのかが見えて、自分の先を走っていた人生の先輩として、赤の他人の私でさえ、誇らしく思えるのでした。

少しでも苦しい時間が少なく、最後の時を迎えられますようにと心から祈っています。

母の介護に...夫との大ゲンカも!? あぽりさんの記事リストはこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

50代の日常を楽しい絵日記で綴っているブログ「絵日記でございます。」を運営。ライブドア公式ブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

コメント一覧

私の母は認知症の要介護5で今は施設でお世話になっています。発症してから早12年。今は私の事もわからなくなりました。父も7年前に突然亡くなりました。あぽりさんのブログを読んでいると色んな事を考えさせられます。会いに来てプレゼントを持って来てくれたおじいちゃんは本当に楽しかったんだろうな〜って。そしてあぽりさんのお母さんも素敵な人なんだろうな〜って。
泣けます
切ないけど粋な方ですね その方の娘さんもあぽりさんのお母さんに感謝されてますよ  良い出会いがあって良かったです
泣いてしまいました
泣けました。切なすぎます。 そして、T村さんとあぽりさんのお母さまの素敵な出会いに感動しました。 年を重ねても、素敵な出会いってあるんだなあ。
読んでいて涙が出ました
寝る前に読んで号泣です
泣いてしまった!!なんて素敵な方。。いい話をどうもありがとうございます。
あぽりさんより年上のおじさんですが、通勤電車の中で涙が止まりません。
泣けますね
私もT村さんが、穏やかな最期を迎えられる事をお祈りします。T村さんがサンタさんなら、あぽりさんのお母さんは、T村さんにとって癒しの女神だったと思います。電車の中で読んだら、あかんやつでした(泣)
何時も楽しみに読ませて頂いて居ます。素敵なご家族で何時もこんな風に過ごして来たかったなァーと思って居ます。 これからも楽しみに読ませて頂きます
素敵な話しですね。 この殺伐とした世の中に 辟易してましたが、少しほっこりしました。
生きてるうちにお返しのクリスマスプレゼントをあげに行ってほしい!と思ってしまった。 まだクリスマスまで日にちあるし お母様はその方に比べれば元気そうだし。貰って泣くよりも、して頂いた善意はどうかお返ししてほしい。
悲しくて、切ないけど、心が温まるお話でした。少し人に対して疲れてたんですが、勇気をもらえました。ステキなクリスマスプレゼント、ありがとう
いつも楽しみに見させて頂いています 泣けました でも 心がほっこり 最期に 力をふりしぼって お礼が出来て きっと嬉しかったと思います わざわざ 連れて来てくれた娘さんにも感動✨
もうこれドラマ化決定でいいよ・・・(T_T)
元デイサービス職員です。デイサービスで友情や恋に近いものが芽生える事はよくある事で、微笑ましいエピソードはいくつか聞いていますがここまで良いお話は聞いた事がありません。どうか安らかな旅立ちでありますように。
思わず泣いてしまいました… 素敵なお話をありがとうございます…‼︎‼︎ 私も祖母との時間をもっと大切にせねばと改めて感じました! 家族以外の人に、最期のときにそう思ってもらえるなんて素敵です(^ ^)
泣きました。最近人間関係に疲れてしまっていたので、励まされました。こんな素敵な方に出会えるなんて幸せですね。
素晴らしい! 全日が泣くでしょう。 私は目から水が出ました。 クラシアンを呼ばないと。
こんな風にできる人になりたいです。
元デイの生活相談員です。 こんな素敵な場面、もしも自分が勤務してたデイで遭遇したなら、号泣してたかもしれません。 T村さん、生粋のイケメンさんなんですね。そして、お母さんも生粋のいい女さんなんですね。 私もそんな風に関わってくれる人達に感謝出来るような歳の重ね方をしていきたいです。 素敵なお話しを有難うございました!
あぽりさんのお母さんやT村さんのような歳の取り方をしたいです。 今からでも間に合うように日々を過ごします。 とてもよいお話をありがとう。
仕事の面接待ちの時間で大号泣。元介護職員ですが私もそんな話生まれて初めて聞いたという感じです。そんなお二人に少しでも近づけるように人生頑張っていきたいと思います。
泣けた! シェーグレンで涙の出ないアラカンですが、久しぶりにボロボロと。 ちゃんと生きていこうと思い直しました。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP