どうしても憎めない...。私に「仕事を丸投げ」してくる上司の「アメとムチ」仕事術

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みぃや
性別:女
年齢:47
プロフィール:23歳で授かり婚をして、4人の子供に恵まれるも12年ほどで離婚。親権を男の子2人を元主人が、女の子2人を私がという形で分けました。現在は子供もみな独立し、孫も2人います。

37.jpg

私は現在47歳。

3年ほど前まで勤めていた前職で約8年間、パソコンのメンテナンスをしていました。

メモリの交換や、動作チェック、データの移行などあらゆる仕事を、人手不足もあってほとんど1人でこなしていました。

ある時私は、足の手術で数週間お休みをしました。

そして職場に復帰すると、デスクの上にノートパソコンの山、山、山...。

所長からの丸投げ案件です。

「そのパソコンのデータ、消しておいてねー」

全部で6、7台あったと思います。

そのほかにハードのアップデートなども1人でこなします。

もう何でも屋でした。

一番大変だったのは、業務用ルーターの初期化でした。

ルーターとは一つのモデムから、複数台のパソコンを一度に接続できる分配器のようなものです。

パソコンのことはある程度何でもこなせますが、業務用ルーターとなると話は別です。

パソコンと接続して、ルーターの内部にコマンド(命令)を出して入り込み、工場出荷状態(初期化)にするのは結構大変でした。

ネット上のあらゆる情報を調べ、格闘しました。

何とか工場出荷状態に戻して「終わりました」と所長に声をかけると、「それ、オークションに出品しておいて」とまたも丸投げ。

もう、笑うしかありません。

所長は私よりも若く、物腰も柔らかいのですが、目の前に仕事があるととにかく誰かに割り振って、自分は補佐に回る...と考えている人でした。

まあそう考えると、私は自力で何とか解決するタイプだったので、所長としては楽に使える人員だったのかもしれません。

だから、所長からの仕事の指示は「○○しておいてね」の一言だけ。

丸投げされたほうの私は目が回るほど忙しく、一日の仕事が終わる頃には、生気を吸い取られたかのようでした。

でも...所長は憎めない!

仕事以外ではめちゃくちゃ優しいんです。

職場で福利厚生の一環として、みんなで回転寿司を食べに行った時のことです。

そこの回転寿司はよいネタを出す分、一皿の値段が高く、一番高いお皿は500円を超えるんです。

その高いお皿の中に、私の大好きなウニもありました。

回転寿司に行く時に「好きなものを好きなだけ食べていいよ」と言われたので、私は「じゃあ、ウニ、ウニ、いくら、ウニ、いくらって食べますね」と言ってみたところ「いいよ」と笑顔の所長。

実際にはそんなことしませんでしたが、かなりの金額を私1人で食べました。

それでも「よく食べるねぇ」と笑って済ませてくれるのです。

こんな人なら普段の無茶ぶりも許せる! と思った私。

でも今思うと...飴と鞭だったのかな?

関連の体験記:「抱っこさせてくれるの?」名家に嫁ぎ、劣等感にまみれた私の前で、初孫を抱いて涙ぐんだ義母

関連の体験記:私だけ留守番か...私の上司である義父を後ろ盾に、反対した「海外への家族旅行」を決行した妻
関連の体験記:家を建て替える間、お世話になる予定だったのに...実家から追い出された私たち家族。その原因は...⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

経費でしょ。別に所長さんの腹が痛むわけでもなく、支払いも会社に丸投げ。 まぁ仕事を割り振って補佐をするのは普通のことでは?自分で一度もなんの案件も持たないなら問題だけど。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP