そのパンツ、履くことすらできないじゃない...。52歳の「痩せたら着るから」夫との収納バトル

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:51
プロフィール:兼業主婦です。最近クローゼットを整理で断捨離実施中。

30.jpg

私には、結婚して20数年経つ、今年52歳になる旦那がいます。

旦那は昔から痩せ型というわけではありませんでしたが、かといってそこまで太っているという印象も無い人でした。

いわゆる普通体型で、ずっとLサイズ程度の服を着ていたのです。

長年体型もあまり変わらなかったので、シャツなどはブランドが同じならサイズも変わらないだろうからと、試着せずに買うこともあったほどでした。

しかし、会社の人事異動で昇進すると、お付き合いが増えたせいで飲み会や外食も必然的に増えました。

そんなこともあって、次第にベルトの上に余計なお肉がのっかるようになり、気が付くと見事なメタボ体型になってしまっていました。

健康面ももちろん心配なのですが、それとは別に困ったことが出てきました。

旦那は、メタボ体型になった自覚はあるものの、「少し運動すればすぐにもとに戻る」と思い込んでいるふしがあるのです。

そして困ったことに、その思い込みのせいで、サイズが合わなくなった洋服を捨てようとしません。

私は、「整理整頓」は、ある程度きちっとしておきたいタイプです。

とくにクローゼットは、すぐに着たい服を取り出せるようにしておきたいので、もともと多く衣類を持たないよう、整理を心がけています。

おしゃれに興味がないわけではなく、いいように言えば好きな服をアレンジしながら着まわす方が好きなのです。

ドレスや着物など特別な時にしか着ないもの以外は、タンスに寝かしておくのがもったいないといった感じでしょうか。

なので、普段から洋服は整理しておきたいのですが、それを邪魔するのが旦那です。

旦那はサイズが合わず着られなくなった服を捨てようとすると、とたんに不機嫌になります。

太った体型に合わせて服を買い足しているので、収納しきれない服は整理したいのですが、旦那は「まだそれ着たいんだよ」と言って拒みます。

そうした服の中には、昔旦那が気に入っていたパンツなどもあるのですが、現在はウエストサイズが合わなくて「履くことすら出来ない」ものです。

「痩せれば着られるから置いておいて」

旦那の言い分もわかるのですが、実際仕事も忙しく、そこまで運動や節制が出来る状態ではないので、痩せるのはいつになることやら...。

なんて悠長に構えていられる状況ではなく、普段着やスーツは体型に合わせて新調しているので、旦那の服は増える一方です。

収納と整理...ほとほと困っています。

関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...
関連の体験記:「夫からはもうもらえない。3万円貸してほしい」小学校時代のママ友から届いた「借金のお願いLINE」
関連の体験記:娘の私のため、頼まれた友人のため...マスクを求め開店前のドラッグストアに並ぶ母に複雑な思い...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

すぐに戻せると言うなら、新しいものは買わない。服に体を合わせてね、という。 無理なら痩せたら新しいものを買ってと言って合わない服を処分。 とはいえ自分もなかなか思いきって処分できないタイプなので投稿者さんが羨ましいです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP