ああ、孫に会いたい...コロナで長いこと会えていない孫に「手作りの布マスク」を郵送したら...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:たのん
性別:女
年齢:65
プロフィール:孫と遊ぶのが生きがいの元気なおばあちゃんです。現在、新型コロナの影響で自粛生活中です。

19.jpg

65歳の主婦です。

子育てが終わり、今は69歳の夫とのんびり過ごしています。

私の楽しみは、なんといっても9歳と5歳の孫の成長。

同じ市内に住んでいるので、何かと理由をつけて会いに行ったり、遊びにきてくれたり。

孫との時間が生きがいになっています。

でも...今は全く会えていません。

理由は、猛威を振るう新型コロナウイルス。

高齢者である私たちはリスクが高いので、孫に会うのも控えていました。

緊急事態宣言が終わっても、やはり以前と同じようにとはいきませんものね。

すぐ会いに行ける距離なのにとても辛いです。

孫たちも学校、幼稚園が休みで退屈をしているので、こんな時こそ一緒にいたいのに、もう3カ月も会えていません。

上の子の学校行事のときや、娘が体調が悪い時など、留守番を頼まれればすぐに駆けつけていました。

孫たちの元気に負けないように、毎日体を動かすことも心がけ、健康診断もしっかり受け、健康には十分気を付けていました。

自分の体は健康なのに、会えないのはとても苦しいですね......。

解除された今でも、感染者が出ているという事実がある以上、「リスクの高い高齢者との接触は控えるべき」と言われることは、理解はしているんです。

しかしその間に、私の年齢も進んでしまいます。

以前のように、一緒に遊んだり、お出かけできる日が来るのか、一気に老いが進んでしまいそうなくらい不安に襲われます。

気を紛らわそうと、孫たちに手作りの布マスクを作りました。

以前は、マスク1枚でも自分で届けに行っていたことでしょう。

今回は、郵送で送りました。

でも...なんだか気を紛らわすどころか、かえってむなしくなってしまいました。

いつまでも、塞ぎこんではいけないと思い直したその時に、うれしい出来事が!

孫から、テレビ電話がかかってきたのです。
なにより、私が作ったマスクをして電話をしてきてくれたのです。

ラインでのやりとりはしていましたが、元気な姿をみるのは久しぶり。

なんてかわいいのでしょう!

上の子に関しては、現在の状況をよく理解できているようで「おばあちゃん、お散歩くらいなら外に出てもいいんだよ」「外に出たらちゃんと手を洗ってね」と私達を気遣ってくれます。

その後も、お手伝いで作った料理の画像や、お絵かき、粘土などの画像、下の子の寝姿など頻繁に画像や、動画をライン送ってくれて「運動した?」「手を洗った?」と必ず私達を気遣う一文を入れてくれる孫達。

娘が「おじいちゃん、おばあちゃんにラインすれば?」と言ってくれてるのかもしれませんが、孫も窮屈な生活を送ってくれる中、優しい気持ちにジーンと胸が熱くなります。

また、元気に孫と会えるように、今は踏ん張り時ですね。

私のように、孫に会いたくても会えないおじいちゃん、おばあちゃんはいっぱいいると思います。

もう少しの我慢です。みんなで乗り切りましょう。

関連の体験記:「週に2、3日は必ず行け。可哀そうだ」施設に入る祖母への面会を母と私に指図する父。でも自分は...
関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...
関連の体験記:「孫を預かったなら、しつけもしてください!」息子の嫁の理不尽な言い分に抗議したら電話を切られ...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

はい、乗りきりましょう!素敵ですね。お孫さんにとっても大好きなおばあちゃんだと思います。孫に会いたいという欲より、みんなの健康を祈る意志が貫けるのは、本当に素晴らしいです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP