「子供のケガは母親の責任や!僕に責任来たら困るっ」こんな夫に...子供を任せられるか‼/かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。

現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。

今から36年以上前の、結婚当初のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:義母の入院。散々虐められたのに「あなたが面倒みてあげて」と親戚中から電話が...

pixta_40241628_S.jpg

膝を悪くして急遽手術することになった義母。

入院中に身の回りの世話を頼める人がいないとあちこちで言いふらしているようで、親戚中から「あなたが面倒をみてあげて」と責められることになった。

そうこうしているうちに姑は入院した。

入院は舅と二人でタクシーで行ったと夫から聞いた。

着替えの入れ替えの件は、なんと入院中に使う分の下着などは全て持って行ったらしく、汚れ物は舅が見舞いに行った時に持って帰る事になったらしい。

かと言って舅が洗濯をするわけではなく、洗濯物はずっと溜め込んでおくらしい。

舅の食事は全て外食か持ち帰り弁当で済ませるそうで、私が何かをしなければならないわけではないので知らん顔を決め込む事にした。

姑の入院中、舅からこれと言って連絡が来る事も無く、また夫からも姑の様態などを聞く事も無かった。

もちろん私からは聞きたいとも思わなかった。

気がついたら2週間ほどが過ぎていた。

夫から次の休みに子供を連れて姑の見舞いに行くと聞かされ、その日は先に行っている舅を乗せて帰ると言う。

夫が一人で子供を連れて面倒を見るなんて事は出来ない。

一度やって見せてと言うような、そんな子供をむざむざ危険な目に遭わせる事なんか出来ない。

こんな事があった。

買い物に行っても夫は荷物は持たないし、子供の面倒を見る事も無い。

荷物を持ってと言うと夫はこう言う。

『え?僕ポーチ持ってるし!
 片手開けとかなあかんし!』

ポーチには長財布とコインパースと筆記用具が入っているだけだ。

だったら子供の手を引いといてと頼むとこう言う。

『ケガさせたらどうするん!
 責任持たれへんで!?それでもええん?』

一度エレベーター内で、ドアの戸袋に息子の指が挟まった事があった。

家族3人でエレベーターに乗っていた時、息子がドアに手をついてしまい、ドアが開いた瞬間に戸袋に指が引き込まれてしまったのだ。

痛い痛いと大声をあげながら泣く息子の真後ろで何もせずただ呆然と立つ夫。

私は両手に大荷物と、斜め掛けでママバッグを持っていたが、とっさに荷物をその場に放ち、エレベーターの戸を手で引っ張って息子の指を引き抜いた。

息子の指は少し赤くなってはいたが傷も無く、グーパーも出来たので骨にも異常は無くホッとした。

その瞬間だった。

『子供がケガするのは母親の責任やからな!』

夫が私の後ろから怒鳴った。

『あんたの方が息子に近かったやん!
 私は後ろで両手に荷物持ってたやんか!』

そう言い返すと夫はすかさず言った。

『子供がケガせんように気ぃつけるのが母親やろ!
 そしたらこれからは子供の近くは歩かん!
 責任が来たら困る!』

普段から息子と遊ぶ事も無いので、連れてどこかに行くと言う事もした事が無い夫。

そんな夫が、姑が退院間近なので、息子を連れて見舞いに行くと言う。

私が行かなくても一人で息子を連れて行くとも言い、5分だけだの直ぐ帰るだの言うが、夫一人に連れて行かせるなんて恐ろしくて出来ない。

仏心が出たと言うかなんと言うか、5分だけならと思い姑の見舞いに一緒に行く事になった。

病院に着いて姑の病室に向かう。

姑は4人部屋だ。

病室に着いて中を覗くと、なんと私に電話をしてきた義伯母達が舅と一緒に4~5人で姑のベッドを囲んでいた。

義伯母達は姑がもう直ぐ退院するからと、連絡を取り合ってこの日に一緒に来たらしかった。

義伯母が私の顔を見てこう言った。

『いや~かづさ~ん。
 ええとこで会(お)うたわ~。
 あんたにお願いがあんねん~』

もう悪い予感しかしなかった。

続く

【次の記事】退院後の姑を...我が家に⁉ 親戚一同の「面倒見てあげて~」包囲網から逃れられない!/かづ

【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

【まとめ読み】凄絶な嫁イビリに、夫との対立...。かづさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP