痛い目に合わな、わからんな...買い物にいちいち口出しする夫を黙らせた「ある食事」/かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。

現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。

今から36年以上前の、結婚当初のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:うちの車は姑のタクシーじゃない!夫が姑と交わしていた「ありえない約束」

pixta_32551962_S.jpg

新車購入の頭金を姑に出してもらう代わりに、車をタクシー代わりにしていいと勝手に約束していた夫。

そのことを咎めると夫は無言で立ちあがって電話を取り、姑に電話を掛けた。

「あ、僕やけど、当分そっちとは行き来せぇへんから!」

夫が姑に電話を掛けてから連絡も何も無かった。

我が家が平和になったと安心するよりも、どうせまたすぐに泣きを入れて来る息子を分かった上での、姑の様子見なんだろうと思った。

それでも通いの家政婦の様な生活と、週末泊りがけで行く(徒歩2分なのに)義実家での生活が無くなり、生活苦ではあったものの親子で暮らせるのは私にとっては気が楽になった。

義実家に行かなくなってからの夫の休日は、あれほどまでに毎回姑と出掛けていたのとは打って変わり、車で1時間ほどかかる所にある食料品の量販店に買い出しに行くのみとなった。

今で言う業務スーパーのような店で、とにかく1つあたりの量が半端なく多かった。

夫から交通費がもったいないから1週間分の食材をここで買い、一切家から出ずに済む様にと言われた。

マンションからスーパーのある駅前まで行くにはバスを使わなければならず、歩くと山あり谷ありの傾斜が多い道で、片道50分はかかる。

行きは歩いても帰りはバスを使っていたので、バス代が150円(当時)かかった。

もちろん節約生活をするうえでは、まとめ買いをしてそれを上手に消費すると言うのはわかるが、とにかく買い物にいちいち夫が口を挟む。

鶏肉を買ったのに何で牛肉が要るんだとか、豚肉を買うならハムは要らないだろうとかいちいちうるさい。

鶏肉が安ければ2キロでも3キロでも買い、鶏肉が延々と続く食卓でも自分は平気だと夫は言う。

別に贅沢をするわけではないが、子供にはいろんな食材を食べさせてやりたいと言っても、それはお前が食べたいだけだろうと言う。

店の売り場でかごに入れても夫はそれを戻して来てしまい、あれは要る!これも要る!いいや要らない!と喧嘩になった。

「料理もヤリクリもしないあんたになんでそんな事を言われなあかん?」

それでも夫は私がかごに入れる物をチェックしては、無言で売り場に戻すのをやめず何も買わずに帰った。

そこで身をもってわからせようと、その日の夕食は「具無しのインスタントラーメン」のみで、次の日の朝食は「ご飯と漬物」のみ。

もちろん弁当も「ご飯と漬物」だけを持たせた。

帰って来た夫から悪かったと詫びられ、次の日に夫は有休を取って再び量販店に行き、それからは買い物にごちゃごちゃ言われなくなった。

夫自身に痛い目に遭って貰う事が一番効果があった。

買い物以外の外出は全く無く、子供を公園に連れて行くことにさえ、夫は自分が休めないと言った。

かと言って、私が子供を連れて公園に行ってくると言うと、私が遊びに行きたいと言っているかのようにあれこれと家事の粗探しをし出し、外に遊びに行く暇があるのかと家から出る事を禁じられた。

夫が家に居るからと言っても、別段子供と遊ぶこともせず、もちろん抱く事もせず、一人でテレビを見たりゴロゴロして過ごしていた。

けれども義実家に行くよりましだと思い、居ても居なくても当てにするから腹が立つんだと自分に言い聞かせ、夫の休みの日だけだからと諦めた。

子供も父親が休みだからと言って、遊んでくれた事も無ければ抱っこをしてくれた事も無いので、夫にまとわりついたり遊んでくれとせがむ事も無かった。

そんな日々が半年くらい続いた頃、義伯母(姑の姉)から電話が来た。

『お義母さんの面倒見てあげてくれないかしら?』

続く

【次の記事】義母の入院。散々虐められたのに「あなたが面倒みてあげて」と親戚中から電話が.../かづ
【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

【まとめ読み】凄絶な嫁イビリに夫との対立...かづさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

細かいのに動かない。共感します。頑張っておられて偉いなと。私は、今我慢の限界です。はたまた、田舎に逃げたい心境です。こんなコメントですみません。
典型手なモラハラ夫。 お子さんも不憫なので、離れることを考え一歩一歩動くことが良いかと思います
読んでて、他人事やからおもろいけど、反面イライラする。 なんで離婚せぇへんの? 今の時代、訴えたら勝てるっしょ。
子供が父親に寄り付かないの辺りでほくそ笑んでしまった。多分この時お子さんは『誰か知らない男が家にいる』って思っていたのでは。
介護で、振り回された日々の日記大変でしたね。旦那さんとの買い物も、ごちゃごちゃ言うなって。 確かに(笑) 私も義母に振り回され介護、 介護日記つけてましたよ。パートしていて、休日主人と一緒に病院に、それで1日が終わり。気分はイライラするし、 義母のナースコールから、施設追い出されたり。病院探しや、色々 。 今年一周忌です。 やっとのんびり出来、 今貴女のブログ読むのが楽しい。
買い物なんて一人で行きなさいよ。あんたは文句言うから一緒に行けないとはっきり言う。
私も結婚した途端 似たような経験が数年...耐えて耐えて激痩せし、死にそうでした。 こんな姑舅、こんな夫、私だけじゃないんだって読んでて元気出ました。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP