ズボラなのに神経質って...トホホ。「私のやり方がある」と家事の手伝いを拒む義母との「しんどい同居」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:奏
性別:女
年齢:48
プロフィール:夫、子ども2人、パート勤務。同居をしている義母のだらしないさにイライラが募っています。

49.jpg

結婚して20年、夫(50歳)、20歳と18歳の子どもがいます。

同居するまでは、夫の実家には1カ月に一回のペースで遊びに行っていました。

義実家はいつもきちんと掃除が行き届いていたので、私は義父(80歳)と義母(76歳)は几帳面で綺麗好きだと思い込んでいました。

だから8年前に義父母との同居が決まったとき、私は大雑把な性格で家事も手抜きがちだったので、内心上手くやっていけるか不安でした。

ところが、いざ同居してみると、几帳面で綺麗好きと思っていた義母は、本当はずぼらな性格だということがわかりました。

私たち家族と義父母とは生活のリズムが違うため、食事をする時間は別々なのですが、義父母が食事をした後は、食べ終わった食器や調理器具などがいつも置きっぱなしです。

いつまでも汚れた物があるのは嫌なので、最初の頃は私がうちの家族のものと一緒に洗い片付けていました。

しかし、それを見た義母に「私のペースで片付けるから置いておいて」と言われてからは、仕方なくそのままにしています。

キッチンに食べ残しの嫌な臭いが漂い、とても不快ですが、黙って洗うのも角が立つので我慢しています。

義母は洗濯も好きではないようで、山のような洗濯物がいつも洗面所に置きっぱなしです。

臭いも出てくるし、一緒に洗おうとすると「私のやり方があるから手をつけないで」と言われます。

一度、我慢ができずに一緒に洗うと、洗濯し直されました。

ズボラなくせに神経質なのです。

今思うと離れて暮らしていた頃は、私たちが遊びに行く前だけ、片付けたり掃除をしていたのだと思います。

さらに、ゴミも捨て忘れていることが多いらしく、義父母の部屋から異臭がしてきて困っています。

「ゴミは捨てないと虫が出るし、不衛生だから忘れないで捨ててよ」

夫が注意したこともありますが、義母がヒステリーを起こし、キッチンで出た生ゴミなども、これみよがしに自分たちの部屋に持って行くようになりました。

夫も辟易し、それからは何も言わなくなってしまいました。

家事全般が好きではない義母ですが、人一倍世間体を気にするため、「他人から見える場所」は、いつもでも綺麗にしています。

玄関周りの花壇の手入れや、玄関先の靴などは常に整頓し、掃除も完璧です。

身だしなみにも気をつけているので、他人が見たら絶対に「ズボラな性格」だとは思わないでしょう。

近所の人たちから「綺麗好きなお姑さんだから大変でしょう?」と言われる度に「いいえ、逆にズボラで大変です」と言いたくなる衝動に駆られる私。

何とか作り笑顔でしのいでいます。

関連の体験記:「水着が恥ずかしい」「今日も温泉入るの?」義母の意地悪で、温泉大好きな私の旅行が台無しです...
関連の体験記:義母が記念日のたびにくれるプレゼント。ありがたいけど、いつも絶妙に「不要」なもので...
関連の体験記:「こんなに守られていたんだ...」娘が18歳になり「児童扶養手当」の受給が終了。そのありがたさを痛感...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

意地悪な人だねこの筆者…

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP