堅実な祖母が孫たちにかけてくれていた保険が満期に。でも確認すると元本割れしているようで...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:大家ぽん子
性別:女
年齢:64
プロフィール:コロナショックで手持ちの株式が大暴落! その後少しづつ戻ってきたことにほっとしています。

44.jpg

いまだ1人暮らしを続ける、現在88歳の義母の話です。

義母は普段の生活は堅実そのもの。

無駄遣いもせず、かといってケチでもなく私から見ても「しっかりしたお姑さんだなあ」と思っていました。

結婚式の時も、節目節目の孫のお祝いの時もまとまった金額を渡してくれ、夫の実家は裕福なのかと思い込んでいました。

ですがそれは、義母の手腕があってのことだったようです。

夫に言わせると、義母は若いころからお金のやりくりが得意だったそうです。

数字に大変強く、消費税が導入されたときも計算機も使わずにお店の人より早く合計を出してしまうこともあったそうです。

そんなしっかり者の義母ですが、昔はお金で大変苦労していたそうです。

夫である義父が非常に短気な上に職人気質で、気に入らない仕事を受けなかったり、仕事自体やめてしまったり、急に店を始めたりと、義母はかなり振り回されていたとのこと。

そんな中、義母は3人の子供を育て上げるため、いろいろな節約や「財テク」(今でいう資産運用)をしていたそうです。

保険やら国債やら、いろいろなものを試してお金を作り、立派に3人の子供を育て上げました。

ある日、我が家に娘名義の保険の満期のお知らせが届きました。

私にも夫にも覚えのない保険会社の物でした。

どうやら義母が孫たちに保険をかけてくれていたようで、10年ほど前に満期を迎えた自分の保険を、孫たちの名義でかけなおしていたようなのです。

「相続税対策よ、いつ死ぬかわからないから若い人たちに使ってほしいのよ」

そう言っていたと、夫を通して聞きました。

大変驚きつつもありがたく、娘たちと一緒に保険の契約の確認をしました。

ですが、よく調べてみると、掛け金に比べて満期金がだいぶ少なくなっているのです。

私の娘6人分で、10年かけて130万円ほどの掛け金を支払っていたのに、満期で戻ってきたのは100万円強くらい。

義母の性格からして、おそらく甥や姪にも同じようにかけているのでしょう。

合計すると100万円近く損をしていることになります。

義母が夫たちを育てていたころは、保険も国債も金利が5%を超えていた時代です。

10年も預ければ、元のお金が1.5倍ほどにもなる事も普通だったと聞いています。

ですがこの超低金利時代は勝手が違ったようなのです。

金利が高かった時代の感覚で、義母がポンポン保険契約していたことにも少し驚きました。

しかし、孫たちがお金に困らないようにとの祖母心だったのに、大金を損していたのかと思うと、いたたまれない気持ちになりました。

関連の体験記:自家用車2台で!?「曾祖母の住む関西へ行こ」と突然、親族10人での旅行を計画した義母
関連の体験記:これ、旅費ね。残ったお金はとっておいて」お義母さん...あなたが使い過ぎて全然足りてませんから!
関連の体験記:しょ、ショッキングピンクのランドセル? 義母から娘へ「驚きの入学祝い」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お孫さん名義でかけていたのに親権者はご存知なかったのですか?あり得ませんね。ご主人がご存知だったのかいい加減な担当者なのか。 内容にもよりますが例えば医療保障とか、特約がついていれば元本割れしますね。10年前の商品であれば学資の積み立てて元本割れるものは聞いたことがないですね。 郵便局や民間の生保会社など不祥事が報道される昨今気になってしまいますね。 でも素敵なお義母さんですね。旦那さんも素敵な人に育てていそうだし、その、旦那さんに見初められた投稿者さんも、素敵なんだろうなぁ。
相続税対策といっても投稿者夫婦がご存知ないということはお金の流れを証明するものも贈与したという書類も何もないのですよね。対策になると言われて契約したのでしょうが困りますね。まあ税務署もいちいち全ての案件を調べるわけではないからバレない人のほうが多いのでしょうけど。 元本割れしているのは特約なり保障なりがセットになっていたのではないですか?
満期のお知らせがくるまで気づかなかったのですか?今時はどこの保険会社も毎年加入内容のお手紙が届きますよね?全く気にしなかったのですか。お義母さんのお財布事情よりも、勝手に保険をかけられていたことや満期まで気にしないルーズさのほうが心配。
学資保険でしょうか? 今時期 満期を迎えられている学資保険は、おそらく「貯金のつもりで」という思いで加入されていたと思います。貯金=増えるというのは当然ですし、実際 このタイプの保険はそう思われている方が非常に多いです。 保険契約の内容が分かりませんので、推測になりますが 死亡保険と医療保障が付いているものだったと思います。保険は本来 保障を買うものなので、貯金とは違います。 ですから 元本割れという表現も違います。 保険募集人(外交員)のアンモラルが報じられて 本来の「保険」に対する印象が歪んでしまっていることに胸が痛みます。 しっかりと認識いただけない契約を結んだ募集人の責任は重いのですが、大切なお金が動く契約で保険の内容を正しく理解して頂くことも必要です。 保険の保障期間中に病気やケガで入院することが無かったことを「良かった」と思えれば。 お孫さんのために。と保険に加入したお義母さんの選択は間違いでは無かったと思います。
国債は金利だけど、保険は予定利率では?保険を預けて5%で利息がつくわけてわはありません。 相続税対策といっても保険をかけただけで何もしていなければ対策にならないし。 このような保険に対しての知識不足は心配ですね。いいように思い込んでクレームをつける人は大抵分かっていない。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP