普段から上から目線だけど...過去最高にカチンと来た!「ネットで俺が調べたことは絶対」と言い張る45歳夫

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くるくる
性別:女
年齢:43
プロフィール:公務員の夫と二人暮らしのパート勤務。

39.jpg

2歳年上の夫は公務員をしています。

結婚10年目になりますが、結婚当初から夫は何か気になった事があると、直ぐにネットで調べます。

時と場所は選びません。

別居をしている義両親との食事の席でも、うやむやな話が出てくると会話はそっちのけで調べ、解説を始めます。

義両親はそんな夫の性格は飲み込んでいる様で、うまく聞き流していますが、私はそこまでしなくてもいいのに...と思っています。

色々と調べてくれること自体は有難いのですが、この頃ではイラっとする事が増えてきました。

夫は自分のリサーチ力によほど自信があるのか、自分がネットで調べたことは全て正しいと主張します。

私がテレビのニュースや新聞から仕入れた話をすると信じられないと言うのに、自分がネットで調べた事は間違いないと言い張り、私の情報は頑として受け付けてくれません。

先日も猫のご飯の事で言い争いになりました。

同じ敷地内に住んでいる義妹が猫を飼い始めたので、妹が大好きな夫はどんなご飯を食べさせたら良いか調べたのです。

その結果、猫には市販のキャットフード以外はあげてはいけないと言い出しました。

そして読んだ記事をプリントアウトして義妹に持って行こうとするので、つい「市販品しかダメなんてことないでしょ?」と反論してしまいました。

すると夫は「ダメなんだよ。調べた人が書いてるんだから」と、およそ納得できない返事をします。

その「すごい妄信っぷり」にカチンときてしまった私。

言い合いになりました。

「じゃ、市販品以外のご飯あげたらどうなるの?」

「早く死ぬか病気になる」

「昔から猫は人間の残り物食べてたけど?」

「今の時代はダメなの」

今と昔の猫は違う生き物ですか?

「例えば、猫用の牛乳は?」

「ダメ。牛乳は人間の飲み物だから」

「普通の牛乳飲んで長生きしている猫って多いと思うけど」

「飲まないよりは長生きしない」

「どうして分かるのよ?」

「調べた人が書いてるんだよ!」

結局、行きつくところはそこですか。

これ以上は堂々巡りになるので終わりにしようと思いながらも最後に一言。

「ネットは絶対に信じられるの?」

「俺が調べた事は、そうだよ」

自信満々に答える夫に返す言葉が見つかりません。

年上なので夫は普段から「上から目線」で物を言うことはありますが、この時は過去最高でした。
どれだけ自分が凄いと思っているのかと呆れますが、同時に「その根拠はなんだよ!?」と思ってモヤモヤしています。

関連の体験記:46歳、これって更年期? 食事の支度中、テレビを観る「夫の笑い声」にブチッ!/更年期「漢方」相談室
関連の体験記:「恥ずかしながら涙ぐんだ60歳の私。2浪した上に大学院に進んだ一人息子が27歳で社会に出た意外な経緯
関連の体験記:「この子にもドレス着せて!」結婚式の準備で唖然とした義母と義妹のトンデモ行動

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

旦那さんは自分に自信が無いんですね。だから調べたことは絶対と思い込むことで誤魔化し、自分で考えてみるということができないんだと思います。年取るとますます頑なになるかもしれません。家族はたいへんだ…。
一つの事について真逆に近いようなデータが出ている場合もあるけれど、旦那さんは自分が調べて自分が目にしたデータだけが世の中で一番正しい、くらいの勢いですね。 仕事でもそういう感じなのでしょうか?ちょっとした痛い思いでもしないと変わらなそう。 大好きな妹さんがリサーチを無視して違う食べ物をあげたら怒るのかな?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP