75歳の母よ、頼むから「ゆっくり」して...コロナで「おうち時間」が増え、改めて思い知らせれたこと

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ゆらら
性別:女
年齢:51
プロフィール:75歳の母と同居しています。朝から晩まで忙しく動いて休むことを知らない母。私は真逆なのんびり屋です。

32.jpg

私が幼い頃から、母はとてもせっかちで一日中動きっぱなし。

働いている姿と、休みの日に家中を掃除している姿しか記憶にないほどです。

どちらかというとのんびりでマイペースと言われる私は、そんな母が私の周りでバタバタと動き回る中で、ゴロンと寝転びテレビを見たり漫画を読んだりして育って来た気がします。

結婚して自分の家庭を持ってからも、私は変わることはありませんでした。

ただ母がやってくれていた掃除や洗濯などを自分ですることになり、母のお蔭で自分が何もしてこなかったのだと気付かされました。

でもやはり性格は違うので、家の中のことをしながらも私はマイペース。

どれも適当だしのんびりとした自分の時間も作りながら、気楽に生活してきた気がします。

そんな状態で30年近く過ごして来た後、父が亡くなり1人になった母との同居を始めました。

30年も自分なりのやり方で生活してくると、流石に母との暮らしは遠慮があったり我慢があったり難しいなと感じます。

特にこの「せっかちで動きっぱなし」な母と「のんびりでマイペース」な私のギャップはかなりのストレスになっています。

母が働いている間は、私も家で自分の時間を過ごせるので良い具合に息抜きができていて、そのおかげで乗り切ってきたように思えます。

それが新型コロナウイルスの影響で、母が休みの日が多くなると状況が変わりました。

もともと仕事が休みの日の母は、朝から友達と喫茶店に行きそのままランチも済ませ家に帰って来ます。

そして午後から部屋の掃除をしたり庭の草取りをしたり、草取りの最中にご近所さんとお喋りをしたり。

買い物に出掛けたついでにまたお茶に出掛けたりして、帰って来ると夕食の支度をしていました。

しかし、外出が自粛になったことで、そのほとんどができなくなったのです。

朝食をとり洗濯を済ませるまでは普段と変わりません。

でもその後に出掛けることができない母は、庭に出て草取りをしたり掃除をしたり。

いつもより念入りに普段できない場所を掃除すると言って、押し入れの中のものを全部出して片付け始めたり。

ある程度は、自粛期間中のどこの家庭でもあったことだとは思います。

私も良い機会なので、断捨離のつもりで片付けをしていました。

でもやはり私は在宅の仕事をしながら、ときどき休憩をして残りの時間にぼちぼち整頓しようという程度。

一方母は、食事の時間以外はガッツリと家の中の片付けをしたりするのです。

さらに「あれはどうする?」「これはもう要らないの?」と細かく声を掛けてくるようになり、結局私は自分のすることに集中できずイライラしてしまいます。

「ねぇ、たまにはゆっくり座ったら?」

我慢できず声を掛けると「そうだね」と言っていったんは手を止めてくれます。

そしてソファに腰を下ろすと僅かな時間まるで電池が切れたかのように動かず、しばらくすると手の届く場所が気になり始め、テーブルの上を片付けたりテレビ台を拭いたり。

せっかく落ち着いたと思ってもゴソゴソと動き始め、結局立ち上がりカーテンを洗おうかとか、テーブルクロスを変えようかとか、また動き始めるのです。

「お母さんはとにかく動いていないと気がすまないんだね」

あまりにも気になったので、ちょっと嫌味かなと思いながらもと言いました。

「何かしていないと落ち着かない。勝手にやってるから気にしなくて良い」

そう言われては返す言葉がありません。

こうなると、本当に私と母とは根本的に性格が違うと思うしかありません。

でも、あれこれと動き回る姿がどうしても目に付き、私自身も落ち着かないのです。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、以前と同じ生活が戻ってきたわけではありません。

コロナの第二波が来て、またせわしなく動く母と一緒に過ごす日が来るのかと思うと、気が重いです。

関連の体験記:連絡なく突然家に来る母。なぜ!?と問い詰めると、同情できる理由が...
関連の体験記:孫が生まれるなら、自分も生きる! 手術を決意した父は、10年間全てを孫に注ぎ込んで逝った
関連の体験記:認知症の母が、妹の家で2度のおもらし。妹は「しっかり者だった母」の現実を受け止めきれず...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

いやいや高齢の母親を働かせていないでやりなさいよ。性格とかいう問題じゃない。なんでもかんでもやってもらっていつまで娘でいるつもりか呆れる。お世話になっているんだから動かないなら給付金渡したら。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.08.20
同感です
私の母は、自分が動いていて私が動かないと怒りだす人だったので、ゆららさんのお母さまはとってもいい方ですね!
家も同じです
お母さんが亡くなったら家の事は誰がやるの?何がどこにあるかも分からなそう。自分の住んでる家なのだからやるべきだと思うけど。
いやいやゆららさんが高齢のお母様を働かせてるわけではないでしょ。ゆららさんにも自分のペースがあり自分のペースで動きたって事なんだから、、、 私もゆららさんタイプなのでお気持ちスゴくよくわかります! お母様は何かしらやって動いている方が落ち着くのでしょうね…羨ましいです…お母様にウチに来て欲しいくらいです♪
投稿者さんと同じペースでやったら間に合わないんでしょ。同じようにするのは無理だからせめて見習って少し意識して動いた方がいいと思う。
投稿者がマイペースならきちんと動くお母さんもマイペース。そして引きこもりニートの娘もマイペース。 マイペースって都合のいい言葉ですね。自分一人で生きていくならいいけど誰とも関わらないのは不可能。 まだ数十年ある人生を考えたらきちんとした方がいいと思う。
手伝えっていう意見が思ったよりあって驚いてる…。もちろんたまに手伝うのはわかるけど。 きっとそのお母さんはずっと動いてなきゃ気が済まない人なんだから、投稿者さんがずっと合わせるのはきついよ。逆も然り。 性格が違うんだから、ほんと難しいけどお互いどこか譲歩していかないとですね。
ゆららさんのお気持ちも、お母さまのライフスタイルも、どちらも温かみを感じます。とは言えお互い気にしないで生活するのも、実際難しいですよね。だけどお互いのスタイルは、もう変わらないと思います。これは真の親子であろうと、嫁姑に於いては、どんなに仲良く見えても、一生平行線です。もうそれは夫婦にも言える事だと思います。(そうでない方々もいらっしゃるとは思いますが。)解決策は、同じ屋根の下にいるけれど、あまり、関わらないようにする時間を増やす事だと思います。その方法は、やはり 貴方様ご自身が工夫することだと思います。状況が詳細にはわかりませんから。まずは穏便に関わらない時間を増やす。だと思います。
確かに、どちらかというと、私はお母様のタイプでした。と過去形になりますが。病気になってから思うように身体が動かなくなりました。動きたくても動けないのです。何が言いたいかと申しますと、お母様は元気だからこそ、動いていられるということです。病気を患ってしまうと、きっと今みたいな行動はできなくなります。お母様が元気で片付けてくれているからお家が綺麗で保たれているのでは無いでしょうか。だから、お母様が、元気でいてくれて色々と片付けてくれていることは、いずれそれができなくなることも来るということ。いつか投稿者さんが懐かしく感謝する時がくるとおもいます。とはいえ、投稿者さんがストレスを抱えてしまうのもわかります。なのでお互いの約束ごとを決めてみてはと思います。例えば、可能なら、投稿者さんが自宅でお仕事をしているときは、近くで余程では無い限り話しかけないようにしてもらい、側での片付けはしないようにしてもらう。または、後で自分でするからと約束をしてみるのも良いのかなと思います。お母様もお仕事されている方のようなので理解はしてくださると思います。お母様が元気でいるからこその悩みですね。
私も父が亡くなって母と少しだけ同居する時があったのですが、家庭に2人主婦がいると本当うまくいかないです! お互いにストレスになり同居は無理だと思いました。 手伝った方がいいとか、意見があるけど、自分のペースで今までしてきたことを常に動かないと気が済まない母親のペースに合わせることは本当に苦痛だと思います。 私もついキツイ口調で嫌味を言ってしまって後で悔やんだりの繰り返しで、頭に10円ハゲまでできました(>_<) 性格が同じでも衝突すると思います。 逆に子供の頃のように全部やってもらって当たり前の気持ちでいることが一番ストレスにならないかもしれませんね。 お母様も動いている方が健康にもボケ防止にも良いと思います^_^ 早くコロナが終息して元の生活に戻れることを祈りましょう。
私もコロコロさんの意見に賛成です。 主人の両親と暮らして20年近くなります。 マイペースな両親には最初は戸惑いました。 自分の親と同じ年ですが、育った環境の違いに昭和の人でもこんなに違うのかと思ってしまいます。 比べても仕方ないので、自分なりのペースで出きることをお互いにして楽しみを作って行くことがこれからの過ごし方だと思いますが…… 自分を大切にしてください。
ご結婚されているのですか? 自宅でお仕事して、今コロナで時間持て余している人も多く。 お母さまもそれなんですね、 元気過ぎて、 掃除とか手伝ってくれる事に感謝して、私は在宅で仕事中だから、 仕事中は、声かけないで。 お母さま、お散歩したり、本読んだり、落ち着いて出来る趣味を持つ様勧めたら。 親子だから、余計お互いの距離が近過ぎるんですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP